ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載-148

2019/12/03


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ハンドバッグの切り口と仮説

 1.アイテムのバランス
 2.ブランドのバランス
 3.プライスのバランス

○ハンドバッグの大・中・小分類

○MDプランのサンプルを載せた電子書籍のご案内 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ ハンドバッグの切り口と仮説
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これまで切り口や仮説について述べてきました。

これから具体例を紹介していきます。


今回はハンドバッグです。

MDプランの主な切り口に、アイテム、ブランド、プライス

がありますが、ハンドバッグもこれらのバランスを決めます。

このバランスがMDの仮説となります。


----------------------------------------------------
◆1.アイテムのバランス
----------------------------------------------------

アイテムは「ショルダーバッグ」「手提げバッグ」

「2WAY バッグ」「トートバッグ」「リュックサック」

「クラッチ」「セミショルダーバッグ」などがあります。

これらのバランスを決めます。


具体的には、アイテムごとの仕入れるシリーズ数、型数、

金額、数量を決めます。


----------------------------------------------------
◆2.ブランドのバランス
----------------------------------------------------

売り場を構成するブランドを決めます。

例えば、Aブランド、Bブランド、Cブランドなどと決め、

これらのバランスを決めます。


具体的には、ブランドごとの仕入れるシリーズ数、

アイテム別型数、金額、数量を決めます。


----------------------------------------------------
◆3.プライスのバランス
----------------------------------------------------

プライスゾーンとプライス別型数を決めます。

ベターとモデレートの客層がターゲットなら

例えばベター40%、モデレート60%など

グレードのバランスを決めます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ ハンドバッグの大・中・小分類
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まず大分類を決めます。ハンドバッグを分類する上で

重要な切り口(分類基準)は「グレード」「エイジ」

「ブランド」「素材」「アイテム」です。


これらの切り口に優先順位をつけて大・中・小分類を

決めます。


例えば、A案、B案、C案の3案を候補にして検討します。

A案:グレード⇒エイジ⇒ブランド

B案:エイジ⇒グレード⇒ブランド

C案:ブランド⇒素材⇒アイテム


A案はベターでいくら売るか、モデレートではいくらか、

或いはいくら売れたかを重視します。

B案はヤングでいくら売るか、アダルトではいくらか、

或いはいくら売れたかを重視します。

C案はPブランドでいくら売るか、Qブランドではいくらか、

或いはいくら売れたかを重視します。


ここでの分類は、商品動向の分析とMDプランの作成に使い、

品揃えを様々な切り口で需要に近づけるための、

データとも連動する分類です。

商品分類と言います。


お客様の関心と見た目の美しさを考慮し、

分かりやすく選びやすくい売場を作るための分類、

つまりお客様の快適を実現するための分類が展開分類です。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■◇■MDプランのサンプルを載せた電子書籍のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『婦人靴のマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2JHE1gl

『ハンドバッグのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2MADn2N

『スカーフのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2ze2Hc3

『ブランドのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2v7odKh

『婦人服のマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2S0lqwO

『ジーンズのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2NrsuUj

『紳士スーツのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2ERfh45

『メンズトップスのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2SrqMlv

『ワイシャツのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2OVK1pa

『キッチンのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2FQl1LV

『洋食器のマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2BJ2BIR

『タオルのマーチャンダイジング』
 ⇒ https://amzn.to/2BL2ZGR


上記の書すべてに「MDプランのサンプル」が載っています。


上記12冊を代表して「ハンドバッグ」の目次を紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇『ハンドバッグのマーチャンダイジング』 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CHAPTER1 ハンドバッグのMD

1.ターゲットの設定
2.商品構成とプライスゾーン
3.商品分類の大・中・小分類の決定
4.アイテム別型数
5.アイテム別関心度別型数
6.アイテム別プライス別型数
7.ターゲットと品揃えの整合性


CHAPTER2 収集データ実例  

1.売上データ収集の実例
2.お客様要望カード
3.その他の収集データ
 1)天候のデータ
 2)気温と天気で売上を予想する実例
 3)仮説と検証の繰り返しが業績を向上させる


CHAPTER3 型数算出のイロハ

1.売上予算から算出
 1)取引条件を考慮しない例
 2)委託条件で消化率を考慮した3つの例
 3)買取条件でイニシャルオーダーを抑えた例
2.什器台数から算出
 1)パンスト売場の例
 2)和食器売場の例


CHAPTER4 バイヤーに不可欠な豊かな感性と科学的な思考とは

1.バイヤーには豊かな感性が必要
2.バイヤーには科学的な思考も不可欠
 1)商品分類の決定は「科学」
 2)データに基づいた需要の予測



⇒ https://amzn.to/2MADn2N


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの解除はこちらからお願い致します。

「まぐまぐ」は

⇒ http://www.mag2.com/m/0000264685.html

「melma!」は

⇒ http://www.melma.com/backnumber_2757/

⇒ http://www.melma.com/backnumber_153115/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。