ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載-53

2013/08/04

■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○MDの独自ノウハウ

○無料プレゼント「VMD12ヶ月の対策」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はじめに
--------------------------------------------------------------------

ショーアンドテルが主張する独自のノウハウを紹介していきます。

実務を通して新たに得たノウハウや整理できたノウハウです。

VMD、POP、MD、小売の科学、に関するノウハウを順に紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■MDの独自ノウハウ
--------------------------------------------------------------------

MDのノウハウで品揃えの改善を行い、売り上げを上げることは十分可能

です。そのための独自ノウハウをお知らせします。


●分類には3つの商品分類と展開分類がある

セーター売場を例に取って、3つの商品分類と展開分類の定義について述べる。
 
商品分類1:商品そのものを素材、デザインなどで分類する。商品の構成を知り、

商品知識を深める。これを「セーターの商品分類」と言うことにする。

商品分類2:売場にあるセーター、カーディガンなどをアイテム、素材、デザイン

などで分類する。データと連動し、商品の売れ行きを把握するための分類。

これを「セーター売場の商品分類」とする。

商品分類3:商品動向の分析とMDプランの作成に使い、品揃えを様々な切り口で

需要に近づけるための、データとも連動する分類。

これを「セーター売場のMD商品分類」とする。

そしてお客様の購入時の関心と見た目の美しさを考慮して、分かりやすく

選びやすくて快適な売場を作るための分類が展開分類である。


●型数を決めると品揃えのイメージが湧く

何故型数を決めるのか。

仮に型数のプランがなければ、無地が金額で240万円、数量で480枚、

柄が金額で80万円、数量で160枚などとなる。

このように金額、数量で振り分けるのと、無地30型、柄10型と振り分ける

のとを比較すると、型数でとらえる方が容易にバリエーションのイメージ

が湧く。

あるセーターがある。

色は3色、サイズは4サイズを各1枚ずつ揃えると12枚になる。

さて、この12枚全部を1型というのでしょうか。

それとも12枚ですから12型というのでしょうか。

あるいは3色ですから3型でしょうか。4サイズですから4型でしょうか。


では同じ赤ワインが2本ある。

1つはフルボトル、もう1つはハーフボトルである。

この2本は1型か、それとも2型か。


独自ノウハウの数々は以下でご覧になれます。

http://www.storeclinic.jp/orijinalknowhow.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料プレゼント「VMD12ヶ月の対策」のご案内
--------------------------------------------------------------------

「VMD12ヶ月の対策-月ごとに着目すべきVMD」のご案内です。

1年間の月ごとの対策の一例を紹介する冊子をプレゼントいたします。

これからの1年間を漫然と過ごすことなく、毎月着目すべきテーマを

決めて、それをどのように売場作りに活かしていくかを具体的に提言

したものです。

タイトルは「VMD12か月の対策」としましたが、筆者が最も伝えたい

ことをテーマにしたので、接客やMDに着目した月もあります。

このレポートが少しでも役立ち、売り上げにも貢献できれば幸いです。

目次は以下の通りです。


9月 お客様が買いたい価格、買える価格を知る 
10月 お客を引き込む店作り 
11月 接客スキルを磨き、売り上げを上げる 
12月 忙しい時こそお客様の不快をなくす 
1月 セール期間中の店頭での展開と面積比率 
2月 テーマの絞り方で売り上げが変わる 
3月 衣料と雑貨のバランスのベストを見出す 
4月 気温の違いで変わる長袖・半袖の売り上げ 
5月 POPの表記のベスト 
6月 品揃えを伝えるためにテーマを決めて絞る 
7月 セール時のテーマ 
8月 目に入る色を統一すると入店客が増える 


「2月 テーマの絞り方で売り上げが変わる」の一部抜粋





テーマを絞るとはどのようなことでしょう。

テーマを決めてから、それを伝えるためには

どのような売場を作ったら良いのでしょう。

今回はこの2点について述べます。


テーマ設定の切り口は、ファッショントレンド、歳時記・行事、

アイテム、ブランド、素材、デザイン、機能、カラー、

コーディネート等です。

テーマはこれらと品揃え(主力商品、強調商品、トレンド商品)の

両面から決めます。

テーマは大きすぎても細かすぎても良くありません。


例えば、テーマを「通勤着」と決めました。

しかし、これだけでは大きすぎます。

通勤着にふさわしい商品はたくさんあります。

その中から、アイテムを「ジャケット」、素材を「伸縮性ある素材」

に絞ります。


ここまで明確に絞ると、この時点でのテーマは

「通勤着としてお薦めの伸縮性ある素材のジャケット」です。





売場の前を通るお客様には、売場全体で「婦人服いかがですか?」と

いう情報発信をしています。

ディスプレーも絞りこまれていないと、

売場全体で発信している「婦人服いかがですか?」という情報に

なります。

今回は素材まで絞り込んだので、

「伸縮性ある素材の通勤用ジャケットはいかがですか?」

という情報発信になります。





プレゼントご希望の方はこちらからお申し込みください。

http://www.storeclinic.jp/present.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

編集:Alice
発行責任者:武永 昭光

http://www.storeclinic.co.jp/


このメルマガの登録と解除は以下でお願いします。

まぐまぐの方は以下でお願いします。

http://www.mag2.com/m/0000264685.html

melma!の方はこちらからお願いします。

http://www.melma.com/backnumber_2757/

http://www.melma.com/backnumber_153115/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。