ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載140

2019/04/04

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○小さな店舗を持つために必要な知識 その3

○売り上げが伸びるお店の作り方 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ 小さな店舗を持つために必要な知識 その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号はいわゆるマーチャンダイジングについて述べました。

商品の中身が決まったら、次はそれを売場のどこで

どんな機能の什器を使って、どのように分類して、

どのように並べていくか、そしてよりアピールしたい商品を

どのようにして伝えていくかが課題となります。


これらをヴィジュアル・マーチャンダイジング、略して

VMDと言います。


訳すと「商品計画の視覚化」です。


あるいは、マーチャンダイズ・プレゼンテーション、略して

MDPとも言います。

訳すと「商品の演出」です。


尚、これら専門用語の定義は企業により様々です。

ある企業は売場作りのプランの作成をVMD、

実施段階の業務をMDPと呼んでいます。


VMDの実務として7項目挙げます。


--------------------------------------------------------------------
◆1.売場のレイアウトを決める
-------------------------------------------------------------------- 

MD上の分類(商品分類)を決めたら、VMD上の分類(展開分類)の

大・中・小分類を決めます。


そして、大分類を売場のどこに配置するかを決めます。

壁面には大分類の何を、前面には何を、内部には何を配置するかです。


--------------------------------------------------------------------
◆2.壁面の機能を決める
--------------------------------------------------------------------

壁面に配置する商品を決めたら、次は機能を決めます。

美しく見せるために、通称ガチャと言われる棚やパイプを設置します。
  
その際高さは統一します。


壁面は少し離れた所のお客様の印象を左右する大事な場所です。

IPとPPを明確に分ける、上部にはPPを設置する、

PPはトライアングル、タイトなどの原則に従うなど

VMDを理解して壁面を作ります。


--------------------------------------------------------------------
◆3.レジカウンターの位置を決める
--------------------------------------------------------------------

レジカウンターの位置を決めます。

入り口から入って正面は商品で受けます。

お客様が入店してから早い段階で目に入る所は、商品で押えます。

カウンターの位置は自ずと決まってきます。


--------------------------------------------------------------------
◆4.什器レイアウトプランを作成する
--------------------------------------------------------------------

壁面に商品を陳列するための棚やパイプを設置し、そこから1.2メーターの

通路を確保します。そうすると置ける什器の大きさは決まります。


テーブルにするか、ラックにするか、オープン什器にするかは、

商品の展開の方法で決まります。


何台設置できるかは売場面積と什器1台当りの必要面積で決まってきます。

例えば幅○センチ、奥行○センチのテーブルは1台当り3平米などと

基準を決めます。

そうすると33平米の売場には11台設置できることになります。


--------------------------------------------------------------------
◆5.平面図を引く
--------------------------------------------------------------------

平面図を引きます。売場を上から見た時の図面です。

壁に沿って棚やパイプの長さを引いて、内部は予定の什器のサイズ

(幅・奥行・高さ)を考慮して入れます。


--------------------------------------------------------------------
◆6.立面図を引く
--------------------------------------------------------------------

通称エレベーションと言ってますが、正面から見た図面を4面分書きます。

棚やパイプの位置(高さ)を商品の大きさや商品を見る時の目線を

考慮しながら決めます。

その時、棚などの高さは統一します。
  
構成はシンメトリー(左右対称)やリピート(繰り返し)などの原則

に従います。


--------------------------------------------------------------------
◆7.ディスプレーを設ける
--------------------------------------------------------------------

ディスプレーの場所を決め、ディスプレーを原則にそって作ります。

感性が重要と思われるディスプレーにも、誰でも守るべき原則があります。

それをきちんと身につけ、多くの人に見てもらい、魅力を感じてもらえる

ディスプレーを作ります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■◇■売り上げが伸びるお店の作り方 「伝える」ことが繁盛店を作る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『伝え方が9割』というベストセラー本があります。

2013年に出版され、2015年に第2弾、2017年1月に漫画化され、

シリーズ112万部という大ベストセラーです。


著者の佐々木圭一さんは現在コピーライターとして、

また作詞家としても活躍されている方ですが、

大手広告代理店に入社後コピーライターの部署に配属されたもの

の、書いても書いても全てボツ、そういう状態が続きます。


そんなあるとき、伝え方には技術や共通のルールがあり、

そして伝え方で人生が変わることを発見します。

それを綴ったのが『伝え方が9割』です。


「伝え方」に関心のある人が多い証と思いますが、

小売業も同じで、伝え方には技術やルールがあります。

それはとても重要なことで、伝え方次第で業績が変わる

といっても過言ではありません。


では、そのためにどうしたら良いのでしょう。

その問いの答えが本書にあります。


売り上げを上げるために欠かせない

”伝え方””テーマの設定の仕方”

について分かりやすく解説しました。


そして具体的にイメージしやすいように写真を92点、イラストを28点、

理解を深めるためのビフォーアフターの事例も23点載せました。

「VMDのレベルチェック10の設問」の解答も確認できます。

本書は売れる店作りの習得に最適な1冊です。



⇒ https://amzn.to/2LMJTmB


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの解除はこちらからお願い致します。

「まぐまぐ」は

⇒ http://www.mag2.com/m/0000264685.html

「melma!」は

⇒ http://www.melma.com/backnumber_2757/

⇒ http://www.melma.com/backnumber_153115/





規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。