億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/04/23

2018/04/24

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/04/23

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
       (本日の担当:炎のファンドマネージャー)


    ◆コラム「新規事業に参入したアドヴァンの勝算」
    ◆コラム「新たに株主優待制度を導入した企業の株価の行方」


===================================


◆コラム「新規事業に参入したアドヴァンの勝算」


 自前の物流センターを保有し粗利率50%という高収益を誇るイタリア仕様
の高いクオリティの建材や石材、住宅資材を提供し着実な成長を示しているア
ドヴァン(7463)と筆者は長い間交流して参りました。

 3月期決算の中でも最短で決算発表を行うことで有名な同社は早くも先々週
に決算説明会を実施しました。

 前期は為替が円高に振れたため3年後以降の為替予約分についてデリバティ
ブ評価損が発生したことで経常利益以下は期初計画を下回る結果となりました
が、内容的には特段悪いものではなく、今期業績も増収増益見通しです。

 同社は自社の物流センターを保有しており、これを駆使した高収益ビジネス
で着実な成長を辿ってきました。昨年から新規に住宅周辺ビジネスの一環とし
てキッチン回りの製品に参入したのも、自社物流センターと自社のショールー
ムを持つためだと考えられます。物流センターを持つアマゾンの住宅機器版と
言っても良いでしょう。そのポイントは以下の通りです。

(このコンテンツは先週の有料メルマガ・炎の投資情報から一部転載しており
ます点をご了承下さい。)


1)年度末に向けた急激な円高が10億円の評価損につながった

 2017年3月末112.2円⇒2018年3月末106.27円
 3年超分の予約について10億円の評価損を計上海外からの仕入れ原価安定
 のためにレバレッジのない単純な為替予約(四半期ごとの時価評価洗い替え
 実施)を行っています。


2)この結果、売上、営業利益ベースまでは期初計画通りになったが、経常利
 益以下はデリバティブ評価損10億円分の発生の影響を受け減益となった。


3)粗利率(49.6%)や営業利益率(27.2%)は若干期初計画を下回
 ったものの高水準を維持。


4)盤石な財務体質を維持

 前期は合計83億円(前々期は43億円)の積極的な設備投資(神宮前1丁
 目、博多ショールーム用地などの土地取得を中心の積極投資)を実施するも
 資本剰余金の増加27億円、自己株処分(1株当たり867円)で31億円
 余り(最終調達額は58億円)を調達し盤石な財務体質を維持。自己資本比
 率74.1%高水準維持。

【主な設備投資状況】

 ◎名古屋新ショールームのオープン(2017年6月)
 ◎神宮前1丁目の土地取得(2017年8月)*本格的な着工は数年後の予定
 ◎ポラリスショールーム(キッチン館)のオープン(2017年10月)
  *キッチン事業スタート
 ◎本社裏の事務所建設(2018年1月)
 ◎福岡支店の新ショールーム用地取得(2018年3月)ほかソフトウェア
  など


5)創業から総額571億円の設備投資を実施。積極的な設備投資が成長への
 原動力に


6)今期も業績は続伸見通し。大型建築案件前期8億円から今期は12.5億
 円に拡大へ。その分、粗利率は47.6%(前期は49.6%)に低下見込
 む。
 東京オリンピック開催に向けホテル需要増が期待され、2018年から20
 19年にかけ想定以上に伸びると見ている。
 今期は4.8%の増収、1.9%の営業増益、21.1%の経常増益を見込
 む。

 EPSは86.2円。為替変動が前期と同様に起きると業績は変化するもの
 と想定されますが、今期末の前提為替相場は前期と同水準(106円)並み
 で想定。ただ、予約は円安方向に向かうとのニュアンス。


7)配当金は今期も26円配当継続。配当性向は30%に低下。

 リスク要因としてはオリンピック以降の需要停滞の可能性ですが、新たにキ
 ッチン分野への参入を図るなど先行的な手を打っており、これが2年から3
 年後に業績に貢献すると期待されますので現在の株価調整局面が長期化する
 とは考えにくい。


8)キッチン製品のショールームを説明会後に自主的に見学。イタリア製の高
 級家具のような高いデザイン性のキッチンの数々を自社物流センター(現在、
 3か所)で加工し提供するビジネス。住宅施主のニーズに対応して一定部分
 は在庫を保有することで売上を確保する予定。まだスタートしたばかりであ
 り試行錯誤のところではあるが、一定のニーズはあると見られ、価格面でも
 他社との比較で対応可能できると見られますので今後のビジネス拡大が期待
 されます。

 アマゾンと同様に物流拠点を持つ強みが今後も生かされようとしています。
 この分野には有力な同業他社が既に存在しておりますが、勝算はありそうだ
 との印象を持っています。

*クリナップ(7955・本社荒川区西日暮里)も富裕層向け世界的プレミア
 ムブランドのイタリア・バルクッチーネの代理専売を開始したようですが、
 原宿に本社とショールームを置く同社とのイメージの違いがあります。また、
 クリナップと違って中国などの海外展開についてはアドヴァンは行っておら
 ず、リスクは限定されています。


9)株価は直近の高値1125円(2月2日)から直近安値945円(4月1
 2日)まで16%下落した後、出直り傾向。

 積極的な設備投資が今期以降の業績にどのようにプラスとなるのかが投資家
 の関心事で、なおも下値模索が続く可能性はありますが、3指標とも市場平
 均を下回る評価となっており、徐々に見直されるものと期待されます。


本日終値:976円 (直近安値945円、高値1000円)
時価総額:453億円 今期予想経常利益60億円 現預金90億円
今期予想PER11.3倍、PBR1.17倍 配当利回り2.66%


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ本日第193号配信!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第193号
が本日配信されました。


【IPO銘柄動向に加え、個別銘柄詳細チェック3銘柄!!】


【4/23 第193号では】

■相場展望
■IPO銘柄動向
■次世代タバコ事業の急成長で業績向上するトランザクション(7818)
■社会問題の解決を目的に成長を続けるエスプール(2471)
■フィットネス・カーブスの世界総本部を買収したコシダカHD(2157)
■炎の注目株(3銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【4/16第192号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7687


【4/23第193号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7702


===================================


◆コラム「新たに株主優待制度を導入した企業の株価の行方」


 IPO後の長期調整局面を抜け出る手法として多くの企業で導入が図られる
株主優待制度。それはクオカードのような準現金配当のようなものや自社製品
の割引といったものまで様々です。

 市場では株主優待制度を活用している個人投資家の話が頻繁に出て参ります
ので多くの投資家の楽しみの一つとなっているものと思われます。


 株式投資のリターンは単純に配当金(インカムゲイン)と値上がり益(キャ
ピタルゲイン)の2通りがありますが、これに株主優待制度が加わり、投資家
は新たな評価をしていくことになります。少なくともないよりあった方が良い
ぐらいの株主優待制度なのかも知れませんが、株価の位置でその評価は違って
きます。


 先週、株主優待制度の導入を発表したクロスフォーの場合はどうでしょうか。

 同社の株価は公開価格730円で、初値が1051円、高値が1810円で
した。1月に2分割を実施しましたのでそれぞれ公開価格365円、初値は
525.5円、高値は905円となります。
 時価は406円で、直近安値は325円でした。つまり406円だと100
株の投資で7月末まで保有すると4万600円の投資で1株7.2円配当
(720円、20%控除後576円)が得られることになるのですが、これに
今回の株主優待品として同社の4500円相当の製品が100株以上の株主に
贈呈されるという点をどう評価するのかになります。

 これによる株価への効果は絶大で公開価格割れで低迷していた株価は一気に
400円台まで上昇してきました。100株投資では4万円が必要になります
が、それに対して576円+4500円だと単純合計で5076円となります。
単純には12%の利回りとなりますが、問題は100株だけの所有株主だけが
メリットを受ける点です。


 これについては株価が400円台に戻った点でのメリットを享受できた点で
カバーされます。ですからたくさん保有されている投資家は株価が発表後の
419円からその日の高値429円で売却行動に出た方もお見えかも知れませ
ん。
 問題は新規に個人投資家が投資するメリットが中長期的に享受できるのかと
言う点にあります。


 これについては、公開初値水準にまで株価が戻る可能性があるのかどうかが
ポイントになります。同社は26日に機関投資家やアナリスト向けに決算説明
会を開催し中間期の業績停滞と通期業績の下方修正の理由、来期以降の業績展
望などを投資家に説明を行います。
 今期業績の下方修正に至った原因の一つである中国での模倣品対策もその際
に社長から述べられるものと思います。

 仮に同社の業績が上場時の水準である経常利益8億円台を回復し更にそれを
上回る収益が確保できるまでになれば評価は大きく変わります。
 時価総額が100億円台になると上場直後から投資されていた株主には更に
メリットがもたらされることになります。そもそも同社の製品に関心のなかっ
た投資家にとっては今回の株主優待制度は改めて関心を呼び戻すことになるの
ではと期待されます。

 既に株主優待制度の発表後の3日間で出来高が400万株近くに達しており、
投資家の入れ替わりが起きていると推察されます。中長期でじっくり同社株を
持とうと言う投資家に入れ替わったのであれば今後の株価推移も安定したもの
となるかと期待されます。

 配当金や優待制度を利用して株式投資を楽しもうという個人投資家の皆さん
が主役となると同社にとっても株主=消費者となって好循環が生まれるものと
期待されます。


 現在、同社の株主は3000名程度だと推察されます。新たに100株×
3000名(30万株分)の株主が加わっただけでも6000名が株主となる
計算です。優待制度で贈られたダンシングストーンを身につけた株主が年末は
あちこちで見られるようになるのかも知れません。


 消費不況下にある宝飾品業界の中で特許化されたダンシングストーンで世界
の市場に参入していこうとする同社は宝飾品業界からファッション雑貨、メガ
ネなど他の業界へと市場拡大を図ろうと準備中です。そうした事業活動の一端
が社長の口から情熱的に伝えられた時に評価はまた一段と高まるものと考えら
れます。


【お知らせ】

 本コラムをいつもご愛読賜り有難うございます。炎のファンドマネージャー
では5月より新たなコンテンツとして「孤独の株式投資」をスタートさせる計
画です。
 これに先立ち、有料メルマガでもプレ配信を予定しておりますのでぜひご購
読のお申込みを賜りましたら幸いです。 http://www.honohfm.com/
 孤独のグルメならぬ「孤独の株式投資」で新たな株式投資の楽しい世界を感
じて頂ければ幸いです。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【炎よりお知らせ】


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第14回目「株式も春の陽気?」がアップされました。

 [第14回]「株式も春の陽気?」
 【YouTube】https://youtu.be/4t2JRJMd9tQ
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/so33079746



 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。