億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/06/20

2018/06/20

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/06/20号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
           (本日の担当:小屋洋一)


    ◆コラム「日本のプライベートバンキングの状況について」


===================================


◆コラム「日本のプライベートバンキングの状況について」


 こんにちは、マネーライフプランニングの小屋です。


 現在、私の顧客から

「プライベートバンキングの提案が聞きたい」

というオファーを受けて、最近

UBS(スイスのPBの日本法人)
野村證券PB
大和証券PB

の話を聞きました。


 具体的な提案などをもらうのはこれからなので、現時点で提案の評価はでき
ないのですが、提案前の段階としての小屋の個人的な評価としては、


・UBS証券

 金融サービス自体はスイスの本部で提供しているものを日本でも提供している
 ただし、スイス本部で頼むよりも日本法人の方がコストが2重取りで高く設定
 されている印象

 金融サービス以外の非金融サービスは定評がある
 実際に顧客はUBSのセミナーに行って、食事会などで好印象を受けた様子


・野村證券

 金融サービス自体は、まだまだ販売手数料モデルになっているところが多い
 担当者本人は、預かり資産残高に対してFeeをかけていくモデルの方がPB
 としては良いと思っている
 「国内のPBについてはそれほど差があるとは思っていない」とのこと

 非金融サービスのラインナップはそこそこ
 シンガポールなどに展開できれば、そこでスイス系のPBと連携していること
 が強み


・大和証券

 担当者のレベル感がPBというよりもリテール営業的な雰囲気を感じて今一つ
 野村證券と同じく「国内のPBについてはそれほど差があるとは思っていな
 い」とのこと

 金融サービス自体は、まだまだ販売手数料モデルになっているところが多い

 非金融サービスのラインナップは野村より劣る印象

 シンガポールなどに展開できれば、そこで外資のPBと連携していることが
 強み


とのことでした。


 全体的な印象としては、まだまだ国内系のPBは、これまでの証券リテール
業から抜け出すところまで行かずに、延長線上のサービス提供をしている気が
します。


 さすがにUBSはPBの歴史も長いので、そのような様子ではありませんで
したが、日本だとスイス本部よりも高コストになってしまうのは仕方がなさそ
うです。


 小屋個人としては、スイスに行った時にPBをいくつか見学してきましたの
で、https://mlplanning.co.jp/blog/2016/07/breixt.html
あえて日本のPBを使わなくても、スイスに行って現地のPBに口座開設した
方が資産運用に関しては、よっぽど良質なサービスを安価で受けられると考え
ています。


 この顧客とも、一緒にスイスのPBにも現地訪問に行こうと話をしていると
ころです。


 また、国内各社PBの提案などが出て来たら、その提案についての分析、
評価もお伝えしようと思います。


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

http://abvom.biz/brd/archives/ahwxrr.html


具体的な老後資金のプランニングをしたい方はこちら
↓(6月はあと先着2名様のみ受付可能です)
http://abvom.biz/brd/archives/oqjjbm.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/presouthia
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■炎のファンドマネージャーの「炎流・有望銘柄の選び方セミナー開催!!

= 申込は明日まで!! =

 「億の近道」月曜版担当の大人気執筆者、炎のファンドマネージャーが、
投資セミナーを行います。


【開催概要】

日時:6月30日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:40終了予定

 1.過去3回セミナーで取り上げた銘柄のレビュー
 2.バリュー銘柄はこうして選べ
 3.中小型成長株投資のポイントと注目銘柄
 4.テーマ株、材料株投資と1年以内に成果を高める有望銘柄
 5.IPO銘柄への取り組みスタンス
 6.銘柄別投資作戦
 7.モデルポートフォリオ
 8.質疑応答
  (内容・時間は変更することがあります)

場所:東京都渋谷区 渋谷駅より徒歩5分
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。

参加費:5,000円(税込)
講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。費用は実費(5,000円程度)です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/nupnsy

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※21日申込〆切ですが、満席になり次第、受付終了となりますのでご注意
  下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【株価堅調!シェアトップの製品を持ち、キャッシュリッチで低PER低PB
 Rな業績上方修正と増配が期待出来る優待企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、高付加価値の主力製品は国内トップシェアで、
順調に業績を伸長させており、キャッシュリッチで低PER低PBR、3年連
続増配をしており、投資家に人気の高い優待制度もある、株価上昇中の企業を
研究しています。

 また、コラムでは、「世界でトップの業容を誇る、日本を代表する大企業の
株価が低迷を続けています。この株価の低迷はチャンスだと思いながら、買っ
てから下げてしまうと迷いが生じます。そこで企業の決算発表の資料を精査し
て、この企業は確実に、現在の業績予想を上方修正すると確信できる2銘柄に
集中投資をしています。しかし新しい四季報をチェックして行くと、利喰いし
てしまった高配当株や優待株の業績に関する四季報の予想は、私が投資したと
き予想していたものと同じである企業が多くありました。いま持っているキャ
ッシュポジションは大きいので、これからはキャッシュから7月から9月の高
配当銘柄や、高配当優待銘柄にも投資することを考え始めています。」と題し、
新四季報を読んでピックアップした4銘柄と、業績予想や株価などから割安な
4銘柄を取り上げています。

さらに、自身の投資手法を向上させるヒントとして、ある企業家の逸話を取り
上げ、他者を参考にしていくやり方を紹介しています。

 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第201号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第201号
が好評配信中です。


【出遅れ株、低位株、調整中の株を研究!!】


【6/18 第201号では】

■相場展望
■再生可能エネルギー事業で自ら蘇るリミックスポイント(3825)
■低位2銘柄決算説明会報告
■出遅れ社名変更銘柄研究
■調整中の2銘柄の株価動向ポイント

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【6/11第200号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.7et/?eid=7786


【6/18第201号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7800


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。