億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道増刊みんなの運用会議 2018/05/17

2018/05/17

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::

 投資情報メールマガジン億の近道増刊 ☆ 第17回 〜みんなの運用会議〜

 6144 西部電機 by yamamoto

 3836 アバント by 相川

 2471 エスプール by 小野

 5194 相模ゴム by 相川

 知財情報活用セミナー


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


===   6144 西部電機 by yamamoto

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
https://double-growth.com/6144_seibu_denki/

企業研究 6144 西部電機 −自然随順− 受け継がれたバトン


[要約]

バリュー株である。あわよくば、グロース株になってくれ、という感じの。

保有現預金と有価証券から有利子負債を引いた1株あたりネットキャッシュ
900円。

株価1180円から900円を引けば、正味の価値は300円ほどであり、
低い評価を受けている。

ところが、ワイヤカット放電加工機や自動倉庫で大口受注を足元で獲得してい
る。
3月12日に業績を大幅に上方修正した。

2018年3月期第三四半期実績(9ヶ月)で、受注高が22599百万円で
あり、昨年の年間実績(17/3 18594百万円)を大きく上回る。
受注残高は12572百万円で昨年実績(5411百万)を同じく大きく上回
っている。これは、精密機械事業でホンハイからの大量受注、自動倉庫ではJ
Tのプルーム・テックの新工場向けの大型受注を獲得したからである。
2019年3月期は増益基調となろう。

理論株価は、ネットキャッシュ(900円)と配当14円を市場平均並み(2
%)で評価した700円(=14/0.02)を合わせた1600円程度
(従ってアップサイドは30%程度)であろう。

上記のモメンタムの強さなどを本物であるとし、ROEの向上が見込めるなら
ば、さらに、高い評価が与えられるのだが。それは、各自、掘り下げることで
判断してほしい。


[内容について]

投資レポートではない。様々な視点から思いつくままに書くスタイルである。
商売ならば、定型を決め、業績をちゃんと書き、財務内容についても分析する
ということになるが、わたしには理想の定型はなく、すべてはケースバイケー
スであり、これは人生と同じだと考えている。

ただし、今回は、ワイヤカット放電加工機にフォーカスを当てている。
自動倉庫については書いていない。

また、長期投資を支えている目に見えない、絶え間ぬ技術革新など、なぜ長期
的に見て、じわりじわりと、物事が進展し、それが投資家のフォローの風にな
りうるのか、解説もどきを載せている。

あとは、歴史から、何を学ぶか。
長期政権となった森社長は、彼の安川からの赴任1981年から社長退任の2
005年まで20年以上に及んだ。
随分と同社の社風に影響を与えてきたのだ。
会社のDNAについても思うところを書いてみた。


6144 西部電機 −ワイヤカット放電加工機の需要 強く−
西部電機(6144) 取材のきっかけ

福岡県古賀市の西部電機への取材は以下の理由により、実現した。

1.福岡県に本社(地方企業)。
  十分に認知度がないので割安な可能性があるため

2.東証2部。一部ではないので認知度が低いため

3.2018年2月に急に株主優待でクオカードを配ると発表。
  一部への昇格への強い意識があるのではないかと睨んだため

4.同時に今年になって、上方修正を発表。
  過去最高の利益を達成する見通しとなったため

5.同時に過去最高の受注であり、特に2019年3月に回る受注が大半であ
  るため、2019年3月期も増益が続く見通しのため

6.株価指標についてはそれほど高位というわけでないため

7.プルーム・テック増産のための自動倉庫。
  JT向けであり大型の受注を獲得している。
  FANUCの無人工場システムを受注もしている。
  また、このセグメントでは、豊田自動織機からのOEMが初めて10億円
  に乗るなど、同社の自動倉庫ビジネスにおいて、顧客基盤が確実に広がっ
  ているため

8.前述のようにワイヤカット放電加工機でホンハイからの直近の大量受注が
  確認できたため。
  特に最先端の分野ではシェアが高いことが確認できたため。
  また、EV部材の急拡大には、放電加工が必須となるため


以下、詳細な、ロングレポートはこちら、挫けず読んでください!!

https://double-growth.com/6144_seibu_denki/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


===   3836 アバント by 相川

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
https://double-growth.com/3836-abant/


長期経営目標『2027年には現在の配当を10倍以上にする
※2018年6月期予想一株配当10円


個人投資家向け説明会を16年に2回、17年に7回、18年4月現在2回開
催、18年には東証IRにも出展。1Qごとの決算には説明資料も開示、大変
IRに積極的な経営をされています

会計・経営情報の【見える化・使える化・任せる化】の3本柱に注力した成長
戦略を描いています。

同社はストックビジネス指向の強い経営戦略なのも魅力であり、これからの投
資が面白くなる大きなポイントは【任せる化】のアウトソーシング事業(これ
もストックビジネス)に大きな魅力を感じました!


アバントの中核事業は『使える化』に分類されている『DivaSystem』

株式投資をしているなら、ほとんどの方が見るのではないか?

2000年の会計ビッグバン以降、連結会計制度の一般化・キャッシュフロー
計算書の制度化・時価主義的会計方法への変更等の制度変更が進み、今日では
親会社単独ではなく連結会計での会計がメインとなりました。

その連結決算会計に使われるシステムの【開発・販売・サポート・コンサルテ
ィング(見える化含む)、アウトソーシング】までを事業展開している会社が
アバントです。

連結決算ソフトにも様々なものがありますが、アバントが手掛けているのは
比較的ハイエンド向けであり、17年12月末の販売実績963社ではその約
4分の3が上場企業になります。


<アバントの販売実績開示から一部を抜粋>

・トヨタ自動車株式会社(507社:57社)

・日本電信電話株式会社(944社:118社)
↑※NTTグループの事

・株式会社NTTドコモ(117社:23社)

・KDDI株式会社(165社:35社)

・日本たばこ産業株式会社(210社:13社)

・株式会社デンソー(190社:60社)

・パナソニック株式会社(431社:83社)

・株式会社セブン&アイ・ホールディングス(149社:26社)

・日立グループ(864社:388社)

・花王株式会社(111社:6社)

・株式会社ブリヂストン(288社:147社)

・アステラス製薬株式会社(81社:10社)

・中外製薬株式会社(17社)

※(〇〇社:〇〇社) 左側が連結子会社数、右側が持分法適用関連会社数

上記子会社数、関連会社数は有価証券報告書、ホームページなどから引用した
ものになりますので、多少の数字のズレはご容赦ください

こうした連結子会社が極めて多い大手企業にも同社のシステムは導入されてお
り、また、

・時価総額TOP50社中27社

・時価総額TOP51〜200社中95社

の大企業にも導入されています(2017年6月末時点)

同社はこの部門(連結会計システム)において国内シェアナンバーワンです。

競合にはISID(電通国際情報サービス)、SAP、日本オラクルなどがあ
ります。


<時価総額・財務基盤・従業員数等>を比較しても圧倒的な企業規模の違い
(数倍〜数十倍以上)がありますが、それらの競合大手を抑えて国内シェア一
位というからには明確な強みがあるから成しえたのです。



アバントの強みはその【高い専門性】です。

事業コアを連結会計システム『DivaSystem』を基軸に展開しており、
グループ経営を支援する。

具体的なサービス利用者(顧客)は企業のCFO(最高財務責任者)及びその
組織です。

また連結会計関連事業の収益構造は以下のようになっており、連結子会社が多
い会社ほど受注したときの初回費用もその後の保守サポート金額も大きくなり
ます。


以下、さらに具体的な解説はこちら
https://double-growth.com/3836-abant/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


===   2471 エスプール by 小野

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/2471_s-pool/


投資をするときに

“その企業を応援したい”

という基準で考えたことがありますか?

高い志を持った企業に出会い、

・その企業が提供する製品やサービスが社会問題の解決のためのものであれば
 応援したい。
・自分にはできないが、株主として社会問題の解決のための事業に関わりたい。

と考えること。

こういった、業績以外の視点で企業を見るのは長期投資を考えるうえで大切で
すね。
とはいえ、志だけでは事業を継続することはできません。
“株主となって応援したい”
と考えるならば、ビジネスモデルがユニークか、競争力が高く継続性があるか
という視点が不可欠です。


2471 エスプール


同社は

“アウトソーシングの力で企業変革を支援し、社会課題を解決する”

というグループミッションを掲げている。
同社の事業を通してどのような社会問題へ対応しているかを見ていこう。


<大きく二つの課題解決に関わる>

セグメントは大きく二つ。
ビジネスソリューション事業と人材ソリューション事業である。

ビジネスソリューション事業は5つあり、そのうちメインの2事業
 ・障がい者雇用支援サービス(株式会社エスプールプラス)
 ・ロジスティクスアウトソーシング(株式会社エスプールロジスティクス)

人材ソリューション事業の
 ・人材アウトソーシングサービス(株式会社エスプールヒューマンソリュー
  ションズ)
を合わせた3事業で連結売上高の9割近くを占める。


以下、ビジネスモデルの解説を含めた完全版はこちら

https://double-growth.com/2471_s-pool/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


===   5194 相模ゴム by 相川

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


https://double-growth.com/5194-sagamigomu/


【サガミオリジナル】―相模ゴム工業が日本で初めて発売した『ゴムではない』
ポリウレタン製のコンドームシリーズは1998年の発売以来いまだに品薄が
続くほどの大人気シリーズです!

コンドームは避妊道具であると共に性病予防に有効であることから、性交時の
着用は世界的にも強く推奨されています。


今回は中々踏み込みづらい『性』と真剣に向き合って事業展開をしている相模
ゴム工業について以下のポイントに沿ってレポートします。

・相模ゴム工業とポリウレタンコンドーム

・ポリウレタンコンドームの市場と拡がり

・マレーシア工場での増産計画

・他社製コンドームとの違い

・今後の展望について


◆相模ゴム工業とポリウレタンコンドーム

日本で初めて(1934年)ラテックス製のコンドームの製品化に成功し、
現在ポリウレタン製のコンドームでは世界TOP

創業者はなんと女性であり、この方がコンドーム開発の旗を振ったのです。

現在は東証二部上場企業で、報告セグメントに対して売上の8割、利益では
9割がヘルスケア事業(ほぼコンドーム)というほぼ単一セグメントの企業
です。

本社に隣接している厚木工場ではラテックス系のコンドームを製造しており、
マレーシア工場ではポリウレタン製のコンドームで同社の看板であり稼ぎ頭の
『サガミオリジナル』が生産されています。

有価証券報告書の連結従業員数を見てもマレーシア工場に全体の90%近くの
人員配置がされていることからその注力の強さが伝わってきます。


では、ポリウレタン製コンドームとは何なのか?

自然な装用感に大きく影響する『薄さ』をラテックスで追及するには素材その
ものの強度も不足していました。

ラテックスの3倍以上強度を持つポリウレタン素材によって『サガミオリジナ
ル』は完成しました。
実に34年もの開発期間を費やしたそうです。

ラテックス(天然ゴム)製コンドームを日本で初めて同社が製造販売して以来、
実に64年後の大革命でした。

ポリウレタンコンドームならゴムアレルギーを持つ方でも問題なく使えます。

ラテックス製コンドームに対するアレルギー(天然ゴムに対して)を持つのは
世界人口の約1%とも言われており、これは大変深刻な問題です。

また、日々ゴム手袋をはめる医療従事者では天然ゴムアレルギーの方は15%
程とも言われており、日本でのラテックスアレルギー患者数は3%にのぼるの
ではないか?という人もいます。
そうしたアレルギーの方にもラテックス以外でのコンドームが求められていま
した。

しかし、消費者の最大のニーズはポリウレタンの強度によって実現した薄さ×
素材による滑らかな肌触りによる優れた装用感です。

世界中で使われているコンドームの99%以上はラテックス製であり、ポリウ
レタン製コンドームの普及率は1%以下でしかありません。


コンドームの消費量は避妊と性病予防を目的に世界で成長しており、特に中国
でコンドーム利用がさらにオープンになれば、2015年に18億ドルだった
市場規模は、2024年までに2倍以上に拡大すると、調査会社トランスパレ
ンシー・マーケット・リサーチ社は予測しているそうです。

また、別の記事で中国市場では、年間110億個ものコンドームが消費され、
毎年15%以上で成長をしているとも紹介されています。

逆に日本では年々少子化が叫ばれ、夫婦のセックスレスの問題がよく世間で話
題になるように縮小傾向が続いています。

世界的なコンドームの消費増加の恩恵を大きく受けるのは安価な値段で手に入
るラテックスコンドームになるでしょう。

それはつまり、こうも言えます。

世界中の大手メーカーの増産によって、ラテックスコンドームの価格競争は
一層激しくなるということです。

では、ポリウレタンコンドームはどうなのか?


続きは完全版で
https://double-growth.com/5194-sagamigomu/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


===   知財情報活用セミナー

:::::::::::::::::::::::::::::::::::


完全版はこちら
https://double-growth.com/report_patent_seminar20180421/


<開催準備>

 今回のセミナーの開催が決まり、関係者が初めて顔を合わせた、最初の打ち
合わせ。
最初の5分で”これは面白い!”と感じた。

取材対象の企業の特許を見ることは習慣になっていたためセミナーでは何か
プラスアルファになることがあればよいなぁと漠然と考えていたが、まったく
良い方向で期待を裏切られた。
プラスアルファ、どころか、根本的な部分で違っていた。
アプローチの仕方が逆方向からだった。

私たちアナリストは取材をする際に企業が発信する一次情報を重視する。
有価証券報告書や決算短信など、企業が投資家向けに発信している情報。

同じ一次情報でも特許から見るのでは見方が違う。

有価証券報告書から見るのはその企業のことをより深く知ると共に、全体を
把握することにつながる。
”企業の今の姿を正しく把握するためのアプローチ”
だとすれば、

特許から見るのは、個別の製品、技術にフォーカスし、その競争力や事業戦略
や競合他社との位置関係、競争力などを知り。
”企業の将来を妄想するためのアプローチ”
かなと。

また、メイン講師の発明塾塾長の楠浦氏の魅力は、常に謙虚で、なんでも情報
を受け入れ、吸収しようという姿勢。

関西の方にありがち(と私が勝手に思っているw)話し出すと止まらない、の
ではなく話し好きでありながら、話を聞く姿勢をもっている。
自分が知らない話だと何を話しても身を乗り出して
”それ面白い!!”
とのってくる。こんな方はなかなかいない。


<セミナー告知 働き方改革が裏目?>

当初予定としては投資家の方だけでなく、企業の知財部や経営企画部などの方
にも、自社の戦略に知財情報を活用する方法として提案したいと考えた企画で
した。

しかし、
”働き方改革を進める企業”
にとって、土日のセミナーに会社の指示で参加させることはできない。
ということがあるらしいことを知る。

さらに、
募集 3月
開催 4月
ということで、異動がある企業も多いらしく、3月のうちに申し込みするのは
難しいとのこと。

初めての試みで予想外の事態が重なりちょっと焦りました。
ほんと学ぶことばかりです・・・・。

企業からの参加は少なめで、内容は”投資に生かす”ほうに少し重きを置いた
ものになりました。


当日の状況を含めた完全版はこちら

https://double-growth.com/report_patent_seminar20180421/


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。
万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発
行者は一切の責任を負いません。)


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


 プロフィール 山本 潤

NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事。
メルマガ「億の近道」執筆17年間継続。
株式投資で勝率8割の外資系投資顧問の元日本株式ファンドマネジャー。

1997−2003年年金運用の時代は1000億円の運用でフランク・ラッ
セル社調べ上位1%の成績を達成しました。
その後、2004年から2017年5月までの14年間、日本株ロング・ショ
ート戦略ファンドマネジャー。
1997年−2017年ライフタイムの日本株投資成績はロングのフル投資換
算でTOPIXを400%を大きく上回る成績を残しました。

コロンビア大学大学院修了。
法哲学・電気工学・数学の3つの修士号を持っています。


 プロフィール 矢野 光(やの ひかる)

企業年金基金を預かる英系、仏系の投資顧問でアナリストとして経験を10数
年積んできた。
小売サービス、食品トイレタリー、ネット、不動産、金融と内需系企業の分析
を得意とし、銘柄選択でパフォーマンスを支えてきた。

格差社会が広がる昨今、機関投資家として莫大な資産の運用でさらなる格差を
広げるよりも、経験を生かして、ダイレクトに資産形成が必要な個人投資家に
向き合い、役に立ちたいと思うに至る。


 プロフィール 古瀬 雄明 (ふるせ たかあき)

カリフォルニア州立大学経営大学院ファイナンス専攻MBA。
IR支援会社などで企業のIR活動のサポートに従事したが、技術者として金
融に関わるべく、2014年にキャリアチェンジを思い立ち渡米。
ニューヨークのDevBootcampでプログラミングを学ぶ。Webエン
ジニア。
2017年に山本潤とPyconJPに参加。データ収集と分析を担当。
現在、個人投資家が株式投資に活かせるデータ収集、分析のツールを日々開発
中。
また、個人投資家のスキルアップを手助けするため、Python入門講座を
企画。講師としてカリキュラムの立案から運営まで行う。
参入障壁に守られた中小型の割安銘柄が好き。


 プロフィール 相川 伸夫(あいかわ のぶお)

大手自動車会社で勤務しつつ、兼業投資家として『億の近道』にて、2016
年末から個別企業に関しての取材記事を執筆。大変優れた技術やスキームを持
っているのに市場から注目されない企業があるのは、誰もライトを当てていな
いからだと考えている。そこにライトを当てるべく2018年春に退職し、リ
ンクスリサーチにて客員アナリストとしての活動を開始。
技術・塑性加工に関して元エンジニアとしての目利きを活かした投資手法によ
り卓越したパフォーマンスを達成。
学生時代、吹奏楽の全国大会では銀賞受賞、技能五輪全国大会では入賞実績有
り。
今こそ個人投資家の時代。
企業分析をし、野心ある優良企業を応援しましょう!!


プロフィール 安田清十郎(やすだ せいじゅうろう)

早稲田大学社会科学部卒業。
新卒で大手銀行に入社後、ベンチャーキャピタル子会社に出向。
法律系士業事務所を約8年経営した後、専業投資家に転身。
専業投資家として投資を実践しつつ、慶應義塾大学経済学部を卒業。
かつてはインデックス投資、高配当株投資を主体としていたが、現在は成長株
投資を主体としている。
これまでに蓄えたビジネスモデル、経営者、会計および企業法務に関する知見
を総動員して、安定的に年率20%程度の成長を継続する割安企業を発掘して
いく。


 プロフィール 小野 和彦(おの かずひこ)

証券界でシステムエンジニア→アナリスト→トレーダーとウン十年生きてきた。
運用の世界で金融による社会貢献の可能性を模索してきたが、どうもこの世界
には存在しないらしいと気づく。
”個人が理想の社会を目指して投資することが理想社会を実現する”という
基本理念に立ち返り、新たなスタートを切ることに。
「みんなの運用会議」(https://double-growth.com)ウエブサイトはオープン
ソースのフリーツールを使って構築してみた。
ウエブサイト構築を通して、改めてオープンでフェアな環境の強さと可能性を
感じた。まだまだ改善途上。
ウエブサイト構築、デザインのプロの方、ぜひアドバイスお待ちしております!


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


みんなの運用会議は第一木曜日と第三木曜日に億の近道の増刊号として発行
されています。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::


編集者:億の近道発行プロジェクト
    株式会社リンクスリサーチ
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。