ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載-67

2014/01/07

■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○統一感を出す ・・・ 「続・ショップルクリア成長物語」

○新刊「ディスプレー入門」

○MDテキストとMD講習のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■統一感を出す ・・・ 「続・ショップルクリア成長物語」
--------------------------------------------------------------------

今回は繊研新聞に連載中の「続・ショップルクリア成長物語」第三話を

紹介します。



今日の早番は美穂だ。遅番の麻紀が出勤してきた。

「おはようございます。大谷マネージャーが麻紀さんに話がある

みたいですよ」

「げっ。なんだろう?」



麻紀は、「またダメ出し?」と思いながら事務所へ向かった。

大谷マネージャーは、VPのカラーについての相談があると切り出した。




「ルクリアは中央のエスカレーターから見える位置にあるだろう。

エスカレーターからルクリアをはさんで3つのブランドが視界に入るんだ。

この3ブランドだけでもカラーを統一したいと思ってね」




今、フロアのメインカラーはネイビーだ。

そこで本来ならば百貨店の方針に沿ってネイビーを出すが、

出せないところは各ブランドの方針に従って良いことになっている。

ルクリアはネイビーの商品がないのでグレーを出し、隣のショップは

ネイビー、もう一方は黒を出していた。




南城百貨店の打ち出すカラーは2週間ごとに変わり、半年前に決まっている。

いざ、その計画に合わせてディスプレーを変えようと思っても、商品が

ないことがある。

ない時にはショップ内の統一性を優先して、統一できるカラーに変更して

良いという決まりだ。




大谷マネージャーは続けた。

「ルクリアだけを見るとグレーが表面に出ている所が多いから、統一感が

あってきれいな売り場になっている。隣もきれいに出来ている。

でも、通路から通路まで3つのショップのカラーを統一できると、

エスカレーターの方からも誘引できると思う」

「確かにその方がきれいかもしれないですね」



その後、他店の店長とも話し合った結果、今回はメインカラーを統一

するのは難しいということになったのだが、隣のショップの店長から

提案があった。



「3店ともストールを扱っていますよね?VPにストールをかける

ことにして、その色を統一してみてはどうですか?」

「それもいいかもしれませんね。やってみましょうか!」

こうしてそれぞれ、前面のトルソーに赤系のストールを使うことになった。



「大谷マネージャー、チェックをお願いします。

なんだかフロア全体が洗練された感じがします」

「よし、それは楽しみだ」

エスカレーターの前から見てみると、ストールの色を統一するだけで

結構きれいだ。大谷マネージャーも満足そうだった。

「なるほど。これは良いアイディアだな。他のフロアでも真似させてもらうよ」



VPなど視認性の高い商品の色を統一すると、入店客が増える。

理由はきれいな印象を与えるため。

そして色を統一することで、商品を構成する要素である

「素材感」や「デザイン」など、色以外の情報も伝わるのだ。

色以外の情報が伝わると、それに関心を持った人は立ち寄る。

統一感を出すのが難しい時は、ストールなどの小物の色を統一する

ことできれいにできるのである。





新刊「ディスプレー入門」が好評発売中です。

本書で学び実践すると、ディスプレーやPOPの前で立ち止まり、

商品を手に取るお客様が増え、品揃えが伝わること、そして結果として

売り上げが伸びることを実感していただけると思います。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新刊「ディスプレー入門」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

松井柚子の新刊「ディスプレー入門」は以下からお買い求めいただけます。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4881242954?ie=UTF8&camp=247&creativeASIN=4881242954&linkCode=xm2&tag=showandtell-22 

繊研新聞社
http://www.senken.co.jp/books/

紀伊國屋書店ウエブストア
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881242957

楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/

セブンネット
http://www.7netshopping.jp/books/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

MDテキストとMD講習のお知らせ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■◇■MDテキストの販売
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マーチャンダイジングの実践的なテキストが完成しました。

実践的な内容なのですぐに結果が出ます。


・売り上げを上げるためにどのような仕入れのプランを作ったら良いのか
 わからない。

・MDをどう改善したら良いかわからない。

このような悩みをただちに解決できます。


詳細は以下でご覧ください。

http://www.storeclinic.jp/mdtext.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■◇■ストアクリニックマスターMD3級コース
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ストアクリニックマスターMD3級コースでは

マーチャンダイジング(MD)の本質を学び、基礎的知識を身につけます。

MDの根幹である分類の決め方を学び、例題を演習で解いてみて、

実店舗の大・中・小分類を決定します。


品揃えを科学的に進化させたい方、マーチャンダイジングの本質を学びたい

方におすすめ致します。

詳細は以下でご覧ください。


http://www.storeclinic.jp/mastercoursemd.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

編集:Alice
発行責任者:武永 昭光

http://www.storeclinic.co.jp/


このメルマガの登録と解除は以下でお願いします。

まぐまぐの方は以下でお願いします。

http://www.mag2.com/m/0000264685.html

melma!の方はこちらからお願いします。

http://www.melma.com/backnumber_2757/

http://www.melma.com/backnumber_153115/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。