億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道増刊みんなの運用会議 2018/10/18

2018/10/18

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

投資情報メールマガジン億の近道増刊 ☆ 第27回 〜みんなの運用会議〜

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

 投資家のためのPython講座 ―第三回の募集のお知らせ―

 5464 モリ工業 −不安定な市況に安定配当で応じるステンレスパイプ
           の王者          by yamamoto

 7810 クロスフォー アイデアでジュエリー革命を起こせ!!
      膨大な需要へ勝負の一手!by相川伸夫

 6200 インソース〜働き方改革&人手不足など時代の恩恵〜
       by Yano

 9386 日本コンセプト ―画期的な液体輸送の方法を提案する成長企業―


:::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


=== 投資家のためのPython講座 ―第三回の募集のお知らせ―


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/python_school_3/


「投資家のためのPython講座」第三回募集のお知らせです。

プログラミングが全く初めての方でも、Pythonを使ってデータ分析が
できるようになります。

必要なのは「学びたい」「新しいことにチャレンジしたい」という気持ちだけ。

スキルは私達が提供します。


・教科書を大幅に見直し
 さらにわかりやすく。事例を豊富に。
・平日夜の講義
 退社後でもご参加できます。
・あなたのパソコンが銘柄発掘ツールになります
 データも継続的に提供していきます
・修了後も続くコミュニティ
 投資に関するコミュニティを作って、アイディアを持ち寄り合いましょう
 卒業後も自習会を開催していきます
 サロンに参加できます
・最終回にはそれぞれがテーマを決めて、投資に役立つ、または仕事に使える
 ツールを開発します
(個別銘柄の推奨や紹介、投資手法の講義はいたしません)


〇内容

・Pythonの基礎
・Pythonで文字を検索する方法
・Excel、CSVの読み込み方
・読み込んだ表のデータをきれいにする方法
・データをグループ化して集計する方法
・表データの結合方法
・Pythonでグラフを描く
 (自動発注、スクレイピング、システムトレードは扱いません。)


〇募集要項

 1.ブラインドタッチができること
   キーボードを見ずに、ローマ字入力ができること

 2.Excelの操作ができること
   セルの入力、値の削除。足し算、引き算、合計、平均の算出、グラフの
   描画。
   Excelの基本的な操作ができること。

 3.ノートPCをもってこれること
   パソコンはお貸しできません。
   (会社のPCをお持ちいただく場合は権限を設定して、ソフトウェアが
   インストール可能な状態にしておいてください。)

 4.PCが以下のスペックを満たすこと
   古くても4年前ぐらいのWindowsかMacのノートPC
   タブレット端末、スマートフォン、ネットブックは不可
   CPUがCore i3、Core i5、Core i7のいずれか
   であること
   メモリーが4GB以上あること(8GB推奨)
   無線LAN機能がついていること
   ハードディスクが120GB以上あること(できればSSD)
   (スペックを満たしているかどうかわからない場合はメールでご相談く
   ださい。)

 5.ほんのすこし英語ができること
   辞書やGoogle翻訳を使って簡単な英文が理解できること。


〇定員

7名


〇料金

20万円(税込み)


〇スケジュール

環境構築サポート+講義8回+成果発表会です。


〇場所

東京都中央区八丁堀4−10−8 株式会社リンクスリサーチ オフィス


〇時間

毎週木曜日
 19時30分から21時30分頃まで
環境構築サポート
 10月25日
講義
 1回 11/1
 2回 11/8
 3回 11/15
 4回 11/22
 5回 11/29
 6回 12/6
 7回 12/13
 8回 12/20
成果発表会
 1/10

講義前後に希望者がいる場合は自習会を開催します


以下、完全版はこちら
https://double-growth.com/python_school_3/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


==5464 モリ工業−不安定な市況に安定配当で応じるステンレスパイプ
       の王者
                        by yamamoto


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double−growth.com/mory_5464/


ステンレスパイプ最大手のモリ工業(5464)の本社を2018年10月に
訪問しました。

個人投資家のみなさんのために、紹介レポートを執筆しました。
同社の強みや業績の変動等の業績リスクについて考えてみました。
株主への還元をもう少しできるのではという結論になりました。
中長期で株主の数は増やしていきたいとのことでした。
中長期の投資対象としては市況産業の中では
例外的に有望な投資先のひとつであると結論付けました。
理由は…レポートをまずはお読みください…


結論

総還元30%は4−5%の年率リターンである


配当性向低く、財務内容がよいため長期に渡り減配はないだろう

EV/EBITDA 2倍台 その他、株式指標はおしなべて低位

市況関連にも関わらず、驚くべきことに長期の投資家にも向く投資対象

すぐには上がらないし、モメンタムもないけれども、
株価は面白い水準にあると思います。

なぜ この利益率? 高い利益率が不思議になり大阪の心斎橋本社を訪問
前期2018年3月期のモリ工業(5464)の営業利益率は12.3%でし
た。
金属加工の会社にしては高いのでなぜだろうという疑問を持ったのが
訪問のきっかけでした。

鉄鋼セクターは輸入品の乱入などで利益率は総じて低いのが特徴です。
高炉の新日鐵住金(5401)の営業利益率は3%です。
電炉の東京製鐵(5423)は6%です。特殊鋼にも二桁の利益率はあまりあ
りません。

ただし、有価証券報告書を読むと在庫評価が移動平均となっており市況がよか
った前期には在庫評価益が営業益に含まれているのです。
もっとも原材料や仕掛かり品のバランスは20−30億円でありその部分は数
億円程度。
50億円規模の営業益の1割に満ちません。

もっとも材料と製品価格はフォーミュラでスライドで総じて決まるので
タイムラグはあっても利ざやは一定は確保できるというビジネスなのです。


利益率の高い理由 その1

同社はステンレスパイプでは大手。首位となります。占有率が高いことで
価格交渉力が備わっている点があげられます。

利益率の高い理由 その2 難易度の高さ 小径の溶接菅に特化

ステンレスのパイプ厚は薄いもので60ミクロンで小径のパイプに強みがあり
ます。
小径ほど技術的なハードルは上がるので難易度の高いということが利益率の
高さに直結しているようです。

利益率の高い理由 その3 内作による付加価値の取り込む

同社は製造工程と流通工程を自社で手がけています。
コイルを冷間圧延する機械、パイプ状にする造菅機、
そして溶接機(TIGなど)は自社開発です。
パイプを切断する機械は画期的であったため外販もしています。
また、大手2社に寡占されていた流通分野に平成9年に参入、
取扱い高の3割を自社流通に乗せています。このように外部に流通するはずの
付加価値を内作によって取り込んでいることが利益率の高さに直結しているよ
うです。

利益率の高い理由 その6 償却が終わっている

機械が償却終わっているやん…

利益率の高い理由 その5 輸入品がない

安価な輸入品の脅威がありません。
パイプ厚が非常に薄いため、海外から運ぶと「空気を運ぶ」ことになり割が
あいません。
ステンレスについては国際市況であり中国がステンレス原料のニッケルや
クロムの産地ではないため、アジアでつくるメリットがさほどありません。
日本の人件費の高さが輸送費に隠れてしまっているのです。
海外の競合がいないというところがステンレスパイプの面白いところです。

多品種小ロットなので狙い撃ちされないのが参入障壁の高さでしょう。
モリには100台を超える造菅機があり、メインのSUS304のメインの
小径を流すことで段取りを頻繁に変える必要はないのですが、シェアが低い
同業は段取りを頻繁に変える必要があるのです。

以下、同社のカタログからです。これだけの品種を大量生産して海外から
持ってくることができないのです。


完全版はこちら
https://double-growth.com/mory_5464/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


=== 7810 クロスフォー アイデアでジュエリー革命を起こせ!!
        膨大な需要へ勝負の一手!by相川伸夫


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/7810-crossfor/

クロスフォーは昨年2017年7月20日にジャスダックに上場。
売り上げのほとんどを<揺れる宝石―ダンシングストーン>で
稼いでいる宝飾が盛んな山梨県・甲府にある企業です。

本決算後に同社に直接訪問させて頂き、業績を大きく様変わりさせるかもしれ
ない可能性を秘めた【テニスブレスレット製造機械】を主に取材しました。

記事前半では会社概要と収益モデル&在庫について、後半では記事執筆の決め
手になった新規事業であるテニスブレスレットがもたらす可能性についてを
深く掘り下げます。


※記事が大変長文なので赤字を追うと読みやすくなるかと思います。


同社の事業の核になるのは兎にも角にも土橋代表の存在です。

土橋社長は若い頃冒険家になりたいという夢があり、世界を回ることができる
職業にあこがれも持っていました。宝飾が盛んな山梨出身ということもあり、
大学を出てアメリカで宝石鑑別の資格を取得して帰国。
1980年から輸入宝石販売ビジネスを個人事業として始め、
1987年に山梨県甲府市に株式会社を設立します。
宝石の産出国は紛争地域などの途上国が多いですが、土橋社長自ら各国を巡り
様々な原石や宝石を買い付けて輸入販売をしていました。

しかし、1990年以降、バブルが弾けて多くの宝飾企業は倒産していました。
同社もその際に多くの売掛金が回収できなくなる事態を経験しましたが、
買付金を掛けではなく現金で払っていたためになんとか事業継続することがで
きました。

バブル全盛期からそれが弾けていくのを経験して土橋社長は強く思ったそうで
す。

『宝石販売だけではダメだ!オリジナルでかつ価値の高いジュエリーが作れな
ければ…』

バブル絶頂の1990年には宝飾市場規模は3兆円でしたが、
10年で半分以下まで縮小し、以後なだらかに縮小を続け、
現在の日本の宝飾市場規模は9000億円強です。

土橋社長は様々な試作を繰り返しながら開発を続け、ついに現在の同社名前の
由来である<クロスフォーカット>を1999年に考案します。

クロスフォーカットを旗印に同社は宝石販売業から製造販売業に業態変化をし、
取引先も売上も拡大していきました。


完全版はこちら
https://double-growth.com/7810-crossfor/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


== 6200 インソース〜働き方改革&人手不足など時代の恩恵〜
       by Yano


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/6200_insource/

同社は、講師派遣型研修事業と公開講座事業の2本柱で事業展開を行う企業で
ある。
働き方改革で様々な働き方が推奨される中、企業は従業員の管理が煩雑になっ
てきている。また昨今の景況感回復や労働人口減少により転職市場が活況とな
る中で、従業員の離職率低下や定着率向上が経営課題となってきている。
そのようなマクロ環境が追い風となり、同社は人事部向けに提案営業で伸ばし
ている。

2002年に設立された新しい会社だが、業績はこれまで増収増益を継続し、
順調に拡大している。舟橋代表が38歳のときに旧三和銀行出身者の3名で
起業したのが同社の始まりだ。
起業後間もないころに、入札案件で官庁向けに獲得できた。
自治体での評判が広がったことや実績を着実に積み上げることで、信頼を獲得
していった。
創業5年目くらいには、全国自治体や中央省庁で実績ができあがっていった。
2007〜2008年から外部講師を業務委託で雇用し、現在のビジネスモデ
ルを築き上げた。
自治体や中央省庁の実績が信頼につながり、民間企業の社会人向け研修も順調
に獲得していった。

2016年6月に上場した。
2018年6月末で拠点数は全国21箇所で展開する。

2003年6月から2018年3月までの累計取引先社数は23,132社の
実績となっている。
全国の自治体総数1,788のうち、同社を利用した先は1,051にのぼる。
2017年4月から2018年3月までの研修実施回数は18,993回
(前年比2745回増)と着実に伸ばしている。

毎年、売上が年率2割の勢いで伸びている。
リーマンショックや東日本大震災のときでさえも年率2割の伸び率だった。
特定の業界に特化することなく、様々な業種に展開していることが景況感に
左右されない理由だ。
不況期には、大学の法人化などのチャンスを逃さず、また介護や病院業界を
獲得していった。
同社の顧客の業界別ポートフォリオだが、製造業が2割、官公庁が17%、
サービス業が12%、通信IT12%、建設業7%、医療・福祉7%、
大学6%、流通・商社6%と分散されている。
他社に先駆けて、その業界に合ったコンテンツをいち早く作成し、
リーズナブルな価格帯で提供してきたことも結果につながった。


https://double-growth.com/6200_insource/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


== 9386 日本コンセプト ― 画期的な液体輸送の方法を提案する
        成長企業
        by furuse


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/9386-nihon-concept/


1.1 特徴

日本コンセプトはタンクコンテナのオペレーターである。

タンクコンテナはドラム缶にかわる、液体を輸送する画期的な手段である。
世界の現存タンクコンテナ数は、2018年からみて、5年前の1.6倍、
10年前の2.5倍になった。
タンクコンテナ生産数は2017年から見て5年前の1.1倍、10年前の3.
4倍になった。

同社は2018年10月現在で、国内に自社所有の拠点を9つ持ち、
約7,500のタンクコンテナをもつ日本で主要なタンクコンテナオペレータ
ーである。
同社の競合は世界中に多数あるものの、オペレーター同士は拠点の所在地や
顧客によって得意な地域、不得意な地域があるため、国内の宅配便業者ような
激しい競争状態にはない。

主要な荷物は石油系化合物。
顧客は国内外石油製品メーカー、化学品メーカーなどである。


1.2 高効率

タンクコンテナと物流拠点は主に自社所有であり、コスト競争力がある。
さらに潤沢なキャッシュ・フローがあるため、その範囲内で成長投資を行いや
すい。

同社は船やトラックなどの運送手段を持たない。コンテナと拠点を所有し、
物流の手配を行う。このため、拠点やコンテナが増えたとしても、
必ずしもその増加と同じ比率では従業員を増やす必要はない。

成長する業界で、安定して利益を上げることができている。


1.3 弱点

売上の大半が米ドル建てのため、為替の影響を受けやすい。
ドル円相場が1円上下すると、経常利益が3000万円程度上下するという。

さらに扱う荷物は石油系化合物が中心。これは繊維、化粧品、医薬品、
接着剤等さまざまに加工される。このため、景気の影響を受けやすい。


1.4 直近の株価推移

2018年3月末をピークに下落している。
為替が想定レートの111円を下回る展開が続いたこと、さらに、第1四半期、
第2四半期と業績は好調ながら、投資が増え、増収減益の決算が続いたためと
思われる。

8月10日に発表された2018年第2四半期は前年同期比と比べて増収減益
だった。
円高の影響は好調な事業環境で吸収でき、増収を達成した。
しかし、新規事業にかかる経費、タンクコンテナの先行投資にかかる償却費、
リース費がかさんだためである。

この決算の20日後に株主優待の対象者が縮小(*1)され、さらに株価が下
落している。

このレポートを書いている2018年10月時点で、為替レートは114円台。
このまま為替相場が良ければ、第3、第4四半期は好調な業績が期待できそう
だ。

*1 変更前と変更後の優待の対象、

 変更前:期間にかかわらず基準日に100株以上保有の株主と、
 基準日まで1年以上の間100株以上保有の株主

 変更後:1年以上500株以上保有していた株主と、
 1年以上1000株以上保有していた株主


完全版はこちら
https://double-growth.com/9386-nihon-concept/



(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。
万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発
行者は一切の責任を負いません。)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


 プロフィール 山本 潤

NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事。
メルマガ「億の近道」執筆17年間継続。
株式投資で勝率8割の外資系投資顧問の元日本株式ファンドマネジャー。

1997−2003年年金運用の時代は1000億円の運用でフランク・ラッ
セル社調べ上位1%の成績を達成しました。
その後、2004年から2017年5月までの14年間、日本株ロング・ショ
ート戦略ファンドマネジャー。
1997年−2017年ライフタイムの日本株投資成績はロングのフル投資換
算でTOPIXを400%を大きく上回る成績を残しました。

コロンビア大学大学院修了。
法哲学・電気工学・数学の3つの修士号を持っています。


 プロフィール 矢野 光(やの ひかる)

イギリスの独立系資産運用会社ニュースミス投資顧問、
フランスの最大手資産運用会社アムンディアセットマネジメントにて、
企業年金を預かる運用部門のアナリストとして従事してきた。
小売サービス、食品トイレタリー、ネット、不動産、金融と内需系企業の分析
を得意とし、銘柄選択でパフォーマンスを支えてきた。
格差社会が広がる昨今、機関投資家として莫大な資産の運用でさらなる格差を
広げるよりも、経験を生かして、ダイレクトに資産形成が必要な個人投資家に
向き合い、役に立ちたいと思うに至る。
早稲田大学法学部卒。社団法人日本証券アナリスト協会会員。


 プロフィール 古瀬 雄明 (ふるせ たかあき)

カリフォルニア州立大学経営大学院ファイナンス専攻MBA。
IR支援会社などで企業のIR活動のサポートに従事したが、技術者として
金融に関わるべく、2014年にキャリアチェンジを思い立ち渡米。
ニューヨークのDevBootcampでプログラミングを学ぶ。
Webエンジニア。
2017年に山本潤とPyconJPに参加。データ収集と分析を担当。
現在、個人投資家が株式投資に活かせるデータ収集、分析のツールを日々
開発中。
また、個人投資家のスキルアップを手助けするため、Python入門講座を
企画。講師としてカリキュラムの立案から運営まで行う。
参入障壁に守られた中小型の割安銘柄が好き。


 プロフィール 相川 伸夫(あいかわ のぶお)

大手自動車会社で勤務しつつ、兼業投資家として『億の近道』にて、2016
年末から個別企業に関しての取材記事を執筆。
大変優れた技術やスキームを持っているのに市場から注目されない企業がある
のは、誰もライトを当てていないからだと考えている。
そこにライトを当てるべく2018年春に退職し、リンクスリサーチにて
客員アナリストとしての活動を開始。
技術・塑性加工に関して元エンジニアとしての目利きを活かした投資手法によ
り卓越したパフォーマンスを達成。
学生時代、吹奏楽の全国大会では銀賞受賞、技能五輪全国大会では入賞実績有
り。
今こそ個人投資家の時代。
企業分析をし、野心ある優良企業を応援しましょう!!


 プロフィール 安田 清十郎(やすだ せいじゅうろう)

早稲田大学社会科学部卒業。
新卒で大手銀行に入社後、ベンチャーキャピタル子会社に出向。
法律系士業事務所を約8年経営した後、専業投資家に転身。
専業投資家として投資を実践しつつ、慶應義塾大学経済学部を卒業。
かつてはインデックス投資、高配当株投資を主体としていたが、現在は成長株
投資を主体としている。
これまでに蓄えたビジネスモデル、経営者、会計および企業法務に関する知見
を総動員して、安定的に年率20%程度の成長を継続する割安企業を発掘して
いく。


 プロフィール 黒木 智(くろき さとし)

事業会社での資金調達、格付機関対応、アニュアルレポート作成などの財務関
連業務に従事。また、アメリカでのプロジェクトファイナンス業務の経験もあ
る。
個人投資家として2004年から投資を開始、小売業、サービス業を中心とし
た日常生活に密接した業界を得意とする。有価証券報告書などの開示資料の読
み込みとともに、経営者、IR担当との対話を繰り返すことで、その企業の強
みは何か、ビジネスモデルの強みは何かを掘り下げて分析することに力を入れ
ている。
2018年からリンクスリサーチの客員アナリストとして活動を開始。
趣味は将棋、アマチュア三段。投資にも「大局観」をもって投資に臨みたい。
社団法人日本証券アナリスト協会会員。


 プロフィール 小野 和彦(おの かずひこ)

日興証券(現SMBC日興証券)でシステム開発に従事。
東洋証券でアナリスト→イギリスの独立系資産運用会社ニュースミス投資顧問
にてアナリスト、トレーダーに従事。
運用の世界で金融による社会貢献の可能性を模索してきたが、どうもこの世界
には存在しないらしいと気づく。
”個人が理想の社会を目指して投資することが理想社会を実現する”という
基本理念に立ち返り、新たなスタートを切ることに。
「みんなの運用会議」(https://double-growth.com)ウエブサイトはオープン
ソースのフリーツールを使って構築してみた。
ウエブサイト構築を通して、改めてオープンでフェアな環境の強さと可能性を
感じた。まだまだ改善途上。
ウエブサイト構築、デザインのプロの方、ぜひアドバイスお待ちしております!
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科MBA。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


みんなの運用会議は第一木曜日と第三木曜日に億の近道の増刊号として発行
されています。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


編集者:億の近道発行プロジェクト
    株式会社リンクスリサーチ
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。