ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載131

2019/01/07

■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○家電量販店の余計なPOP

○ケーズデンキは がんばらない 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■家電量販店の余計なPOP
--------------------------------------------------------------------

お正月の2日、初売りに行ってきました。

そのとき、アイロンが壊れそうなので、都心の家電量販店にも

足を運びました。

アイロンのあるフロアはだいたい想像がつきます。

問題はフロアに着いてからです。

エレベーターを出てから、どちらの方に進んだら良いのか

まるで見当がつきません。

メルマガで何度も言ってるように、POPが視界をさえぎり

邪魔しているのです。

売場名、商品名を記したPOPがさっぱり目に入ってきません。

まるで迷路を進むように、歩きながらイライラしながら

探します。


数年前になりますが、日経MJに載っていた記事を思い出しました。

メルマガでも一度紹介しましたが、また掲載します。


家電量販店の視界をさえぎるPOPは本当に止めて欲しいです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ケーズデンキは がんばらない
--------------------------------------------------------------------

日経MJの一面トップにこうありました。

「ケーズデンキは がんばらない」


何をがんばらないのかと思い、記事を読むと

1)がんばらなくても利益が出る様に、賃料の高い立地には出店しない。

2)従業員ががんばらなくても良いように負担を軽くする。

などです。


この記事を読んでこう感じました。

ケーズデンキの競合店のあの店は

「POPをがんばらないで欲しい!」。


都心のある家電量販店によく足を運びます。

リピーターの一人です。

頻繁に行くにも関わらず、フロアに着いてから、目当ての商品の所に

行き着くのに時間がかかることもしょっちゅうです。

まず該当フロアでエスカレーターを降りて、サイン(分類表示)を探します。

サインはあるのだけれど、他のPOPが邪魔をして、

サインが目に入ってきません。

勘を頼りに少し歩いてキョロキョロとサインを探します。


私の場合、天井から下がっているPOPで見たいのはサイン(分類表示)

だけです。あとは全部不要です。


余計なPOPがなければ、遠くからでも目に入り、歩く方向が定まります。

目に入らないから、勘で方向を決めて歩かなければなりません。

見たいサインがあるにも関わらず、余計なPOPがジャマをして

見ることができないのです。疲れている時はイライラします。


このジャマ物扱いされているPOPも、作成には結構な労力と時間を

費やしているはずです。設置する場所が高いと設置にも苦労します。

この「POPの作成と設置のがんばり」を止めると、経費の削減にもなり、

私のような客には喜ばれます。


当事者の方にとっては、とてもきつい一言になると思いますが、

家電量販店のPOPは大半が見られていないと言って良いでしょう。

見てもらえないのなら、無いのと同じです。

無いのと同じなら無い方が良いとなります。


客をイライラさせて、社員に無駄な時間と労力を費やすPOPは

止めるべきです。


ケーズデンキを見習って

「POPをがんばるのを止めて欲しい!」

この記事を読み、そう強く感じた次第です。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■◇■お知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お客様をイライラさせる無駄なPOPは止めて、お客様に喜ばれるPOPを

作って売上を伸ばしませんか。

その作り方を実例で学べる書籍を紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■電子書籍『POPは 見た目よりことば』(税込500円)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

小売店にとって、お客様が関心のありそうな情報を伝えることは

とても重要です。売上を大きく左右します。

ですから、そのためにディスプレーを作って商品を飾って見せたり、

POPを設置して告知します。


しかし、ディスプレーやPOPを作ったとしても、

伝えることは容易ではありません。

それから伝わったとしても興味を引かれない内容なら

売上には結びつきません。


伝えたいことがきちんと伝わり、伝わった内容が魅力的なPOPは

売上に貢献します。


本書はそのようなPOPの作り方を解説しました。

読んでもらうための原則、プライスカードなどのルールの決め方や

ルールの一例、売上を伸ばすPOP作成の手順を学べます。


アマゾンで購入できます。

⇒ https://amzn.to/2riq7WJ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガの解除はこちらからお願い致します。

「まぐまぐ」は

⇒ http://www.mag2.com/m/0000264685.html

「melma!」は

⇒ http://www.melma.com/backnumber_2757/

⇒ http://www.melma.com/backnumber_153115/






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。