億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/05/21

2018/05/22

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/05/21

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:炎のファンドマネージャー&相川伸夫)


  ◆コラム「100万円から始めるサラリーマンの株式投資」:炎
  ◆コラム「情熱投資家、相川伸夫の本決算短信フォロー」:相川伸夫


===================================


◆コラム「100万円から始めるサラリーマンの株式投資」


 4月から新社会人となられた100万人余りの皆さんも職場に就いて2か月
近くが過ぎようとしています。間もなく2回目の給料を受け取られるものと思
いますが、これからの社会人生活に待ち受けるものはお金との戦いでもありま
す。
 一定の報酬を得て一定の生活を行う日々が延々と続くことになります。

 得られた報酬がどの程度かにもよりますが、生活水準はその枠の中で決まり
ます。理想的には就職先の企業が毎年利益を増やしてサラリーが増えていくこ
とが望ましいのですが、デフレという経済状況が厳しい中でなかなかそうした
ことにはなっていないという現実があります。

 年収300万円時代が常識的な時代となってデフレ経済で生きてきた多くの
若年サラリーマンの皆さんの貯蓄がどうなっているのかは個々人の生活スタン
スによっても異なりますが、まず最初の貯蓄目標となるのは100万円程度と
なります。ですから新社会人の皆さんは月1万円でも貯金をして余裕資金をお
よそ8年の期間で100万円程度を蓄積するところからスタートしないとなり
ません。

 サラリーマンにはボーナス制度もありますから、その時にどれだけ貯金に回
せるかによってもこの8年と言う期間は前後しますが、概ね8年、つまり30
歳になったら100万円でリスクマネーを運用する時代になる訳です。

 それまでは基本的にお仕事に没頭する日々が続きますが、社会人としての素
養や社会の仕組みを改めて知りながらいかにして資産運用をしていくかを考え
ていく必要もあります。
 社会の中で様々なお金にまつわる世界がこうなっているのか・・とか知るこ
とで資産運用の目的を自ら明確にできますのでとても重要です。

 とは言っても資産運用対象としての金融商品や不動産などの知識をすぐに得
ることは、なかなかできません。とりわけ変動商品である株式投資の真髄を知
るには相当の経験や期間が必要になります。ただ、関心だけは持って頂くと造
詣を深めることはできます。

 その点、「億の近道」の読者となられた皆さんはとてもラッキーです。
 気軽に読んでいるうちに株式投資に必要なマクロ、ミクロの知識が身につく
からです。各執筆陣は経験豊富な皆さんばかりですので、大いに参考になるか
と思います。

 本当は株式投資に際しての事前知識を社会人になる前に身につけられるとも
っと良いのかと思いますが、日本ではそうした教育はどちらかと言うとタブー
のように扱われてきました。実際に基礎教育の現場では受験のための詰め込み
教育が主で投資教育や日本の近現代史教育の深掘りなどは二の次になっている
のかも知れません。
 私は少なくとも高校までの教育の現場で株式投資や金融全般について深く学
んだ記憶はありません。でもこれからはそうした根本的な教育の在り方が変わ
るものと考えられます。

 今、スポーツや将棋などの世界では15歳までに活躍する若い世代が話題に
なっていますが、株式運用やビジネスの世界でも若い世代がこれから徐々に活
躍の場を広げるのかも知れません。その背景にはネットでの取引が一般化し、
少額でも気軽に株式運用ができる時代となったこともあるかと思います。
 教育自体もネットで学べる時代でもあります。基本的な投資教育を受けて投
資にチャレンジしながら経験を積んだ若いサラリーマン個人投資家が社会人と
して中核となって活躍する時代の到来が日本の株式市場を異次元の世界に導く
ものと私は勝手に想像しています。


 新社会人になられた皆さんは8年後に始まる資産形成に向けた学習活動を始
めてみてはどうでしょうか。

 一方で既に30歳を超えて中堅サラリーマンとなられた皆さんは蓄積された
金融資産をいかに効率的にかつ楽しみながら増強させていくかをスタートさせ
ていく必要があります。

 お勤めの会社では従業員持株会に入っておられますか?
 多くの上場企業では制度の充実に努めていますが株式投資への関心がなく、
比較的無頓着な加入者が多いと聞いていますが、もったいない話です。

 上場企業は企業価値を高めることで市場での評価を高め、従業員が持つ自社
の資産価値を高めることにもつながります。従業員持ち株会は給与から天引き
される形式が一般的かと思いますが、長い目で見るととても有効な資産形成の
対象になるものと考えられます。

 上場企業にお勤めの場合はそうした持株会に加入されるチャンスがあります
が、まだ上場していない未上場企業も将来IPOを計画している企業にもそう
したインセンティブを得るチャンスがあります。

 まったくそうした機会がない多くのサラリーマンにとっては自らが株主にな
ってみたい企業の株式にリスクマネーを投じることになるのですが、多くのサ
ラリーマンにとって夢は1億円。100万円のリスクマネーを株式などの変動
商品に投じた結果、1億円となる可能性はゼロではなく、そうした期待を現実
のものとする努力や情熱が問われています。
 人生は一回こっきり。100万円のリスクマネーを毎年2倍にしていくと7
年後には1億を超える計算となりますが、2倍など無理だとあきらめずに挑戦
する必要があります。
 買わない宝くじも当たりませんが、リスクに挑戦する投資家でないとリター
ンも上がりません。

 折しもサラリーマンには副収入を得るような機会が奨励される時代でもあり
ます。株式投資を一種の別のビジネスとして捉えることも可能ですのでぜひ学
習を重ねながらリスクに挑戦して頂きたいと思います。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【炎よりお知らせ】


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第17回目「投資のコツはコツコツ」がアップされました。

 [第17回目]「投資のコツはコツコツ」
 【YouTube】https://youtu.be/7wn1wKMwknw
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1526639168


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「情熱投資家、相川伸夫の本決算短信フォロー」


 せわしない本決算開示ラッシュが去りました。

 皆さんは決算短信をどこまでの企業チェックしているのでしょうか?


・全銘柄見る
・監視銘柄だけ見る
・保有銘柄だけ見る
・決算短信なんて見ない

 様々な回答があると思います。

 全企業の決算短信を見ておられる方を心の底から尊敬・敬服致します!


 恥ずかしながら私は全企業分の開示を見ておらず、監視銘柄までのチェック
に留まっているからです。
 1分でも、表紙だけ20秒見るだけでも『見る』と『見ない』では大きな違
いがあると考えています。


 0と1の差は数字の1ではありません。その差は無限大なのです。

 何かにチャレンジをして、頑張った人は必ず報酬が手に入ります。
 それは『経験』というお金では決して買えないかけがえのないものです。


 頭ではその経験値を手に入れたいと思うのに、日常に流されておろそかにし
てしまう。

 苦手な事にチャレンジするというのは好きな事をやることの100倍のエネ
ルギーがいるように思います(笑)


■相川伸夫ピックアップ銘柄フォロー
 ※5月18日(金)執筆時点

・山王(3441)2016年12月19日配信
 株価560円⇒1129円(+102%)

・テノックス(1905)17年2月20日配信
 株価815円⇒1032円(+27%)

・LCホールディングス(8938)17年4月3日配信
 株価894円⇒1541円(+72%)

・特殊電極(3437)17年6月12日配信
 株価2922円⇒4225円(+45%)

・東北特殊鋼(5484)17年9月4日配信
 株価1831円⇒1882円(+3%)

・新報国製鉄(5542)17年10月2日配信
 株価1577円⇒2060円(+31%)

・パウダーテック(5695)18年2月19日配信
 株価4845円⇒4070円(−16%)

・東京エレクトロンデバイス(2760)18年4月6日配信
 株価1970円⇒2113円(+7%)



◆本決算短信フォロー テノックス


 前期の杭打ち工事の不具合による損失引当金が1億ほど減少したことにより
業績は想定より上振れて着地。
 しかし、今期予想に関しては正直物足りない印象。
 売上高は200億と通年通りだが、労務費の上昇等を理由に控えめな数字。
 31期は配当を1円増配したので配当利回りは3%弱&時価総額73億(自
社株を除いた)に対し現金同等物が86億円と資産バリューな水準。

・受注高⇒前年比+10%
・受注残高⇒+6%

 売上の先行指標である受注に関しては足元好調なので、今後1Qの決算では
労務費の負担により、利益が低下しているのかを注目していきたい。



◆本決算短信フォロー LCホールディングス


 大変期待していたにも関わらず、その期待を裏切られる形となり非常に残念。

 ロジコム(ホールディングス経営になる前の旧社名)の時代から同社の社長
を長年していた本荘氏が出口戦略の度重なる延期、上方修正をしてからの下方
修正になってしまった経緯などで責任を取る形で急遽任期中の異動が決定。

 同開示にある『出口戦略の度重なる延期』に関しての不信感から株価は低迷。

 兼ねてより説明会などで「ポーリーへの売却はスラっと行く」という説明を
していただけに株主からの不信感も強い。

 本決算短信の前期の数字に関しては市場の想定より高い数字であったと思わ
れるが、今期予想の数字が期ズレになった数字をそのまま計算した値の半分ほ
どしかない為大きな失望売りが出てストップ安。

 『期ズレ』という言葉ほど怖い言葉はないのだと私も大変勉強になりました。


・市場からのニーズが高いものは大体の場合前倒しで計画を進捗していく。

 早く欲しいと言われるなら、それを前倒しで対応すれば計画より早くキャッ
シュが回る⇒このキャッシュでさらに事業を効率的に回すことができるからで
す。


 逆に遅くなる時というのは、ニーズが実は低い。という懸念も考えられます。

 例えば自分がモデルハウスの販売員をする営業マンだとして、3月末決算締
めまでの残り1か月で売れると計画していたとします。
 それが思ったように買い手が付かず、予定した期日を過ぎてしまっていた場
合。これは期ズレ案件となります(在庫として物件は残っている訳で現状損失
は出ていない)。

 売れると予定していたにも関わらず、『何かしらの理由』により売れなかっ
た。

A…売買契約をした後に銀行からお客さんがローンを予定通り組めなかったの
  かもしれない。

B…お客は内覧に来ているが、金額と物件の魅力が釣り合わなかったのかもし
  れない。

↑のどちらにしても売却予定が遅れる事による販売側のメリットはありません。

 もし、Bであれば遅れを挽回すべく、販売価格や手数料の値引きをして早く
契約に漕ぎ着けようとするかもしれません。


 LCの今期予想数字の根拠に『保守的』という文言があります。

 前期予想の売却見込みの上方修正では営業利益が20億ほど上振れた開示が
ありましたが、今期予想はそれをも下回る予想となっています。

 『保守的』の中に何が含まれていて、含まれていないのかが外からでは判別
することは不可能なので、私としては一旦ここは中立の判断とし、6月末に代
表就任予定のダヴィンチの金子氏の経営戦略などを聞いてから投資判断をする
のも良いのではないかと考えています。

 もちろん、金子氏への期待で買う。

 病院に注力するというビジネスモデルに変更がないことから株価が戻る可能
性もあり得ます。


 しかし、現状わからないことが多すぎることと、会社としても不本意な結果
だとは思いますが、同社に投資をしていた投資家を大きく振り回したことは事
実です。

・上方修正⇒下方修正(期ズレ)⇒保守的な今期予想(詳細不明)

 私としては同社に高い魅力を感じていたので、納得の行く説明とビジョンが
今後示される事を期待しています。



◆本決算短信フォロー 特殊電極


 今回も上方修正での着地となりました

 同社の本決算今期予想数値については控えめでの開示の特徴があり、前期期
初予想数値と今期予想数値の経常利益の数字は13%高いので今期予想は多少
強気に捉えているのだと感じられます。



◆本決算短信フォロー 東北特殊鋼


 昨年に続き、上方修正での着地となりました。

 業績も決して悪いわけでもなく、土地の含み益も換算すればPBR0.3程
度の水準にある割安株という評価ができるでしょう。

 鉄鋼株にも関わらず不動産賃貸業が営業利益の4割を占めていることは相変
わらず投資家から認知されていないと思われます。

 会社のHPが先日大幅リニューアルされ、とても見やすくカッコ良くなりま
した。

 振動発電の磁歪材、インドの子会社に関する続報が待ち遠しい限りですね!



◆本決算短信フォロー パウダーテック


 期初予想を上回っての着地。

 配当利回りが2.3%あり、今期予想は売上4%増、利益は1%増を見込ん
でいます。

 フェライトを使った新規開発テーマの進捗が進んでいくことでの面白いニュ
ースに期待です。

 流動性が低い株なので焦らずに長期で会社の成長を楽しめるタイプの銘柄だ
と思います。



◆本決算短信フォロー 東京エレクトロンデバイス


 売上21%増収、経常91%%増益の純利益64%増で着地し、今期予想数
字は売り上げは減収ですが経常利益は2.4%増益、純利益は12.6%増益
予想です

 売上の減収の原因はアナログ・デバイセズ社との販売代理店契約の解消の影
響です。

 減収なのでネガティブに捉えがちですが、同社は現在メーカー機能強化に注
力していることは前回の記事でお伝えした通りです。

 このタイミングで今までアナログ・デバイセズ社との取引に割いていた人員
を有効に配置することができれば、むしろ利益率の更なる向上の可能性もあり
ます。

 今期6円の増配もあり配当利回りは3.4%と高水準です。

 数年後の自社ブランドの成長に期待です。



 月に一回執筆させていただいている億の近道で取り上げてきた銘柄も気づけ
ば8銘柄となりました。


 ここで取り上げる銘柄は全て長期で見た時に大きく化ける可能性が期待でき
る、又はジワジワと株主資本が伸びる株を私なりにチョイスしています。

 全体の市況がどうなるのか、個別企業の浮き沈みを正確に予見することは誰
にも出来はしません。
 皆さんの多くは資産形成のために株式投資をされているのだと思いますが、
『好きこそものの上手なれ』とはよく言ったもので、まさに万事そうなのだと
感じます。


 投資であろうが、趣味のゴルフであろうが、こうして今書いている文章であ
れ、好きでやっているのであれば確実に成長するのだと漠然と感じています(笑)


 持ち株の価値が下落しても、投資が好きであれば『良い経験をした』と感じ
る事が出来ます。

 負けた試合を悔しかったけど、楽しかった!と言える人はかくも強いもので
す。

 負けてもその経験を糧に楽しみながら投資を楽しみ、気づけばオマケで利益
が付いてきたと言えるようになりたいですね!


それではまた!


『全力全開全力前進!!!』

(相川伸夫)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第197号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第197号
が本日配信されました。


【昨年と今年のIPO銘柄チェック!!】


【5/21 第197号では】

■相場展望
■2017年の気になるIPO3銘柄チェック(3銘柄)
■2018年2−3月のIPO銘柄の株価チェック(8銘柄)
■炎の銘柄一口コメント(4銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【5/14第196号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.7et/?eid=7737


【5/21第196号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7747


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。