ビジネス一般

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載

お店の成功に店づくりの科学は欠かせない。科学とは誰もが実行すること、個人の感性の入る余地などないこと。科学と感性を分けて整理するノウハウ、入店客と買上率のアップなどMDやVMDのノウハウを1から学ぶことは店舗を開業する人にも役立つ。

全て表示する >

1から学ぶ店づくり〜MDとVMDのノウハウ満載-39

2011/11/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○シーズン商品の正しい改装・・・その1

○SHOW&TELLからCS向上のご提案

○繊研新聞連載「ショップルクリア成長物語」のご案内

○編集後記   映画「ペールライダー」を見て  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■シーズン商品の正しい改装・・・その1
--------------------------------------------------------------------

1.構成商品の変更に対応できる什器を用意する

シーズン商品を扱う売場を改装する際の重要なことに、

シーズンが変わってもグルーピングがきちんと表現でき、

商品を美しく陳列できる什器を用意することがあります。

シーズン商品を扱っている売場はシーズンによりアイテムが変わり、

アイテムバランスも変わります。

それに伴い、商品を陳列する什器の機能(吊るし、たたみ)の変更も

必要になってきます。

例えば、Tシャツが減り、ジャケットやコートが増えてくると、

必要な什器が棚什器からラックに変わります。

夏に展開されるサングラスは冬には減り、あるいは無くなり、

手袋、マフラー等が並びます。

サングラスもマフラーも棚やフックで陳列しますが、

サングラスに必要な棚の長さと手袋に必要な棚の長さは

商品の展開数量により異なります。

それからサングラスと手袋とでは陳列用什器の機能が違います。

例えば奥行35センチの棚が6メーター分必要とか、

フックを掛けるバーが3メーター分とそれに掛ける奥行20センチのフック

が25本必要、あるいはサングラス専用の陳列器具が30個必要など、

商品により、また、商品の数量により必要な什器の機能とサイズ、数量

が違ってきます。


次回は

2.展開のプランは4〜6回分作成する

です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■SHOW&TELLからCS向上のご提案
--------------------------------------------------------------------

小売を科学的な発想で発展させるショーアンドテルは独自の視点から

顧客満足(CS)、従業員満足(ES)を推進しています。

CS向上、ES向上に貢献するための様々なメニューをご用意しております。


販売スタッフがやり甲斐をもって1日を過ごし、それを結果として売上の

アップにつなげるにはどうしたら良いか、

お客様に「また来たい、知り合いにも紹介したい。」と思って頂ける

ようなお店にするにはどうしたら良いか、

そのような観点でCS・ESを向上させるメニューをご用意致しました。

CS担当の方、CSにご興味のある方は是非一度ご覧ください。

http://www.storeclinic.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■□■ 繊研新聞連載「ショップルクリア成長物語」のご案内 ■□■
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ショーアンドテルの松井柚子(まついゆうこ)が文章とイラストを担当

しています。

3月から今月までの掲載分が以下でご覧になれます。

http://www.storeclinic.co.jp/00topcont/np_senken.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■□■■ メルマガ「旬を発信! 旬刊ファッションルポ」 ■■□■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日経MJ流通新聞、繊研新聞から旬の情報を厳選してお届けします。
ショッピングやファッションが好きな方から、業界関係者の方まで
楽しめる情報が満載です。

ご購読のお申し込みは以下からお願い致します。

http://www.storeclinic.co.jp/00topcont/magazine.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記   映画「ペールライダー」を見て
--------------------------------------------------------------------

☆☆

ストーリーは正義が悪を懲らしめるというお定まりの西部劇だが、

製作・監督・主演のクリント・イーストウッドはツボを心得ている。

私の好きな俳優のベスト3に入る。

最後に撃ち合う悪保安官のグループもお揃いのロングコートで

それなりにカッコイーが、とにかく主人公のクリント・イーストウッドが

カッコイー。

それから美しいシーンとサウンドに感動した。

始まった途端、美しい風景と走る馬のひずめの音に一気に引き込まれて

しまった。

雪を冠った山のモノトーン、山林のグリーン、土のブラウン、

このコントラストが見事で、その風景に目を奪われてしまう。

また、それを背景にして十数頭の馬が猛烈なスピードで走るのだが、

走る馬の息づかいとひずめの音の迫力。

それと村の人々ののどかな風景が交互に入れ替わる映像は素晴らしい。

時間にすると4〜5分だが、ヴィジュアルとサウンドで心をつかまれる、

この始まりが圧巻だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

編集:Alice
発行責任者:武永 昭光

http://www.storeclinic.co.jp/


このメルマガの登録と解除は以下でお願いします。

まぐまぐの方は以下でお願いします。

http://www.mag2.com/m/0000264685.html

melma!の方はこちらからお願いします。

http://www.melma.com/backnumber_2757/

http://www.melma.com/backnumber_153115/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。