億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/10/24

2018/10/24

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/10/24号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


  ◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム 最終回」:小屋洋一


===================================


■まもなく〆切!
 炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー
 中小型銘柄を中心に開催!!■


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を
取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は一部変更することがあります)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/18rS3U

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「資産形成ダイナミックメカニズム 最終回」


 5回にわたってお届けした資産形成ダイナミックメカニズムの解説もようや
く最終回です。


 第1回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7926
 第2回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7956
 第3回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=7978
 第4回 ⇒ http://okuchika.net/?eid=8003


 前回は、ようやく資産運用のコンサルタントっぽい、主に金融商品や不動産
などの資産運用について取り組むべきこと注意することを説明しました。


 最終回は、こんどはお金を使う話です。


(2)支出の抑制

 1)ライフスタイルコストの抑制


 色々なところでよく言われる話ですが、お金を持っている人に

「どうすればお金が貯まるのですか?」

と質問をすると

「入ってくるよりも使わなければお金は貯まります」

と答えられるという話があります。


 お金は、入ってくるお金の額よりも使うお金の額が少なければ自然と貯まっ
ていくものです。

 とても当たり前の話ですが、お金を貯めている人が少ないことからも普通の
人がなかなか実践するのは難しいのでしょう。


 一方で、普段お金持ちと接することの多い我々は、当然お金持ちの行動をよ
く観察します。

 これがまたびっくりするくらい、慎ましく派手なお金の使い方をしない人が
多いものです。

 なので、一般的な人が描くお金持ちのイメージと、我々アドバイザーが触れ
るお金持ちの実像にはかなりのギャップがあります。


   1.固定資産の維持費の抑制
     
          a.固定資産取得に伴うローン元利払い
     b.損害保険料
     c.定期修繕費


 固定資産の代表的なものは「自宅」の不動産です。

 最近、経済学者のロバート・フランクが周囲との比較で満足を得るものを
「地位財」、他人との相対比較とは関係なく幸せが得られるものを「非地位財」
と整理しました。

 「地位財」の具体例は、所得や貯蓄、役職などの社会的地位、家やクルマな
どの物的財。
 一方の「非地位財」は、健康、自由、愛情などです。

 こうした、「地位財」の代表的なものが自宅でもあります。

 ここの比重が高い人は、「地位財」にお金を使う傾向も高く、支出の抑制に
苦労するタイプです。

 そもそも、こうした「地位財」の入手による幸福度は長続きしないものです。



   2.生活費の抑制


 生活費の水準は、本当に各家庭まちまちです。

 コンサルティングをしている現場で思うことは

「この家庭は資産運用に取り組むよりも、生活費水準を見直した方がよっぽど
効果的だよな」

というケースが多いです。


 例えば、1,000万円の金融資産を保有している人が、資産運用に取り組
んで1%の利回り向上ができて資産の増加する額は年間10万円です。
(税引き後だと8万円になってしまいます)

 しかし、同じ人が月1万円の生活費の見直しができるのであれば、その効果
は年間12万円の資産増加につながります。


 どちらが簡単に取り組めることでしょうか?

 またどちらが効果的でしょうか?


 こう考えると、資産運用に取り組む前に、自らの家庭の支出水準をもう一度
考え直す方が資産形成の手法としては簡単で確実になるケースが多いです。



   3.保障性生命保険の効率的購入

 先程、生活費水準の見直しを指摘しましたが、最後は保障性生命保険の話で
す。

 生命保険の話については、過去にさんざんメルマガでもブログでも書いてき
ました。
 http://okuchika.net/?eid=7870


 私が相談に乗るケースでも9割程度の家庭は、生命保険の加入額が不必要に
多いケースになってます。

 この辺りも合理的に生命保険に加入するだけで、毎月の支出が抑えられ、そ
れが自らの資産の増加につながります。


 こうしてみてきた通り、資産運用に取り組むよりも

・自分の収入を最大化する
・自分の支出を適正に見直す

事の方が、よっぽど重要で確実な方法であることがご理解いただけたのではな
いかと思います。


 皆さんも、まずは収入、支出についてもう一度見直してみてください。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(10月はあと先着3名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第213号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第213号
が好評配信中です。


【中小型株の大化け銘柄発掘チャンス!!】


【10/22 第213号では】

■相場の視点
■特別コラム:川柳や俳句で詠む株式相場や投資家心理
■ソフトバンクG株の調整で日経平均の主役は他の銘柄に移る?
■急騰する小型株(11銘柄)
■特選銘柄コメント(3銘柄)
■炎の注目2銘柄


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【決算発表でリバウンド期待!世界トップクラスのシェアと技術力を持ち、こ
 こ10年赤字無しで、M&A活用で新分野にも意欲的なグローバル企業を研
 究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、日本発世界企業で高シェア製品を数多く持ち、
2009年以降赤字無し、強力な子会社を傘下に収め、M&A活用でさらなる
分野にも進出、増配も期待出来る、円安局面で強いグローバル企業を研究して
います。

 また、コラムでは、「少し腹を据えて、この企業の事業に投資をしたいと決
断した企業の株を、短期的な株価の動きを無視して買って、持ち続けたい。そ
のように感じられる企業をかなり見つけることが出来ました。もちろんキャピ
タル・ゲイン狙いや配当や優待を狙う投資対象としての株も選んでいますが、
株価の変動を無視して投資したい事業を行う企業への投資も増やすことを考え
ています。」と題し、過去の大暴落から学んだ教訓を共有するとともに、現在
の筆者の投資行動を通じて、むずかしい相場へ対応する考え方を、20銘柄以
上を挙げて考察しています。

 さらに割安感が高い3銘柄を研究銘柄候補として取り上げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。