億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/06/08

2018/06/08

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/06/08号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


        ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第20回目「パフォーマンスはやっぱり中小型株」がアップされました。

 [第20回目]「パフォーマンスはやっぱり中小型株」
 【YouTube】https://youtu.be/RSPtfw0sx1g
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1528367475

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(6月4〜8日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で523円1
5銭上昇し(率にして2.4%の上昇)、2万2694円50銭で取引を終え
ました。3週ぶりの上昇です。

 前週6月1日(金)に発表された米国の5月の雇用統計が改善を示す内容で
あったことから、米国の景気拡大が継続しているとの見方から、週初の4日
(月)は、日経平均株価が大幅に反発(前週末比304円高)して始まりまし
た。その後も、円安・ドル高の進行、米株高を支えに、7日(木)まで4日続
伸。
 ただ、週末8日(金)は、さすがに海外投資家中心に利益確定売りが広がり、
反落しました。


 来週は、米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12〜13日に開催され
ますが、連邦準備理事会(FRB)は3月に続いて利上げを決定することが確
実視されています。また、欧州中央銀行(ECB)も14日に政策理事会を開
催します。
 欧州の景気は足元やや減速気味ですが、ECBが資産買入れの終了に言及す
るようであれば、外為市場で、円安が進行し、日本株に買いが集まる可能性が
あります。

 日銀も、14〜15日に金融政策決定会合を開きますが、現状の金融政策を
継続する可能性が強いと予想します。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【自己資金でM&Aも!古い歴史と安定的事業に加え、キャッシュリッチで不
 安が少ない内需企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、古い歴史を持ち、自己資金だけで安定的に事
業を継続できるほどキャッシュリッチで、株主還元にも積極的な内需企業を研
究しています。

 また、コラムでは、「海外発のリスクオフが起きた時に、探鉱のカナリアの
ように大きく下落する日本株についていつも思うことと、このような時に下げ
ないで株価が上がる業績のサプライズ的な伸びを見せる企業への投資の有利さ
を述べたいと思います。」と題し、外部環境の分析をした上で、付和雷同しな
いでホールドする手法を昨年9月の研究銘柄で確認しています。

 さらに、先般来筆者が注目しているある商材に関する調査を元に、分散投資
と集中投資の戦略を選択する考え方についても詳しく書いています。

 不安定な外部環境で考えられる投資行動へのヒント満載です。
 購読をお待ちしております。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第199号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第199号
が好評配信中です。


【IPO市場展望と、決算を踏まえた銘柄チェック!!】


【6/4 第199号では】

■相場展望
■IPO市場動向
■特別報告:モノ言う株主の登場に注目
■炎の気になる企業決算報告(3銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【5/28第198号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.7et/?eid=7763


【6/4第199号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7772


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。