億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/06/27

2018/06/27

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/06/27

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:式町みどり)


 ◆コラム「為替市場動向〜半期末、テーマは再び政治に〜」:式町みどり


===================================


■【緊急告知】山本潤の「銘柄深掘りの会」開催!!


=申込期間が短いので今すぐお申し込み下さい!=


 「億の近道」発行元イノベーターズ・フォーラム理事で株式会社リンクスリ
サーチアナリストの山本潤が、一日限りのイベントを開催します。

 題して「銘柄深掘りの会」。

 最近の山本氏のセミナーなどで発掘された有力銘柄を中心に、トーク会形式
で深掘りしていきます。山本氏のほか、名古屋で個人投資家勉強会を10年継
続しているアイル氏も登壇。

 ゆるい雰囲気で、濃い話が聞けるかも知れない90分間です。

 お時間ご都合がつけば、ぜひお出かけ下さい。


 今回は人数限定で行いますので、満席になった場合はご容赦下さい。


【開催概要】

日時:6月30日(土)
   15:00開場 15:15開始 16:45終了予定

場所:東京都渋谷区 渋谷駅より徒歩5分
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

参加費
 イベントのみ参加:500円(税込)
 イベント&懇親会参加者:5,500円(税込)

※終了後、懇親会を行います。講師の山本氏ももちろん参加。
 投資家同士の交流や講師との会話をお楽しみ下さい。
 投資に成功している人ほどコミュニケーションを取っています。
 時間は17時〜19時です。途中退席OKです。
 人数限定。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/mPKueo

2.お支払のご案内が送信されます。
  お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※申込〆切は6月28日木曜日23:59です。
  〆切前でも満席になり次第、お申し込み終了となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.イベント・懇親会とも途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金い
  たしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
   株式会社リンクスリサーチ


==================================


◆コラム「為替市場動向〜半期末、テーマは再び政治に〜」


 エスカレートしていく米国発「貿易戦争」進行の中、6月FOMCでは予想
通り利上げが決定されました。
 その後、6月20日には、パウエルFRB議長は「FF金利(政策金利)の
漸進的な引き上げ継続の論拠は強い」と発言。マーケットでは、2018年は
合計4回(残り2回は9月と12月?)の利上げを織り込みつつあります。

 米国2年債は、2.53%まで上昇。貿易戦争や移民問題などのリスク要因
で利回りが低下(質への逃避)気味の10年債との利回りギャップは約0.3
38%にまで縮小。2007年以来の小さなスプレッド。気になる動きではあ
ります。


 米国トランプ大統領による貿易戦争を拡大は、止まるところを知らないよう
に見えます。3月に始まった輸入関税引き上げ発表、6月初めにはEU,カナ
ダにも。日本以外の多くの国は報復関税の導入を検討もしています。対中国へ
の関税措置は、中国からの報復措置行使で、追加関税も検討されると言う、報
復への報復も。また、自動車関税引き上げ検討も、日欧には大きな問題になり
そうです。
 さらに、イラン制裁のための、日本にイラン原油輸入停止措置を求めたり、
と様々な分野に及びます。トランプ氏の意向に振り回される展開は、マーケッ
トに不透明感を投げかけています。


 そんな中で迎える今年の半期末は6月29日(金)。半期末・月末・週末で
もあります。

 今週は、28日に米第1四半期のGDP確報値、個人消費デフレーターも発
表されますが、「末」の節目が重なること、来週には6月の米の雇用統計発表
も控えていることから大きな動きはなかろうかと思います。


 ドル・円は、上記した米国発の貿易戦争拡大への懸念にも拘わらず、概ねレ
ンジ相場で動いています。3月に初めて輸入関税引き上げの話が出たときは、
リスクオフ反応で104円台まで円高に振れたわけですが、貿易摩擦問題が益々
ひどくなる中でも109円〜110円での推移に終始しているところを見ると、
影響を計りかね、大きく動かないとしているのかもしれず、取り敢えず、日米
の金融政策の差がドル円相場を支えているのかもしれません。
 つぎつぎ出される米国の貿易政策が、世界経済全体へどう影響していくか、
引き続き見ていく必要があります。


 欧州に目を向けてみると、米国との関税問題もさることながら、移民問題や
難民問題が懸念材料として浮かびます。
 先般、イタリア政府が難民の救助船を差し押さえ入国を拒否したニュースが
話題になりましたが、ドイツでも移民・難民政策を巡ってドイツ政権内で意見
が分かれ、メルケル政権崩壊のリスクも囁かれます。また、EU各国の政策の
違いから、対立が広がるリスクが強まるとも言われ出しました。中でもイタリ
アの政治リスクを懸念する向きは、未だに大きく、春以降、イタリア国債の売
りが未だ目立ちます。

 通貨ユーロは年初の金融正常化期待による買い戻し意欲での上昇の動きから、
春からは期待後退による反落を経て、6月には1.15〜1.18のレンジ内
の上下に終始する動きが続いています。方向感がはっきりしない、動きにくい
相場です。


 今年上半期の主要通貨の為替相場は、対米ドルで日本円の約2%の円高推移
以外は、ドル高各通貨安でした。

 米国の金利上昇が主なる背景になったと思いますが、特に新興国通貨の下落
が顕著でした。新興国通貨安は、物価高インフレ加速を通じて、経済悪化に繋
がります。巡り巡って、、先進国経済にも悪影響をもたらすリスクがあります。

 貿易摩擦問題も含めて、このあたりの影響も心に留めておいた方が良さそう
です。


 明日は、西野ジャパンの対ポーランド戦試合。
 日本からもエール送って行きましょう!

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

※6月27日東京時間13時執筆
 本号の情報は6月26日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【地方市場ながら優待人気を期待!強い事業と好業績、キャッシュリッチで、
 低PER低PBRの増配企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、地方市場上場銘柄ながら、技術力に裏打ちさ
れた強い競争力を持つ事業があり、業績も好調でキャッシュリッチ、低PER
低PBRで、人気の株主優待と、増配を続けている企業を研究しています。
 優待人気から知名度アップによる再評価が期待出来ます。

 また、コラムでは、「この株価の下げは大きなチャンスだと、一歩踏み込ん
で資金を大きく投下する。ファンダメンタルズ分析を長年続けてきた成果を、
短期運用で実践して、大暴落が来た後でも、投資額を更に大きく減らして、利
益を大きく取るという技術の習得を目指しています。その上で、確実に利益を
上げ続ける資産のバリュー株に資金を再投資するための銘柄選別も続けていま
す。現状の株価の下落は、来年以降にジム・ロジャースが予想したブラック・
マンデー以上の大暴落が襲って来た時の投資銘柄選別の訓練には最適だと考え
て準備をしっかりと進めています。」と題し、この下落をチャンスと捉えてチ
ャレンジをする事や、今回億近に抜粋したほかにも逆境を糧にして経済的独立
を図るヒントを、自身の実践を通じて書いています。

 さらに、下げ止まったら投資対象としたい7銘柄の候補を取り上げるととも
に、カーボン関連のIRへの取材を含むその後フォローアップなどをしていま
す。

 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」の有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。