ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載132

2019/01/14


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○お店を成功させるための知識とは

○お知らせ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇◆ お店を成功させるための知識とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

店舗をオープンして成功させるために必要な知識があります。

専門用語で言うと、マーチャンダイジング(MD)、

ヴィジュアルマーチャンダイジング(VMD)です。


5点挙げます。

1.売るものを決める

2.プライスゾーンを決める

3.店舗の場所を決める

4.壁面の使い方を決める

5.棚割プランの作成

--------------------------------------------------------------------
◆売るものを決める
--------------------------------------------------------------------   
   
何を売るかは誰でも決めると思います。

商品構成を決めます。言い換えるとアイテムバランスの決定です。

正しい手順は大、中、小分類を決め、そのバランスを決め、

アイテムのバランスを決めます。


--------------------------------------------------------------------
◆プライスゾーンを決める
--------------------------------------------------------------------   

アイテム毎のプライスゾーンと中心プライスを決めます。
   
商品一つ一つの上限、下限のプライスを決めます。

そして、一番売る中心プライスをいくらにして、どの程度のシェアにするか、

も決めます。

意外に高い商品と安い商品が多くて、肝心の中心プライスの商品が手薄な

お店がありますが、これらを明確にしていないからです。


--------------------------------------------------------------------
◆店舗の場所を決める
--------------------------------------------------------------------   
   
商売に向く店舗を見つけるのは非常に難しいです。

同じ場所でも「どんな商品を販売するのか」、「競合店の有無」、

「駅からの人の流れ」、「商店街や学校などの人の集まる所」など

様々な条件によって商圏規模は大きく異なります。


小さな店舗の場合には徒歩5〜10分、400〜800m程度の範囲が商圏です。

駐車場を完備したローサイド店は、自動車で5〜10分、5〜10km程度の

エリアが商圏となります。

つまり、取り扱う商品や業態によってターゲットとなる商圏は異なります。


--------------------------------------------------------------------
◆壁面の使い方
--------------------------------------------------------------------   
   
壁面には什器を設置するより、いわゆるガチャ柱(スリットなどとも

言われる)を使い、棚やパイプを設置する方が美しく仕上がります。


その際重要なことは高さを統一することです。

そして、最上段にはPPを設けIPとPPを明確に分けるなど

法則に沿った売場を作り、お客様の印象を良くして引きつけます。


壁面上部には、PP或いは絵、写真パネルのようなものやサインなどを設置

して、決して壁だけを見せるという状態を作らないことが大事です。

PPや絵にはスポットライトを当てます。
 

--------------------------------------------------------------------
◆棚割プランの作成
-------------------------------------------------------------------- 
   
品揃え予定の商品を一度図面に当て込んでみます。

平面図にはグルーピングを当て込み、壁面に展開予定の商品は

エレベーションと言われる立面図に当て込みます。

このことを棚割りプランと言います。


その際、商品のサイズを1個ずつ把握する必要があります。

当て込んでみてグルーピングがきちんと納まるかを確認します。

これを実行すると、商品ごとにまとまりのある、

美しく分かりやすい売場ができます。
   


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■◇■お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小売店を開業するときに、まずやることはターゲットを決めて

その人たちが欲しがる商品を決めます。

このことをマーチャンダイジング、略してMDと言います。

その基礎を電子書籍で500円で学べます。

『MDプランの基準を変えて業績を伸ばす』(税込500円)

⇒ https://amzn.to/2wyW9kx

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■電子書籍『MDプランの基準を変えて業績を伸ばす』の概要
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

小売店がまずやらなければならないことは

自店が狙うお客様を決めることです。

具体的には、所得は○万円くらい、年齢は○歳くらい、

趣味や嗜好は○○などと決め、

その人たちに支持される商品を揃えます。


このようにターゲットを決めて、

その人たちに支持される品揃えを実現する活動を

マーチャンダイジング(Merchandising)と言います。


本書ではターゲットの決め方、そしてターゲットのニーズにどう

こたえていくのかを具体的に解説しました。


現在の品揃えをどのように改善していくのかについても

数値を使って説明しています。


仕入れを担当するバイヤーが本来作成しなければならない

MDプランのサンプルも紹介します。


MDの見直しは業績にすぐ反映される、いわば特効薬です。

本書を読んでまずは現在の品揃えの改善に着手しましょう。



アマゾンで購入できます。

『MDプランの基準を変えて業績を伸ばす』(税込500円)

⇒ https://amzn.to/2wyW9kx


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの解除はこちらからお願い致します。

「まぐまぐ」は

⇒ http://www.mag2.com/m/0000264685.html

「melma!」は

⇒ http://www.melma.com/backnumber_2757/

⇒ http://www.melma.com/backnumber_153115/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。