億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/07/26

2018/07/26

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/07/26号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


       ◆コラム「効率化」:街のコンサルタント


===================================


◆コラム「効率化」


 何故、他の先進国のように日本株は安定的に買われないのか?そして投資家
層の厚みが増さず資産運用の場として広がらないのか?


 まず、投資効率が悪い故にローカルな(足が地に付いた)資金など長期の資
金が入り辛いからであり、つまり、株主還元率が低過ぎるのが市場に厚みが増
さない大きな要因と考えています。

 統計からも人気の無さが分かります。
 投資単位の小口化やNISAなどによって個人株主数は増加しているものの、
市場動向の影響を除いた保有額自体は減少し続けています。個人が直接保有す
る株式は個人金融資産の約6%しかありません。

 相場操縦もし易い市場で、大手外資系に加えて野村証券や三菱モルガンと言
った国内大手までが相場操縦に参加して個人を食い物にしているマーケットで
は危なくて資金の投入を躊躇ってしまいます。短期資金が頻繁に空売りしたり
買い戻したり・・・と言った相場操縦が常態化した投機市場では腰を据えて投
資する気になりません(^^;)


 例えば○菱UFJモルガンは7月初旬に某カーボン銘柄を買い推奨しながら
空売りを増やしています。一般投資家が買い上がったところで売り崩し(相場
操縦?)して儲けようと、つまり○−ルドマンS社の真似でしょうか?(^^;)
 外資が資本参加してからは何度も不正を指摘されているのに治りません。
 企業文化が変わってしまったのかも知れませんね。

 もっとも大手外資だけで2,000万株以上も空売りしながら中々下がらな
い銘柄ですから、中間決算で上方修正や増配発表などが出てきたらどうなるん
だろう?と楽しみに見ています(^^)


 企業側で言えば、投資家は経営陣の安寧のために資金を投じている訳では無
く、資本の効率化を求めているということを十分に認識していない経営者が多
いことも課題です。
 事業利益が増えても還元率が低く、物言う株主(プロ)でさえ経営への効率
追及がし辛い市場であるため、時価総額が資産額を下回っても買われない銘柄
が多数あります。


 そんな中で短期資金の博打場になり下がっているのですから一般投資家は余
計に手を出し辛い訳です。投資するにしても短期資金の動きを裏読みしなくて
はなりません。

 幾らNISAだIdecoだと旗を振っても、運営思想が非効率でリスクの
割にリターンが低い市場のままでは投資家は増えないのでしょう。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【必要不可欠で安定的事業!資産背景に不安無く、有利な配当と優待を持ち、
 M&Aも開始した企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、人に必要不可欠な製品事業を営み、安定した
収益と資産的背景を持ち、M&Aにも着手し、高配当が期待出来る施策と株主
優待がある、リスクオフ時に投資するには安心できる企業を研究しています。


 また、コラムでは、「3月決算企業など、9月に配当や優待のある低PER
かつ高配当利回り、高配当優待利回り株への投資を再開しましたが、急に大き
くリバウンドし始めたと思った途端に、大きく下げて、殆どの上昇幅を消して
しまうこと。または買値以上に下げてしまうことが続いています。しかし為替
が円安方向に動く傾向を維持しており、米国企業の業績が好調である限り、米
国株は上昇を続け、日本株も上げていくと考えて、投資すべき企業の選別を続
けています。」と題し、直近の市況に対応する自身の投資行動を材料に傾向を
分析するとともに、今後の市場シナリオを考え、研究銘柄候補を5銘柄取り上
げております。


 また、引き続きカーボン関連の追加情報と推移についても詳報しています。

 金曜日までにお申し込みの方は、本号もお読みいただけます。
 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。