億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/09/25

2018/09/25

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/09/25

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


  ◆コラム「最新有料メルマガから」:石川臨太?
  ◆コラム「書評:トコトンやさしい海底資源の本」:大原浩


===================================


◆コラム「最新有料メルマガから」


 今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘
柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。


=コラム「2016年と同じように年末までに運用成績を増やしたい」
 (有料メルマガ第500回・2018/9/25配信号)


【前略】


 去年に株から預貯金にシフトしたキャッシュをたっぷりと持っていたことも
S社の株を持ち続けることが出来た大きな要因の一つです。

 それでも9月になってから新しく買った株は、買ってから大きく下げてダメ
ージを一時的に拡大しました。しかし買ってから買いのタイミングを間違えた
と感じたら損切りを行い、同値近辺で買い戻すことを繰り返しながらリバウン
ドを待つ余裕もありました。

 これは今年もS社とT社の2銘柄に集中投資をするために含み益が大きかっ
た他の持ち株を売って、キャピタルゲイン税を400万円近く払っていたので
出来たことです。

 その意味では、運用成績がプラス化した要因の中にも、いくつもの幸運も積
み重なっていることが分かります。

 自分の実力で運用成績に貢献できたのは30%程度ではないかと、自己評価
しています。


 10年ほど前は『運が実力のすべて。100%幸運のおかげ。』という状態
でしたから、自分の運用能力で30%も運用成績に貢献できるというのは、素
晴らしい成長だとか自己満足しています。

 野球の世界でも3割打者なら、十分に高い評価をすることが出来ると思いま
す。しかし運がなければ、どんなに自分の運用能力が高くても、結果を出すこ
とは出来ないと考えています。

 株式投資では株を売ったり買ったりしないと儲けることができません。
 株式投資では事前にしっかり準備して、投資のタイミングを見定める努力を
惜しんでいると、チャンスは直ぐに通り過ぎて行ってしまいます。
 これは短期投資でも中長期の投資でも同じことです。

 自分の方針を決定して、実行する準備を常に行っていくことが大事なのです。
 本当に迷っているとチャンスは直ぐに通り過ぎてしまいます。


 株式投資などの相場商品を運用するには、自分を信じることが必要です。
 これは良い意味での自信であり、『良いプライド』だと考えています。

 つまり私は『良いプライド』というのは『自分を信じることだ』と考えるよ
うにしています。

 信じるのは『自分の判断(=考え)』ではなく、『自分そのもの』です。
 ですから、相場と対峙して自分の判断が間違いだとわかったときは、『誤っ
た』と自分の判断を素直に「間違いだった」と認めることができるようになり
ました。
 損切り買戻しを繰り返してきましたが、売ってしまった打診買いの株もかな
りあります。

 この企業の業績は間違いなく良くなり続ける。
 そしてリバウンドするときは動きが早そうだ。
 過去の経験から流動性の高い比較的大型株を残すようにしてきました。

 自分を信じていればこそ、「間違いを間違いだ」と認めることができるよう
になりました。


 実は、自分の判断を捨てられないのは、自分が間違えだと認めると、自分の
価値が下がる、価値が下がるのは耐えられない。そんな考えから発生している
ように感じています。

 でも、良いプライドを持っている人間は、『自分の価値』が判断の間違いな
どで減ってしまうほど小さなものではないと理解しています。

 自分をとても大事にしているからこそ、“愚かな感情に引きずられて間違っ
た判断に固執する”危険を避けることができるのです。
 私はこれを「自分自身に誠実なこと」と考えることができるようになりまし
た。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【高配当利回り!古い歴史を持ち、技術を背景にした事業で海外展開も進めて
 おり、キャッシュリッチで低PBRの企業を研究!!】


 創刊第500号を迎えた本日配信の有料メルマガでは、90年以上の歴史を
もち、高技術で過去黒字を維持しており、時価総額以上の含み益を持つ土地を
保有し、配当利回りが4%を超え、低PBRで、提携企業からの買収も視野に
入る企業を研究しています。


 また、コラムでは、「総合商社の株価が一か月足らずで10%程度、上昇す
るような状況になってきました。まだ流動性の高い大型株のほうが早く上げる
傾向がありますが、今年も前期と連続で過去最高益を更新することが確実視さ
れるのに高値から20%も落ちた中小型株のリバウンドは遅れています。この
チャンスを上手に生かして2016年と同じように年末までに運用成績を増や
したいと考えています。」と題し、本日一部掲載したほかに、あるセクターへ
の投資行動とその検証を行っております。


 さらに、新たな四季報から見いだした銘柄や、12月決算の企業など、今後
の研究銘柄候補を8銘柄挙げています。

 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第209号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第209号
が本日配信されました。


【モデルポートフォリオと個別株情報満載!!】


【9/25 第209号では】

■相場の視点
■炎の注目銘柄ポートフォリオ組み入れ作戦(6銘柄)
■人気のアドソル日進(3837)が下振れ 時価1905円
■意外性の興研(7963)株が株高となる条件
■日本フェンオール(6870)は高配当利回りで関心呼ぶ?
■ナルミヤインターナショナル(9275)の下値模索はいつまで続く?
■IPO後、横ばい傾向が続く信和(3447)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


◆コラム「書評:トコトンやさしい海底資源の本」


 書評:トコトンやさしい海底資源の本
 大高敏男 乾睦子 著、 日刊工業新聞社
 https://amzn.to/2QW05ED

 「海底資源」というキーワードをかなり幅広く解釈した内容ですが、その範
囲の広さにもかかわらず、コンパクトかつ充実した内容だと思います。

 特に第1章、第2章で鉱物に関する基礎知識の解説(担当:乾睦子)、第3
章〜第6章では、海洋や海底の資源やエネルギー変換技術、採掘技術、探査技
術についての基礎知識の解説(担当:大高敏男)という構成は良いと思います。

 海洋資源は大きく鉱物とエネルギーに分けることができるかと思いますが、
2004年度の家庭用エネルギーの内訳は<電力44.9%、石油24.3%、
都市ガス17.5%、LPG12.2%>です。また、業務用エネルギーの消
費量も、おおむね同じで電気が全体の約半分を占めます(しかも、もし日本中
の車が電気自動車になれば、電力使用量は現在の10倍になるといわれていま
す)。

 石器時代、青銅器時代というような歴史分類で言えば、現代は間違いなく
「電気時代」です。もし大規模な太陽嵐などで1週間世界中の電気が使えなく
なれば、現代の文明はアトランティス大陸のように崩壊するでしょう。

 本書でも、「電気」にかかわる資源に多くのページを割いており、海底熱水、
潮汐エネルギー、海流・潮流エネルギー、海洋温度差、塩分濃度差など数多く
の発電手法に言及していますが、注目されるのは
1)波浪エネルギー
2)洋上風力
3)海洋バイオマス
です。

 1)の波浪エネルギーは、波の高さ(上下運動)を利用する発電ですが、一
般的に海洋という特殊環境から大規模な設備が必要とされる海洋発電の中では、
比較的小規模・簡便に実現可能です。極端に言えば海にブイを浮かべるだけで
発電が可能です。

 2)の洋上風力発電は、陸上での風力発電に比べて、風力が安定しているこ
とと、強い風力を得ることができるのが強みです。風力発電において、発電量
は羽根が受ける風速の3乗に比例します。つまり、風速が3倍になれば発電量
は27倍になるのです。

 ちなみにバフェットは、傘下のエネルギー会社(バークシャー・エナジー)
を通じて、風力発電の設備に多額の投資をしています。もちろん、太陽エネル
ギーの変換効率が10%台で太陽光パネルの廃棄と設置場所の開発で環境を破
壊する太陽光発電よりははるかに賢い選択なのですが、陸上の風力発電につい
ては将来の不安があります。

 3)海洋バイオマスは、かなり有望だと思います。陸上のバイオマスでも、
既存の火力発電所等と同様に「24時間一定の発電量を維持できる」という強
みがあるのですが、海洋バイオマスには「藻」という心強い味方がいます。

 世界の海藻の資源量は推定で1800万トン以上といわれるのですが、約7.
2×10の9乗立法センチ(1トン海藻から400立方センチのメタンガスを
生成すると考える)ものメタンガスが生成されます。

 しかも、メタンガス1立方センチ製造するコストは10円から30円程度と
試算されるので、実用化が期待されます。
 また、海藻の養殖は決して難しくないことも利点です。


(大原浩)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。