億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/04/26

2018/04/27

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/04/26号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


      ◆コラム「医療費と運用費」:街のコンサルタント


===================================


■山本潤セミナー追加開催決定のお知らせ


 5月13日開催の「プロは決算書をこう読む!山本潤直伝・財務情報読み解
きセミナー」には、大変多くの方にお申し込みをいただきました。
 ありがとうございます。
 個人投資家の情熱と好奇心と向上心には頭が下がります。


 一方で、告知からわずか3日で満席となってしまったため、受講希望の方が
申し込めなかったとの話も多くうかがいました。

 そこで、山本潤氏とも話し合い、6月に第2回を追加開催することにいたし
ました。
 以下、ご案内です。


【プロは決算書をこう読む!山本潤直伝・財務情報読み解きセミナー】


企業発の情報をどう読むか。

「読む必要は分かっているが、どう読んで良いか分からない。」
「読んでも投資判断にどう活かすか分からない。」
「投資判断が正しいのか分からない。」

こう感じている投資家の声が多く寄せられています。

そこで今回も、午前と午後の時間をたっぷり使い、企業発の財務情報を読める
ように講義します。

決算短信の読み方を山本潤より伝授するとともに、
実際の企業の最新の短信を使用し、分析実務の解説と演習を行います。
さらに、最終的に短信分析から、財務評価から見た投資判断を行います。

使用する決算短信は、5月中旬発表以降のものを中心に行う予定です。

受講者が行った銘柄の分析結果は事務局で回収し、その後山本潤のコメントを
付して受講者全員にて共有いたします。


今回も人数限定での開催です。
5月の第1回とは調査対象銘柄が一部変わりますが、調査分析手法は同じです。
第1回受講者もお申し込みできますが、なるべく初めての方を優先させていた
だきたいです。


 参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。


[セミナー講師より]


決算発表では業績予想が注目されます。
予想を評価するよりも結果をしっかり見ることの方が先決です。
つまり、本当に大事なことは、
終わった2018年3月期を正しく分析することです。
個々の企業の決算について、見た目よりも悪い、見た目よりもよい
かどうかを評価していきます。
つまり、企業の2019年3月期の予想数字の達成が十分に可能かどうかを
個別に判断していくわけです。

事務局では、個人投資家にとって重要な企業(2018年3月期)の決算短信
を多数用意いたします。
中小型で東証2部、マザーズ、ジャスダック中心、あるいは絶対に外せない
大企業などを事務局で選定します。
参加者が分析を希望する企業があればそれらを優先します。
※申込フォームの記入欄にて希望銘柄をお知らせ下さい


それら短信を使い、参加者に実際に演習を行っていただきます。
つまり、決算の評価を行っていただきます。
1人あたり15〜20社の分析を繰り返し行うことで、
決算分析の実務を覚えていただきます。

分析手法については、セミナーでやさしく解説をします。
参加者は4人のチームとなります。
解説をしながら、各テーブルには財務分析の専門家がサポートをしながら
分析を行います。


一日が終わるころには、分析対象全社の最新決算の動向が明らかになります。

1)最新の業績動向がわかります。
2)全社の分析を参加者全員で共有します。
3)特別に保守的、特別に楽観的などの評価を後日、コメントをつけて、
  お返しいたします。
4)買い候補50銘柄、要注意候補50銘柄を発表いたします。
  投資成果に直結するはずです。
5)大量の分析を繰り返し行うことで、財務分析の実務を理解し、
  自分一人でできるようになります。

セミナーの終了時には、バランスシートと損益計算書とが一体となり、
シームレスに繋がっていく不思議な感覚が身につくでしょう。

また、業態に応じた適正な在庫の水準についても参加者自身の意見を持つこと
ができるようになります。
最新決算情報を受けた日本企業の財務の実態が把握できます。

投資家だけではなくて経営コンサルタントの方々にもセミナーを受けてもらい
たいと思います。

(山本潤)


【セミナー概要】

講師:山本潤
日時:6月24日(日) 10時〜16時30分
場所:東京都渋谷区

受講料:20,000円(税込)

スケジュール:
 10:00 財務情報の読み方、短信の読み方、投資判断のポイントなど
 12:00 休憩 ※昼食は各自
 13:00 短信を利用した演習1(分析と投資判断の習熟)
 15:00 短信を利用した演習2(投資判断)
 16:30 投資判断回収&終了
注)スケジュールは変更する場合があります。


セミナー後、1〜2週間をめどに、
1)対象全銘柄の評価のまとめと分析結果の配布
2)買い候補となった個別銘柄について、追加取材と追加分析の結果報告
を行います。


懇親会:
セミナー終了後、近隣で懇親会を行います。
個人投資家同士の交流と、セミナー理解や投資判断の共有などを目的にして
おりますので、ご都合が許せば、ぜひ積極的なご参加を!
費用は実費です。(5,000円程度) 17時〜19時の予定です。


お願い:
当日は、筆記用具と電卓(スマホ可)をお持ち下さい。
また、企業サイト等へアクセスするためのパソコンやタブレット、
モバイルルータなどをお持ちの方はご持参下さい。あればで結構です。
(申込フォームにてお知らせ下さい)


注意事項:
当日の録画/録音/写真撮影はご遠慮願います。
講習会場では食事が出来ませんので、昼食は会場外でお願いいたします。


お申し込みはこちら↓↓↓↓(申込フォームが開きます)

 https://goo.gl/XhD1h7


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
   株式会社リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「医療費と運用費」


 先日は久しぶりの検査で大学病院へ行きましたが、相変わらずの混雑ぶりに
驚いた次第です。クリニックの紹介状を持って行ったのですが、それでも結構
待たされました。紹介状が無ければ数時間はザラだそうです。
 担当医に聞いてみると、紹介状も無いままに治療に来ている方も多いし、持
病を持つ年配者が増えているため治療が長引くなどで混雑解消策が無いと仰っ
ていました。

 以前にお付き合いしていた検査専門施設の院長先生が地域クリニックとの連
携を強化する事業を模索していましたが、医療データの管理について様々な規
制が障害になり、且つIT化を妨げる古い勢力の横やりなどによって進展が遅
いと嘆いていました。

 2000年代中頃の事でしたが、高度医療や検査を出来る大型施設が地元の
クリニックから患者を紹介され、検査と必要な治療が済んだらデータとともに
患者をクリニックに返すと言うモデルで、これが進めば無駄な検査が減り、患
者負担も高度医療病院の負担も減ると考えて各方面に働きかけていたそうです。

 ところが、下手に患者を紹介すると自院の患者が減ってしまうと考えるクリ
ニックや、高度施設から出たがらない患者が多いなどの障害が予想以上に大き
かったようです。
 それに加えて医療データのポータビリティーに関する規制が緩和されないた
め医療機関同士のデータのやり取りが出来ず、且つクリニック側では設備投資
を嫌がるなども障害となっていたとの事でした。

 このモデルを専門医の先生方は賛同してくれていたようですが、新しい試み
に尻込みする既存のクリニック(地域開業医、医師会既得権者)や薬局などが
大きな抵抗勢力になっていたとの事。地元開業医にとっては高齢者はお得意さ
んですから、戻って来ないと食い扶持が減ると心配したようです(苦笑)。

 同時に、何処で治療を受けようとも1割負担で済んでしまう(患者負担の少
ない)保険制度が仇となっています。これはうちの老親も毎度言っていること
ですが、軽い症状でも「あれだけ安けりゃ薬局へ行くより病院に行くわ」と言
う通りです。
 掛かる医療費が5,000円か10、000円かの違いなら実費は500円
か1,000円の違いですから、500円の違いなら誰でも立派な病院に通い
たいと考えますね。

 加えて、ここ数年は凄い勢いで整骨院や鍼灸院(マッサージ屋さん)が増え
ています。近所の下町商店街には100メートルくらいの間に4件もあります。
 中には保険適用によりマッサージが安くなりますよと、その価格差を堂々と
看板に掲げて営業している治療院もあります。1割負担のケースと2割負担の
ケースも併記して。
 やっていることは15〜20分程度の単純なマッサージですが、如何にも病
気らしい記述にしたレセプトを書くことで保険適用にして荒稼ぎをしています。
これでは医療費など減るはずもありません。

 では患者の負担割合を増やせば良いかと言えば、負担増を嫌がる高齢者の来
院が減る懸念がありますから開業医は猛反対です。「弱者虐めだ!」と。
 高齢と言う基準だけで全員1〜2割にする必要は無く、弱者は別の方法で守
れば良いと思うのですが・・・。


 どんな議論も十羽一絡げの正論(各論?)を主張する議論に陥り易く、医師
会から最大献金を受けている与党も一緒に反対します。ITの利用促進により
効率化を図れるはずですし、保険適用をしっかり見直さねばいけないのに、デ
ータがガラス張りになり無駄が排除されると困る医療・医薬関係者がロビー活
動を強化します。もう何十年も同じことの繰り返しです。
 悪い連中と言うのは、国の予算を絡め捕るのが一番儲かるビジネスであるこ
とを良く知っています。


 金融も近しいところがあります。
 毎月分配型投信にしても様々な仕組債にしても、可笑しいなぁ〜と感じても
業界利益のために改善が遅れます。そうこうしているうちに世界から取り残さ
れ、投資家は儲からず、世界一の預金残高が有効活用されないまま、いつまで
も老後を心配させて金融機関を潤す施策が続きます。
 かぼちゃの馬車による(恐らく詐欺)被害も形を変えた老後不安の一端と感
じます。

 余談ですが、財務省も弛み切ってますね。20年前の「ドボン、ザブン!」
を思い出しました。
 そもそも、若い(可愛い?)女性記者からの食事のお誘いにノコノコ出て行
き、喜んでお喋りしている省庁トップでは弁解の余地は無いでしょう。驕りも
度が過ぎており、セクハラ発言が有ったか無かったか以前のレベルの話です。
こんな恥さらしは百数十年前なら割腹ものでしょう。本当に情けない。
 ついでに、その録音が「犯罪だ」なんて口走る大間抜け議員まで出てきて…、
これはもう呆れるどころか溜息しか出ません。


 若い皆さん。この老害国家にはもう下り坂しかありません。
 海外で収入を得る力を身に着けるなど頑張ってください。としか申し上げら
れない(無念)。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第15回目「IPO調整銘柄を研究」がアップされました。

 [第15回]「IPO調整銘柄を研究」
 【YouTube】https://youtu.be/zJWut4EXns4
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1524796354


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【世界トップのメーカー!技術に裏打ちされた強い商品力と、収益力を持ち、
決算短信で出遅れ株価が動く期待がある、グローバル企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、高技術力と商品力で、強い収益力がある世界
のトップメーカーながら、同業で出遅れている株価が5月の決算発表で動く期
待がある企業を研究しています。

 また、コラムでは、「『もうはまだなり まだはもうなり』という有名な相
場格言を頭に置きながら、日本株が大底を打つ予兆を見つけようと努力してい
ます。そのなかでコラム銘柄の住友金属鉱山が大きくリバウンドを行いました。
トランプ大統領とロシアの確執がニッケルやアルミ、銅価格の供給不安をもた
らしたことによることが原因のようです。」と題し、相場格言の解説と、現状
の相場に対応する投資行動を語ると同時に、最近のコラムでピックアップした
数銘柄を検証しています。


 さらに、研究銘柄候補の大型株8銘柄と、2月から大きく下落した2銘柄を
ピックアップしています。


 決算発表前の企業研究に最適のタイミングです。ポイントをよく考えて発表
を待ち、上昇の兆しに備えましょう。
 ヒント満載の有料メルマガをぜひご購読下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガが第193号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第193号
が配信されております。


【IPO銘柄動向に加え、個別銘柄詳細チェック3銘柄!!】


【4/23 第193号では】

■相場展望
■IPO銘柄動向
■次世代タバコ事業の急成長で業績向上するトランザクション(7818)
■社会問題の解決を目的に成長を続けるエスプール(2471)
■フィットネス・カーブスの世界総本部を買収したコシダカHD(2157)
■炎の注目株(3銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【4/16第192号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7687


【4/23第193号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7702


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。