億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/08/23

2018/08/23

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/08/23号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


         ◆コラム「国内株式市場の欠陥」


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第24回目「小さい秋みつけた?」がアップされました。

 24回目「小さい秋みつけた?
 【YouTube】https://youtu.be/ymc-oAv91Rw
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1535034611

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「国内株式市場の欠陥」


 まずは読者から頂いたご質問に対して。

 新興国投資につきまして昨今は様々な金融商品が出てきています。手始めに
新興国投資と検索してご自身で理解し易い商品を探してみてください。

 債券投資で入り易いのは「上場インデックスファンド新興国債券」(ETF、
日興アセットマネジメント社)かな?と思っています。売買も楽ですから。
 馴れない方にとっては少額から投資できる投資信託を使うのが楽と思います
が、纏まったお金があれば個別に証券各社が販売している各新興国通貨や市場
に連動している商品も多々あります。

 どの国への投資が良いかは皆さま各自のお考えで決めるしかないのですが、
気を付けていただきたいのは、複雑な金融商品や手数料(信託報酬含む)が高
い商品は避けると言うことと、新興国市場故にリスクも高いと言うことです。
 同じような原資産への投資なのに見栄えを良くするため(儲かりそう、また
は安全そうに見せるため)手間がかかっている商品が多いからですが、これで
は大きなリスクを取る見返りが減ってしまいます。
 そして「リスクが高い=変動率が高い」と言う事ですから、十分な余裕資金
で長く保有できる前提での投資が必須・・・ということになります。

 「利回りが高いものへの投資=高い変動率を受け入れる」と言うことを承知
の上で、これら2点を最低条件として、ご自身の考え方に合った商品を探して
みてください。


 さて、日本の株式市場ですが、8月に入ってからダラダラと下げています。
 先週にはトルコリラ急落のニュースを受けて500円近くの変動がありまし
た。トランプ大統領の無茶発信や、中国経済の失速リスクなどが取り上げられ
る頻度も増えています。

 海外発の不穏なニュースが出る度に、ファンドがそれらを利用して指数を乱
高下させています。外資経由の売買が7割を超えていて、その大半が(1秒間
に1,000回もの)超短期の利益を狙ったシステム売買ですから、我々一般
投資家には歯が立ちません。
 まさにマネーゲームが続いています。

 中には好業績発表などで株価が上がった際に、個人の信用買い残が溜まった
頃合いを見計らって(海外ファンドが)借株を使った空売りで株価を叩き落す
など、以前にも何度か書いていますが、昔なら相場操縦で摘発されるような事
例も多く見られます。

 見ている中ではカーボン系の2社の他にも機械ではTHK、ナブテスコ、ま
た日本板硝子などにもファンドとみられる空売りが増えています。一部には空
売りの手仕舞いに入っていると見られる銘柄もあります。

 とは言え、仮にそれらが悪質な売買であっても、売買の板も目に見えない速
さで出たり引っ込めたりのシステム売買が主流ですから、意図的な相場操縦が
あっても摘発は難しいのでしょう。

 残念ながら市場参加者に厚みが無く、短期の投資家中心の(賭博)市場です
から、このような乱高下があるのは止むを得ないものと思います。


 何度も書いていますが、「リスクに見合うリターンが得られる市場=効率的
な株主資本の利用と適切な株主還元」を促す市場にならなければ、市場参加者
は増えず、何時まで経っても「潤沢な資金供給=バブルが無ければ閑古鳥、資
金が入れば博打場へ」・・・と言う市場構造から抜け出せません。

 余りに自己中心的では困りますが、(それなりに志のある)アクティビスト
や独立系投資顧問が「活躍できる=利益を上げられる」市場にならなければい
けないのでしょう。
 金融機関と財界、市場運営者の三者の既得権を守る市場のままで、年金の補
完をさせたい為だけにNISAやiDecoを使って素人投資家を引き込むよ
うなことは避けていただきたいですね。

 個人投資家に不利な市場であることを十分に認識しつつ株式投資を楽しんで
いただきたいと思っています。


 好業績や割安感があるにもかかわらず今年に入ってから売られ、下がってい
る銘柄の中には業績や配当利回り、株主優待などの面からみて割安な銘柄も増
えてきました。今年に入って株主優待を新設した銘柄もあります。売られて安
くなっている銘柄には投資のチャンスかも知れません。

 バリュー型小型株ファンドのパフォーマンスが悪かったと言う記事もありま
したので、価格調整(評価)機能が働かない日本市場で運用が上手くいかず、
9月末返済のファンドに撤退=投売りの動きがあったためにズルズルと下げて
いたのかもしれません。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


¥【事業は国内向け99%!第1四半期増収増益と確実に業績を伸ばしており、
 低PER低PBR、キャッシュリッチな高配当利回り企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、業界大手で製品開発力には定評があり、過去
確実に業績を伸ばしており、低PER低PBRで、時価総額と同等の資産を持
つキャッシュリッチで、増配が期待出来る内需企業を研究しています。


 また、コラムでは、「トランプ大統領の選挙対策のための政策で、日本など
米国を除く世界の株が低迷させられたままの状況が続いています。外国証券会
社の日本株への空売り攻勢も続いています。しかしトランプ大統領の選挙対策
が終わり米国株も上昇が勢いを増していくなら低迷している日本株にも投資資
金は戻ってくる。外資証券会社の空売りも買い戻されていく。そう考えながら
必要以上に下げている好業績で、今期も前期比で増益を確保しそうな企業への
調査を続けています。」と題し、現状想定する今後の市場予測に伴う、投資行
動について書くと同時に、ファンダメンタルズ分析の利点についても触れてい
ます。

 さらに、最近投資の参考とした情報と、その結果投資した3銘柄をピックア
ップして、ケーススタディとして財務分析情報を掲載しています。

 加えて、安くなり過ぎだと感じる研究銘柄候補を6銘柄取り上げております。

 金曜日までにお申し込みの方には、当最新号を差し上げます。

 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第204号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第204号
が好評配信中です。


【中小型株とIPO情報!!】


【8/20 第204号では】

■相場展望と運用ポイント
■IPO銘柄動向
■2017年IPOの長期低迷2銘柄
■個別銘柄コメント(6銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。