♪株でお小遣いを稼ごう♪

カブステではトップ。まぐまぐでも既に殿堂入り。儲けたい投資家さん、株に興味がある初心者の方、まず登録を。知識・経験・情報・分析力はお墨付き。情報も満載。メディアにも続々掲載中。

全て表示する >

♪株でお小遣いを稼ごう♪

2007/12/19





さっき書いたもの
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712180000/ 




http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712080000/ 
これは、息抜きに・・
もういっちょ、新しくかいた息抜き
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712160000/ 



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


リバウンド取るのなら、ひとりごと 1 をご覧ください
先物やピンポイントの個別株が、今絶好調ですよ。

本気で稼ぎたい、成果がきちんと出ている投資顧問で、
サブプライムの損を取り戻したいと思っている方、
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/
こちらよく読んでみてください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★










\●
   ■>        
  < \
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
┌──┐
│\/│♪短期で10%のお小遣いゲットへ向けた株式情報を提供します♪
└──┘
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
第1056号  

最近配信の遅延が起こっています。よかったら、二つ以上の配信スタンドに登録
されるといいかと思います。
 


● ひとりごと 1 ●
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

これが情報であり、分析力であり、ネットワークです。
ご堪能ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/
 
今年稼げていない方、今後こうした情報でしっかりと稼ぎたい方、
件名に クリスマスプレゼント費用を稼ぎたい と書いて
ponta_ponta3939@hotmail.com にメールをください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



● ひとりごと 2 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京マーケットは、大幅な米国株安を嫌気する格好で、朝方から売り
先行で始まった。日経平均は一時15000円の下値を試し、下げ幅は
250円を迫る場面も見られるなど、とうとう15000円われを覚悟しないと
いけないのかというところまで勢いよく下げた。しかし、前日までの4日間
で約800円の急落となったほか、1万5000円大台ヘの肉迫で割安感が
台頭したこともあり、下げが一巡すると下げ幅を縮小する展開となった

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712160001/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 3 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   日経平均  15207.86(-41.93)   東1部売買高   20.66   (億株)
   同先物    15170   (-70)       同売買代金    26,186  (億円)
   TOPIX     1469.77 (-2.93)     同時価総額    474     (兆円)
   東証2部   3292.32 (-14.2)    値上がり      805 
   日経JQ    1732.68 (-7.07)    値下がり      802

東証1部の騰落数は、値上がり805銘柄に対し、値下がりは802銘柄、
変わらずだったのは115銘柄と、値上がり銘柄数、値下がり銘柄数は
拮抗。東証1部の売買代金は2兆6185億円、売買高は20億6614万株
だった。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200711280000/    

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

● ひとりごと 4 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そろそろ、いい局面だね。
新興や、不動産ファンドなどは、すでに上がり始めているけど、
一部の人にお伝えしていたとおり。
ねっ、思ったとおり動いているでしょ。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712100001/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



http://www.rak1.jp/one/user/pontaponta/
いろいろ、いいのありますよ〜
ちょっとみてみてくださいませ。 



● ひとりごと 5 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京マーケットは、大幅な米国株安を嫌気する格好で、朝方から売り
先行で始まった。日経平均は一時15000円の下値を試し、下げ幅は
250円を迫る場面も見られるなど、とうとう15000円われを覚悟しないと
いけないのかというところまで勢いよく下げた。しかし、前日までの4日間
で約800円の急落となったほか、1万5000円大台ヘの肉迫で割安感が
台頭したこともあり、下げが一巡すると下げ幅を縮小する展開となった

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712130000/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 6 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

33業種中、13業種がプラスだった。相場の先行きに不透明感は残るものの、
先行して売られていたセクターに見直し買いが入っていた。値上がり率1位
となったのは鉄鋼。18日付日経済新朝刊で、船舶用厚鋼板の価格交渉が
前年比約10%の引き上げで決着した、などと報じられた新日鐵が買われた
ことが全体への影響度が高かった。また、住宅市場低迷による業績悪化
懸念から売り込まれていた電炉株にも買いが入った。海運株も高い。
銀行、小売、不動産、情報通信など内需関連も堅調。その半面、輸出関連の
下落が目立っていた。為替が円安にふれてきたものの、米国の景気悪化に
対する懸念が根強く、積極的な買いが入りづらく、自動車や精密、機械などが
安かった。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200710180000/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 7 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

改正建築基準法については「居住者の安心、安全を強化する意味では
大事」としつつ、「予想以上に大きな影響を広範に及ぼしており、当面
成長の足をひっぱる」との見通しが示された。07年については「前半は
輸出と設備投資に引っ張られてきたが、後半はそうした下振れ要因が
あり、成長率は当初見通しの2%強から1%―1.5%に下がるとの
見方が強くなっている」とした。”と一部報じられた。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712070001/  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 8 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

18日の新興市場は、日経ジャスダック平均が5日続落、マザーズ指数と
ヘラクレス指数は4日ぶりに反発と、全体が下向きで推移している中では
こじっかりの展開だった。3指数とも小安く寄り付いてはいたものの、ネット
関連銘柄に買い戻しが入ったことから、マザーズ指数が先駆して反転。
ヘラクレス指数も前場中頃にかけてプラスに転じた。売られ過ぎの反動や
指数影響度の大きいモバイルコンテンツセクターに対する規制の影響は
限定的との見方が広がったことが買い安心感につながった模様。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200709250000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



http://www.rak1.jp/one/user/pontaponta/ 
先物 マーケット情報量では群を抜く上記A一番上の真中 トレイダーズ証券  
この会社が情報量や使い安さで群を抜きます。まずは資料を請求してみて
ください。



● ひとりごと 9 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

材料にも乏しいことから、再び下げに転じ、引けにかけては小幅安圏での
安値もみ合いとなり、方向感の定まらない値動きが続いた。TOPIXも
小幅ながら5日続落。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200712100002/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 10 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経平均先物
売り                                      買い
カリヨン         23728枚           カリヨン            24257枚
UBS              10865枚          UBS                 11126枚
ソシエテ          7789枚            ソシエテ             8865枚
モルガンS         6034枚         モルガンS           6056枚
ゴールド          5290枚            松 井                4707枚

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200709230000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 11 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週末21日は6、12月決算銘柄の年内受渡し日最終日(他の決算期
銘柄は25日)に相当する。2003年から導入された新証券税制では、
年間の通算損益に課税する方式に統一された。このため、株式売買で
利益をあげていれば、合わせて損を抱えている銘柄を売却して損失を
確定し、課税対象額を小さくすることが可能となっている。個人投資家は
通常、利益は早々と確定し損失は含み損として抱えているケースが多いの
だが、今年は一昨年などと異なり、パフォーマンスは芳しくなく、利益の出て
いる銘柄が残っていれば、売りに出て行くフェーズとなりそうだ。無論損が
出ているものは、持ち越せばいいのだから。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200710310000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 12 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年儲けた人は、短期で1週間以内で回転し、1週間以上持たなかった
人だそうだと、どこかの分析に書いてあった。今年損した人は、逆に
下げた株を持続した人だそうだ。たしかに、今年下げトレンドの中で
ナンピンした人は、ちょっとしただましに見事やられ、利益を溶かした
人だろう。新興市場株は、2カ月かけて株価倍増した株も、下げる時
には1週間もかからず半値になり、元値になってしまう恐さがある。
要するに、下げたら持続はダメということだ。これは個人投資家に
限ったことではなく、ヘッジファンドもしっかりとヘッジをしたり、ロスカット
を明確にしていなかったファンドは軒並みやられている。従業員を
大幅にやめさせ、細々と運営されているかつての大型ファンドなどが
点在しているのだ。無論、パフォーマンスをあげることが目的であれば、
従業員にやめてもらうことは本末転倒で、リサーチのできないファンド
マネージャーは、アナリストや従業員をうまく使うことをまず考えないと
いけないんだけどね。まぁこういう先の読めない、運営や経営の
できないヘッジファンドだから、ロスカットやヘッジができなくてだめに
なっているんだろうけどね。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/200710090000/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 13 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

14日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、サブ
プライム住宅ローン問題が深刻化する前の段階で、リスクの高い住宅
ローン担保証券(RMBS)の下落を予測する「逆張り」投資を行った米
証券大手ゴールドマン・サックスの一部トレーダーらが、11月末までの
1年間で40億ドル(約4480億円)近い予想外の巨額の利益を上げたと
報じた。ゴールドマン自身もRMBS関連で15億〜20億ドルの損失を
被った。 しかし、同社が逆張り投資で稼ぎ出した利益は、こうした損失を
埋め合わせてなお余りあるもので、同社は来週発表する決算で過去
最高益を計上する見通しだ、と同紙は指摘している。」という。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 14 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「市場が破裂すると、その破片はクレディ・スイス・グループに降り注ぐ」と
いうのはウォール街の格言のようになっている。1998年のルーブル危機や
2000年のドットコムバブル崩壊で、クレディ・スイスと証券部門の旧ファースト・
ボストンは好況時に生み出した多額の利益のほとんどを失った。こうした
背景から、クレディ・スイスのウォルター・キールホルツ会長とゴールドマン・
サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が最近、
朝食を共にし、両社がサブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅
融資)問題を回避したことに言及したのは、クレディ・スイスにとって幸先の
良い瞬間だった。

両社のうちクレディ・スイスのほうが、サブプライムローン問題回避の成功
度がより高いといえる。同国のライバルであるUBSが大きな問題を抱えて
いるためだ。通常クレディ・スイスよりも冷静沈着なUBSは、経営トップ
2人を更迭して142億ドルの評価損を計上し、シンガポールと中東から
資本注入を受ける事態になっている。

クレディ・スイスは、信用市場の混乱の影響を受けていないわけではないが、
サブプライム問題の大部分は回避できた。さらに同社は先週、中国に合弁
で投資銀行を設立することで合意し、同業他社を驚かせた。JPモルガン・
チェースの欧州銀行・証券業界アナリスト、キアン・アボホセイン氏は、
「クレディ・スイスは伝統的に経営陣に恵まれない。現在のような市場環境
では通常、衝突が起きるものだが、今回は非常にうまくやっている」と語った。

同氏によると、高リスクのサブプライムローンと債務担保証券(CDO)への
クレディ・スイスのエクスポージャーは20億ドル未満と、UBSの390億
ドルに比べはるかに少ない。その理由の1つはブレイディ・ドゥーガン
CEOを中心とするクレディ・スイスの経営陣にあり、2006年末には住宅
ローン債権の保有件数と住宅ローン実行件数を減らし始めていた。
トムソン・ファイナンシャルのまとめによると、クレディ・スイスは06年、
世界のCDO引受会社として5位だったが、今年は13位に後退しており、
同社がCDO引き受け事業から距離を置いていることを示している。

ドゥーガン氏はマラソンを趣味とし、同社の単独のCEOに米国人として
初めて就任した。同氏は大見えを切っているわけではない。11日の
インタビューで同氏は「私にとっては、勇敢な行為だったとはいえない。
市場で何が起きるか極めて明白だったように思われるからだ」と語った。
同氏は終始控え目な姿勢で、これが同氏に好結果をもたらしている。
スイスの新聞各紙は、このところのUBSの評価損計上にかかわる発表を
受け、同社とマルセル・オスペル会長を風刺しているが、ドゥーガン氏は
年次株主総会でドイツ語でスピーチするなど、スイス各紙に好印象を
与えた。それでもクレディ・スイスには、レバレッジド・バイアウト向けの
資金調達や、商業用不動産ローン担保証券(CMBS)を中心に、幾らかの
暗雲が迫っている。

7−9月期末時点で同社のLBOファイナンスへのエクスポージャーは
約520億ドルと、ウォール街で最大級だった。LBOファイナンスの市場は
供給過剰な状態が続いており、金融各社は同事業の引き受けによって
多額の損失を出し続けている。保有しているシニア債のほとんどを額面
1ドル当たり95セントで売らなければならない場合も多い。だがこの分野
でも、クレディ・スイスは市場で規律ある行動を試み、米投資会社
サーベラス・キャピタル・マネジメントによるクライスラー買収資金の調達
から手を引いた。ジャンク債市場がまだ活況を呈していた今春、クレディ・
スイス社員は、200億ドルでのクライスラー身売りに向けたLBO資金調達の
一部引き受けることを提案した。だが業界幹部によると、ポール・カレロ
CEO率いるクレディ・スイス投資銀行部門は、融資担当チームがこの
案件のリスクをとることに反対する助言をしたため、提案を撤回した。

クレディ・スイスの株価を大幅に押し上げるために、ドゥーガン氏を中心と
する経営陣は、リスク管理が得意なだけではなく資産運用・プライベート
バンキング部門の収入を大幅に伸ばす能力も優れていることを投資家に
納得してもらう必要がある。それを実現させるためのドゥーガン氏のレシピ
は、かつて別々に運営していた、プライベートバンキング、投資銀行業務、
資産運用業務を一緒にして、ある分野の顧客を別の分野にも導くことだ。
さまざまな懸念を抱えるUBSの株価が、比較的底堅い動きをみせて
いることは少なからず皮肉なことだ。UBSの株価は年初に比べ23%安と
なっているが、ライバル社よりも株価収益率は高い。UBSはプライベート
バンキングと資産運用業務を広範に手掛けているため、同社の収入は
クレディ・スイスより安定しているとアナリストはみている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 15 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

為替をにらみ、短期の需給で動いている。市場参加者がクリスマス休暇と
いうこともあり、外交人を中心に減り、先物中心にマーケット全体が振られ
やすい状況。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● ひとりごと 16 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下値では公的年金とみられる買いが入っているとの観測もあって、心理的な
節目である15000円を割り込まなかったことから次第に買い戻しの流れが
見られ、後場には先物主導でリバウンド基調を強めていた。ただ19日晩の
ゴールドマン・サックスの決算や11月住宅着工を受けての米国市場の
動向が気になるところでもあり、引けは再びマイナスに転じて、15200円台で
終了した。ちなみにゴールドマンは好決算が想定されている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● 今週の予定 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
18(火)  
≪海外≫
米11月住宅着工
米11月建設許可
《決算発表》
ゴールドマン・サックス、ベストバイ、ダーデン・レストランツ他 
 
19(水)  
≪国内≫
10月全産業活動指数
日銀金融政策決定会合
08年中小企業景況見通し
日興コーディアルG臨時株主総会(シティによる完全子会社化で)
三洋信販上場廃止
トークの日
《新規上場》
太陽工機
《銘柄異動》
ランドコム(東2重複)
《決算発表》
イオンファンタジー、乃村工、アークランドサカモト、クミアイ化学他
《誕生日》
藤崎奈々子(タレント)、反町隆史(俳優)、ジャン・ジュネ(仏・小説家)、
吉田五十八(建築家・明治座を設計)、加藤顕清(彫刻家)、富岡鉄斎
(画家)、YUKI(trf・歌手)他  
≪海外≫
韓国大統領選
韓国市場休場
米MBA住宅ローン申請指数
12月独Ifo企業景況感指数
《決算発表》
アクセンチュア、ゼネラルミルズ、オラクル、ペイチェックス、
モルガン・スタンレー、ナイキ他 
 
20(木)  
≪国内≫
日銀福井総裁定例記者会見
来年度予算財務省原案内示
11月貿易収支
11月コンビニエンスストア売上高
少年を非行から守る日
《新規上場》
プレサンスコーポレーション
《株主総会》
ドワンゴ
《決算発表》
オークワ、オハラ、シーイーシー、ダイユーエイト、スリーエフ、
イオンディライト 他
《誕生日》
桜井幸子(女優)、荻原健児(ノルディックスキー)、中山竹通(マラソン)、
黒沢久雄(タレント)、ユージン・スミス(報道写真家)、北里柴三郎
(日本細菌学の父)、ビュイソン(仏・教育家・国際連盟を提唱)他
≪海外≫
米7-9月GDP確定値
米7-9月個人消費
北米11月半導体製造装置BBレシオ
米11月コンファレンスボード景気先行指数
米12月フィラデルフィア連銀製造業景気指数
ECB理事会
インドネシア、シンガポール、マレーシア休場
《決算発表》
ベアー・スターンズ、ジャビル・サーキット、シンタス、
マイクロンテクノロジー、フェデックス、コナグラ・フーズ他 
 
21(金)  
≪国内≫
12月末権利付最終売買日
2年国債入札
納めの大師
《新規上場》
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
《銘柄異動》
ベリサーブ(マザ→東1)
《株式分割》
クエスト、ソルクシーズ、シークス、SHOEI、マネパ
《株主総会》
夢真HD
《決算発表》
あさひ、MV東海、しまむら、ニトリ、HIS、セキド他
《誕生日》
吉川ひなの、本木雅弘、恵俊彰(ホンジャマカ・タレント)、日野美歌
(歌手)、関口和之(サザン・ミュージシャン)、片岡鶴太郎(タレント) 、
牧村三枝子(歌手) 、神田正輝(俳優) 、汀夏子(女優) 、夏樹静子
(作家)、ジェーン・フォンダ(女優) 、池田弥三郎(国文学者)、松本
清張(小説家)、スターリン(旧ソ連共産党指導者) 、マサッチオ(伊・
画家) 他  
≪海外≫
米11月個人所得
米11月個人支出
米11月PCEコアデフレータ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



● 書き込みページの結果のお話 ●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

朝の注目銘柄は絶好調ですね。
その中の一部コメント後5%以上(前日比ではありません)上昇したものだけご紹介
全ては http://plaza.rakuten.co.jp/kimagureponta/diary/
 に書いてあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



ご伝言
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
広告をこのメルマガに載せたい方いらっしゃったら、一番下に記載させて
頂いたメールまでご一報ください。ちなみに現在、メルマガ読者は17500人程度
です。個別銘柄の相談などは基本的に受けませんが、ご意見 ご要望 とって
おきの秘密情報などがある方は同様に ponta_ponta@hotmail.com へご一報
ください。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



最近配信の遅延が起こっています。よかったら、二つ以上の配信スタンドに登録
されるといいかと思います。

登録する場合及び解除する場合は

株ステの場合  http://www.kabusta.com/c/i.cgi?mid=000036
メルマガ天国の場合    http://melten.com/m/18049.html
まぐまぐの場合  http://www.mag2.com/m/0000131831.htm
メルマの場合   http://www.melma.com 

へ移動して、手続きをしてください。
解除される方、今までお付き合い頂いてありがとうございました。


お問い合わせ
ponta_ponta@hotmail.com  へお願いします。なお、一般的な問い合わせは
有料アドレスからのものを優先いたしますのでご了承ください。無料メールアドレス
からの問い合わせには一部お答えしませんのであしからず。

誤字脱字もあるかと思いますが、ご容赦くださいね。

~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*
この株式に関するコメントは、ファイナンシャルプランナーでもある私ぽんたが
発行するメールマガジンです。本メールマガジンは、投資の勧誘を目的として
作成したものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としております。
従いまして、投資に関しての最終的な判断は皆様ご自身の判断でなさる
ようお願いいたします。また、このメールマガジンが提供する情報の正確性に
ついては、万全を期しておりますが、何らかの理由により誤りが含まれる
可能性があります。当メールマガジンの情報に起因して被られたいかなる
損害に関しても、一切の責任を負いませんのでご了承ください。また、メール
マガジンが提供するすべての情報について当方の許可なく掲載内容の一切の
無断複写・転載を禁止します。
~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*~~~~*

最後までお付き合い頂きありがとうございました。








規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-04-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 93 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。