億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/04/03

2018/04/03

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/04/03

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(254)」:石川臨太?
   ◆コラム「"地球温暖化教"と"地球寒冷化問題"」:大原浩


===================================


【山本潤コーディネイト 特許を読んで投資に活かす 知財情報セミナー】


 皆様から要望の多かった、「特許を読む」「特許を投資に活用する」という
テーマでセミナーを開催いたします。

 山本潤氏をはじめ、特許のプロフェッショナルが特許の裏側から読み方、
 活用法までを分かりやすく解説します。
 たっぷり5時間の貴重なセミナーです。

 一段上の投資家になるために、ぜひ受講下さい!


 山本潤コーディネイト「知財情報セミナー」
 日時:4月21日(土) 13時〜18時
 場所:東京都千代田区
 費用:20,000円(税込)

 詳細・お申し込みは以下のリンクをご覧下さい。

 https://peraichi.com/landing_pages/view/patent0421kjn


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(254)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「株式投資をして精神的に苦痛を受けないためのヒント」=
 (有料メルマガ第3回・2009/1/13配信号)

※2009年1月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 株式市場では株価が毎日変動しています。そのために自分の投資額が増えた
り減ったりしていきます。そのためにストレスが発生し、精神的に弱い投資家
はストレスに負けて、資産を減らして、市場から去っていきます。レバレッジ
(借金)を利用した投資で、自己資金以上の借金を負い、負債を抱えて市場か
ら強制退場させられる投資家も少なくありません。また流動性の少ない小型株
(新興市場の株ばかりでなく、東証第一部の株でも、流動性が小さい株はあり
ます)では、資金力のある大口の投資家の投資行動によって、株価が影響を受
けます。強い大口の投資家が、小口で弱い投資家から資金を簒奪しているよう
に感じられることも、よく起こります。

 ビジネスも競争です。それと同じような意味で株式投資も投資家間の闘い、
資金の奪い合いでもあるわけです。そのような意味合いを否定しきることは出
来ません。だから個人投資家は、用心に用心を重ね、精神的にも自分を鍛え、
無謀な投資をしないという克己心を身につけていくべきなのです。

 自動車の運転でもそうですが、余りにも近くを見て運転すると、真っ直ぐ走
ることができないで左右に蛇行してしまいます。少し先(=遠く)を見て運転
することで、真っ直ぐに走れるようになります。

 株式投資でも毎日の資産の増減を気にしすぎ、その増減に一喜一憂しすぎる
と、精神的な負担が大きくなってしまいます。株式投資で少し先を見るという
ことは、どんなことなのか、いつも自問自答しています。

 今時点の結論は、資産価値を調べ、事業価値を定性的に考えて(具体的には
このメルマガでやっているように、過去の利益の蓄積と、いまの事業の内容、
今もっている主力商品の業界シェア、将来の売れ筋商品を作り出す可能性であ
る商品開発力などを、自分で調べて、考えること)納得した後に投資を決定し、
中長期で株を持ち続けることが「すこし先を見て車を運転する」ことに近いと
考えるようになりました。

 最近流行りの四半期ごとの決算短信の結果に振り回されて、企業の四半期ご
との利益の増減で丁半バクチのように短絡的に株を売ったり買ったりするのは
近視眼的投機だと考えて投資としてはやらないと決めています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【創業以来赤字なし!産業に不可欠なモノとサービスを扱う、低PBRの好業
 績グローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、世界中の衣食住に関わるトップシェアの必需
品を作り、一度も赤字を経験していない高収益力を誇り、低PBR高自己資本
比率の優待グローバル企業を研究しています。

 また、コラムでは、「今回の米国株のVIXショックによる調整は、投資家
の目を覚まさせた、良い調整だったと感じます。日本株も4月からはリバウン
ド相場に入りそうです。だから株式相場から撤退する時期は、少し遠くなった。
そんな安心感が自分の中で育ちつつあります。」と題し、過去の大暴落の経験
を振り返ると同時に、高PERなのに今回の下落でも大きく上げている2銘柄
を取り上げながら、現在の市場を分析。最適な投資行動を研究しています。

 さらに、近い将来に大暴落が来るなら、株価が大きく落ちても安心できると
期待出来る企業を2銘柄ピックアップ。それぞれのポイントを分析しています。

 加えて、12月本決算の流動性の高い銘柄を研究銘柄候補として3社取り上
げています。


 軟調な市場を乗り切るために必要な知見は、過去の経験からも多く得られま
す。
 ぜひご購読して筆者の知見を共有して下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第11回目「株の損は株で取り戻せ!」がアップされました。

 [第11回]「株の損は株で取り戻せ!」
 【YouTube】https://youtu.be/-Cp31qXVVxA
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1522379170


 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや話題のRPAホールディングス動向などを5〜6分にまと
めておりますので、ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。



【炎氏がインタビューアーのマネーボイスのクロスフォー記事】


 炎のファンドマネージャーが土橋社長へ突撃した、クロスフォートップイン
タビューが、マネーボイスに掲載されました!
 ぜひお読み下さい。

「踊る宝石」が起こす一目惚れのイノベーション クロスフォー・土橋社長の
世界戦略

 http://www.mag2.com/p/money/379995


===================================


◆コラム「"地球温暖化教"と"地球寒冷化問題"」


Newton(ニュートン) 2018年5月号
 https://amzn.to/2GvZ58M


 Newtonは毎月欠かさず読んでいますが、毎号とても興味深い記事にあ
ふれています。特に、5月号の「ゼロからわかる量子論」の「量子コンピュー
タ」に関する話は、量子コンピュータとは何か(ジョージ・ジョンソン著 早
川書房)の内容を圧縮して整理したような内容でわかりやすいです。

 しかし今回注目したいのは、「太陽の異変と宇宙からの災害:太陽に異変が
おきている?「スーパーフレア」の脅威と弱まる太陽活動」です。

 現在、地球温暖化騒動が始まってからずいぶん時間が経過し、今やそれがカ
ルト宗教のようになっています。

 もちろん、ジーザス(イエス・キリスト)が処女から生まれたとか、水の上
を歩いたとか、はたまたゾンビのように生き返ったということを100%否定
することはできません。

 また、「宇宙人に拉致された」とか「宇宙人に人体実験された」とかいう人々
の話を100%否定することも困難です。この世の中(宇宙)で「ありえるこ
とは無限に存在」するので「絶対にありえない」証明は「悪魔の証明」とも呼
ばれ現実には不可能です。

 「二酸化炭素排出による地球温暖化による危機」という話を否定するには、
上記のように「悪魔の証明」を行わなければなりません。しかし、重要な論点
は「国民に多大な負担をかけて地球温暖化対策を強制するのなら、負担を強い
る側が因果関係を明確に示すべき」ということです。我々の血税を投入すると
いうことだけではなく、企業が対策を講じる費用も最終的には消費者である国
民が負担します。

 私が知りうる限り「地球温暖化論」の根拠は薄弱です。科学雑誌や科学ドキ
ュメンタリーにおいても、「二酸化炭素による地球温暖化」の因果関係を科学
的にキチンと説明したものは見たことがありません。私に言わせれば、彼らの
主張は「風が吹けば桶屋が儲かる」的なもの以上ではありません。

 そもそも、地球の気温は長い歴史の中で大きく変化しています。現在のごく
狭い範囲の気温が「正しい」とする根拠はどこにもありません。それは「人類
がエデンの園にいたのに追い出されたから、エデンの園の状態(気温)に戻ら
ないといけない」というような思考方法と変わりません。地球の気温にも環境
にも「正しい状態」などありません。
 もちろん、北京のような<毒ガスシティ>で暮らしたいとは思いません。し
かし、地球の広大な環境をちっぽけな人類がコントロールしようとすること自
体傲慢で思い上がった発想です。

 あと数度気地球の気温が高いほうが人類にとって都合がよいのかもしれませ
んし、それはだれにもわかりません。少なくとも寒冷地の人々にとって温暖化
はむしろ歓迎される現象といえるでしょう。

 さらに、地球の気温は二酸化炭素以外に「太陽」の動向に大きく左右されま
す。地球の地軸の傾きや公転も重要な要素です。二酸化炭素は地球の気温に影
響を与える要素のごく一部にしかすぎないのです。

 歴史を振り返れば、人類の「歴史」は、氷河期が終わって「温暖化」したか
らこそ始まったのです。現在は氷河期と氷河期の間の間氷期であるからこそ、
人類は生存できているのです。もし再び氷河期がやってきたら人類の文明はた
ぶん崩壊するでしょう。

 もちろん、今後寒冷化するかどうかはわかりませんが、その因果関係に関す
る研究は温暖化に関するものよりも、きちんと科学的に行われ、それなりに説
得力もあります。

 太陽黒点の活動の低下はこれまでにもたびたび指摘されており、1600年
代半ばから黒点が約70年間にわたって姿を消していた「マウンダー極少期」
と呼ばれる時期には地球の平均気温が他の時期に比べて低く寒冷であったこと
が分かっています。
 18世紀以前には温度計による記録などありませんが(「温暖化論」におい
ても同じ)、木の年輪の幅やサンゴ成分、文献に記録された花の開花日などか
ら推定されています。現在は凍ることが無いロンドンのテムズ川が完全に凍り
付く様子も絵に描かれています。

 そして、現在明らかに太陽黒点の活動が衰えてきています。

 寒冷化と太陽黒点の活動が関連するメカニズムは必ずしも明らかになってい
ませんが、推論がこの特集に述べられています。

 少なくとも、その関連性をうかがわせる歴史的記録が「太陽黒点と寒冷化」
にはあっても、「(人類が排出する)二酸化炭素と温暖化」にはありません。
詳細は、ぜひ特集を読んでいただきたいのですが(非常にコンパクトにまとま
っています)、少なくとも温暖化と同等には寒冷化問題を心配すべきでしょう。

 そして、それ以上に心配なのは「スーパーフレア」です。
 1989年3月にカナダのケベック州で起きた9時間にわたる停電は大規模
な太陽フレアが原因ですが、これは本ほんの序の口です。19世紀以前にもさ
らに大規模な太陽フレアが起こっているのですが、当時は現在のように通信網
や電力網が発達していなかったので影響があまりなかっただけです。

 現在のように電力、通信、それにコンピュータが発達した社会では24時間
太陽のフレアの影響を受けただけで、映画のような大パニックになります。
 24時間停電するだけでなく、電話もインターネットもコンピュータもエレ
ベータも電車も使えない状況を想像すればすぐにわかります。

 二酸化炭素以上に心配すべきことは、この世の中に掃いて捨てるほどあるの
です。

 念のため申し添えると、「地球温暖化対策」に熱心な企業はホームページや
会社案内などでその努力を自慢していますが、この主張の欺瞞が明らかになれ
ば、当然マイナスに評価されます。


(大原浩)

*2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立します。HPはこちら https://j-kk.org/


【大原浩の書籍】

★夕刊フジ(産経新聞社)木曜版で連載中の「最強!!バフェット流投資術」
 は、現在応用編を連載中です。

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されまし
 た。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


==================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガが第190号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第190号
が配信されております。。


【盛り上がりを見せるIPO銘柄チェック!!】

【4/2 第190号では】

■相場展望
■2017年12月後半IPO銘柄チェック(7銘柄)
■特別報告:細胞加工の製造受託業に参入したテラ(2191)
■特別報告:ホットマネーがIPO銘柄に集中!?(16銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【3/26第189号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7644


【4/2第190号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7651


==================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。