億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/03/01

2018/03/01

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/03/01号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


     ◆コラム「人生100年時代」:街のコンサルタント


===================================


【お知らせ】


【炎氏がインタビューアーのマネーボイスのアドソル日進記事】


 炎のファンドマネージャーが上田社長へ突撃した、アドソル日進(3837)
 トップインタビューが、マネーボイスに掲載されております。
 ぜひお読み下さい。

「宇宙は夢物語ではない」日本のIoTを牽引するアドソル日進・上田社長の
成長戦略

 http://www.mag2.com/p/money/373327


===================================


◆コラム「人生100年時代」


 まず株式市場ですが、不安定な米国市場の影響を受けて国内市場も乱高下を
繰り返しています。米国市場は今年の1月末頃が高値となるのか?中間選挙を
意識して「まだ下げの局面では無い」との論調があるものの、9年間の上昇に
ピリオドが打たれたとの懸念は拭えない状態が続くと思われます。

 一方の日本市場につきましては企業業績が好調なこともあり、まだ上昇トレ
ンドにあるとのコメントが多いようです。個人的にも、これ以上の円高が続く、
または大きく円高に振れると言ったことが無い限り大幅下落への懸念は余りあ
りません。


 思い返せば1989年や99年、2007年の上昇時は今よりかなりユーフ
ォリックな雰囲気の中で、「こんなに上がるの?」と言われつつも「まだまだ
上がるぞ!」と言う強気が蔓延していました。
 あの頃とは随分と雰囲気が違うと感じます。
 まずは日銀と政府がタッグを組んだインフレ創造政策がまだ続きそうですし、
依然として懐疑派が多いです(^^)

 この機会とばかりに短期資金が指数を振り回しているだけと仮定すれば、あ
とひと月もすれば相場は落ち着いてくるのでは?と考えている次第です。


 さて、著書ワークシフトがヒットとなり気を良くしたリンダ・グラットンさ
ん(^^)が次著ライフシフト(シフトシリーズ)で人生100年時代をテー
マにしました。
 個人的な感想としてワークシフトは、あれはヨーロッパ先進国(イギリス)
の制度を元に想定した近未来図なので(英語を母国語としておらず、官僚利権
が強固で人材の流動性が乏しい日本に住む)私には若干違和感がありましたが、
今度のライフシフトについては「100年人生」と言うキーワードばかりが独
り歩きをしているようです。

 様々な業種がこれに悪乗りしていますが、先端を走るのが大手金融業界です。

 「60歳定年を迎えてから残り40年!」
 「老後破綻に備えて!」

と言う具合に・・・、大見出しで運用を推奨してボッタクリ商品に誘導しよう
と懸命です(苦笑)。

 ファンドラップや(相続対策くらいにしか使えない)外貨建て保険など利ザ
ヤの厚い金融商品の販売に注力しています。

 余談ですが、何故に不動産や保険では露骨な節税対策が出来るのか?何故に
未だにそのような特定の制度を続けているのか?が疑問ではあります。ちょっ
と考えれば色々な既得権が絡んでいるからと分かりますが・・・。

 ファンドラップなんて・・・、要は複数の投信に分けるだけで毎年2%もチ
ャリンチャリンと金融機関に払っている訳ですから、独立系のフィナンシャル
コンサルタントに同額の手数料を払った方が余程タメになるのに、と考えます
し・・・、
 「外貨建て保険は利回りが良いですよ」なんて・・・、FXやMMFを使っ
て資金の大半を外貨預金的なものに置き、残りの一部を使って掛け捨ての保険
にすれば安上がりで同等以上の投資&保険効果があるのですから、よくまあ、
こんなフェイク営業を放置しておくものだと感心しています。

 この金利の無いご時世に、運用は出来るだけコストを掛けずシンプルにしな
くては上手くいきません。大手金融に依存すればするほどコストが増大しリタ
ーンが減ります。
 個人投資家の皆さんは、あれほど莫大な維持費用(立派なビルや設備など)
や人件費、広告宣伝費を見ているのに何故に大手金融を選ぶのか?不思議です。


 まあボッタクリと言えば、厚労省傘下の食品業界や医薬品業界+医師会、国
交省傘下の不動産業界や建設業界、経産省傘下の大手ガス会社や電力会社など、
巨大利権(天下りや予算)に結びつく業界は何処も組織的ボッタクリビジネス
を得意としていますから、財務省傘下の金融機関などは可愛い方かもしれませ
ん。


 個人的には余程の延命医療が進まない限り100年以上も生きる人はそれほ
ど多くは無いと思っています。寝たきりや意識の無い状態での延命は避けたい
ですし(^^;)。
 コストが嵩む(医師会を潤す)延命医療よりも、まずは健康人生を如何に長
くするかの方が大事です。セイフティーネットの整備を通じて老後不安へのス
トレスから解放するためにも、老後の安心を提供する行政を目指すことこそが
社会保障費の削減にも繋がると考えています。
 介護保険を増やせば良いと言った(厚労省を喜ばせる)短絡的な話ではあり
ません。


 あるご夫婦は20万円弱の年金だけで安い公営住宅に住み、自家用車も持た
ず、近所をベースにした楽しい年金生活を送っていらっしゃいます。
 「15万円もあればちゃんと暮らせるよ」と仰ってました。

 「60代までにウン千万円も用意しなければ大変なことになる!」と不安を
煽るよりも「一銭も無くても健やかに老後を送れますよ!」と聞けば、1,0
00兆円もの預貯金や100兆円ものタンス預金を抱えたままボッタクリに怯
えて過ごすより、そのお金を使ってくれることで経済の活性化にも役立ちます。
特殊詐欺も減ります。

 中々お金を使ってくれないから相続税に手を付けたのでしょうね・・・。


 収益拡大まっしぐらの医療・医薬業界の利権を維持したまま、そして厚労省
や族ゴキブリに年金に絡む既得権を与えたまま高齢化に対処しているようでは
社会保障費が増え続けるのも止むを得ません。
 大阪では医療業界(や裏社会)が生活保護世帯を利用してボッタクリを続け
ていることが明らかなのに、これまた医療界の既得権によって手を付けられず
にいます。

 政官財が結託してボッタクリ商売を支援している限り、人生100年に届か
ずとも国民の不安は解消されません。


 堺屋太一先生も仰っていますが、役人の利権が国を滅ぼします。
 多数の歴史が物語っていますね。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【リバウンド始動か?!業績上方修正が期待出来る、技術力あるインフラ系の
 事業を行っており、割安でキャッシュリッチな内需企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、今後の業績伸長が望め、日本中の主なインフ
ラ関連で活躍する技術力があり、低PER低PBRで、キャッシュリッチな業
績上方修正が期待出来る内需企業を研究しています。


 また、コラムでは、「米国株の動きと、ドル円相場の変動に振り回されてい
る日本株ですが、業績上方修正を行った企業の株価が下げたので安く投資でき
るチャンスが増えました。節分天井になりそうだという懸念は当たってしまい
ましたが、彼岸よりも前に底を打って反発してくれる可能性も出てきたような
状況です。」と題し、研究銘柄を選ぶ対象業界の5銘柄を分析すると同時に、
過去取り上げてきた3月優待企業14銘柄のリバウンド状況をチェックし、こ
こからの投資に非常に役立つ情報が満載です。

 さらに、2月からの下落を振り返り、そのような相場に対応するために必要
な心構えや、投資行動を、例を挙げながら言及しています。


 リバウンド相場が期待出来る状況ながら、冷静な判断が必要な局面です。
 ぜひご購読の上、参考になさって下さい。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第185号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第185号
が配信されています。


【企業訪問レポートに決算フォロー!関連銘柄のヒントも!!】


【2/26 第185号では】

■相場展望
■NYダウとNASDAQ
■為替相場と原油価格
■炎の企業訪問報告
■注目の今期好決算見通し銘柄フォロー(3銘柄)
■カブテクと炎のFMによる銘柄コメント(23銘柄)
■浮動株77万株をめぐる変動が続くバーチャレクス・HD株の動向


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【2/19第184号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7563


【2/26第185号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7579


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。