億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/02/01

2018/02/01

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/02/01号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:街のコンサルタント)


     ◆コラム「規制とは何か?」:街のコンサルタント


===================================


【お知らせ】


□[山本潤監修 投資家のためのPython講座 全4回
 20時間プラス徹底的な個人指導!!!]

=Pythonを身につけて、最強の投資家を目指しましょう=
 10名限定の講座です。

 ↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓
 http://okuchika.net/?eid=7529


===================================


◆コラム「規制とは何か?」


 ご存じの通り、今は何でも高齢者からのボッタクリビジネスが一番儲かる時
代です。
 私の両親のもと(実家)にも様々なボッタクリ業者が訪問してきます。
 一見真面そうな有名大手企業グループもボッタクリを目指しています。

 先日は東○ガスバルと言う昨年10月に発足した最大手ガス会社傘下の販売
専門会社の職員が「ガス給湯器の点検で参りましたぁ〜」として点検?をして
帰ったそうです。

 その際に、「もう古いから何時壊れても可笑しくない。」「ついては安くす
るから交換しないか?」と見積もりを置いていきました。
 その中身は、本体30数万円プラス工事費一式込みで47万円のところ35
万円に値引きをします、と言うものでした。母親は夕飯作りの最中でもあった
ため(運良く)直ぐには契約をせず、次の週末にその見積書を私に見せてくれ
ました。

 高いなぁ、と感じたので早速ネットで調べてみると同型の給湯器が7万円程
で売られており、一般の工事業者に問い合わせたら20万円弱で全てやります、
との返事。
 つまり、某販売会社は最大手の名前を出して安心させ「点検」と偽り高齢者
宅を回り、ボッタクリビジネスに明け暮れている訳です。メーカー希望小売価
格は実売価格より30万円も高く、実際には7万円ほどで仕入れるのでしょう。
大幅値引きをちらつかされれば高齢者は騙され易いです。とは言え工事内容は
何処に頼んでも同じ。

 高齢者の皆さんには本当に注意していただきたいと感じた次第です。
 最大手ガス会社系に頼むと倍近くもボッタクられる訳です。
 電力やガスなど彼ら地域独占企業はその独占に胡坐をかき、高コスト体質の
ままボロい(ボッタクリ)商売をしてきました。国民負担を軽減するためにも
規制を見直し、既得権を打破しなければいけません。


 ところで、証券関係者に聞いた話ですが、証券会社の監督庁である金融庁や
自主規制団体(日本証券業協会)などの最近の指導が情けないことになってい
るようです。
 森金融庁長官への忖度が度を越しているというか、拡大解釈と言うか、現実
を見ていない指導が繰り替えされているようです。

 確かに営業の現場では、販売したい一心で(販売ノルマなどにより?)「商
品説明不足」や「リスク説明不足」と言った不備によるトラブルが多数指摘さ
れておりますが、これらの元凶はやはりノルマ営業によるものであり、その大
半は営業員への無理な数字を強要しなければ防げる類のトラブルです。

 証券会社や銀行、生損保、商品先物会社などの金融商品販売業者への指導と
して、最大の問題であるノルマ営業(経営姿勢)を是正する以前に、一般投資
家や特に高齢者(75歳以上)への販売時において・・・

「顧客が承諾したとはいえ、商品性を十分に理解しているのか?説明しろ」

「本当に余裕資金の範囲であると、どうやって判断したのか?」

「健康状態の確認はしたか?文書に残したか?」・・・等々、

と言った・・・現場への無理難題に近い質問や指導が目立つそうです。

 そんな「箸の上げ下ろし」のような事前指導に無駄な時間を費やすよりも、
トラブルがあった場合に、明らかに無理な押し売り販売や虚偽説明などによっ
て顧客が損害を被ったことが確認できた際に強い罰則を与える方が、余程抑止
力が働くのではないか?と感じた次第です。

 行政は昔から事故の未然防止を理由にして、業界への無意味な「指導」を強
化しますが、イザ問題が発生した場合でも短期間の営業停止や勧告、業務改善
命令など・・・結果として悪徳業者には痛くも痒くもないレベルの行政処分で
お茶を濁してきました。
 つまり下手に厳しい処分を決めると、普通の業者の場合には立ち直れなくな
り業界衰退に繋がるため、行政の恣意的な指導(さじ加減)が出来るようにな
っています。同時に事前指導は「自分達はやることはやった」と言う言い逃れ
のための方便でもあります。

 それ故、真面な(善意の)業者には負担ばかりが増し、悪徳業者は野放し…
と言った構図が生まれます。

 一方で、監督側(担当者)にはどんな責任があるのか?と言うと、行政自体
は責任不明確態勢であるため行政側は誰も責任を取らないように、目くらまし
の「今後の防止策」を発表することで幕が引かれます。結果として、被害者の
大半が泣き寝入りせざるを得ず、同時に業界を守ったことで監督官庁は相変わ
らず天下り先を確保し続ける・・・ことの繰り返しになります。

 どこの省庁も意図的な詐欺や法令違反をする悪徳業者じゃない限り業界を守
ろうとします。罰則によるダメージで傘下業界が弱体化してしまうと美味しい
天下り先が減ってしまうからです。これら業界保護の悪弊により縦割り村の利
権が維持されています。

 森長官の真意から徐々に外れ、金融行政は形式ばかりが目立つようになりま
す(呆)。


(街のコンサルタント)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。また、当該情報は執筆時点での取材及び
調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/stuweawesl
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。
 (今週は合併号のため、休刊となっております)


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【好業績で上方修正が期待できる銘柄と、キャッシュリッチで割安な銘柄の
 2本立て!】


 先週配信の有料メルマガでは、今週との合併号として二つの研究銘柄を掲載。
 一つ目は、好業績で、保守的な業績予想のため情報集積が期待でき、さらに
増配も期待出来る優待企業を取り上げています。
 二つ目は、地方発のグローバル企業で、キャッシュリッチで最近上昇傾向を
見せ始めた十分に割安な企業を取り上げています。


 また、コラムでは、前号に引き続き、過去のコラムを引用しながら、研究銘
柄やコラム銘柄、その他掲載銘柄の情報をどのように活用したらいいか提示し
ています。

 さらに、30年以上にわたる経験値から導き出した、投資家として持つべき
7つの資質を挙げ、それを身につける努力の重要性に言及しています。

 加えて、研究銘柄候補として「3月決算企業のうち、カタログギフトがもら
える優待銘柄」から11銘柄をピックアップするとともに、あるセクターから
も4銘柄を研究銘柄候補として挙げています。

 合併号ならではの大ボリュームで大変にお得です。

 ぜひこの機会にご購読を!


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)   http://okuchika.jugem.jp/?eid=6721
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007

過去サンプル(コラム)
・業績に不安が無い企業に投資家が資金を投下し始めた可能性(2016/10/04)
 http://okuchika.net/?eid=6612
・新たな金融政策で、出遅れている日本株の見直しに期待(2016/09/27)
 http://okuchika.net/?eid=6598
・特別掲載 バランス・シートを読むための簡単な知識(2)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4935
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/10/30)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第181号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第181号
が配信されています。


【企業独占取材レポート!2月IPO企業の情報も!!】


【1/29 第181号では】

■相場の潮流
■炎の企業報告(2銘柄)
■2017年1−3月IPO銘柄動向(5銘柄)
■2月のIPO(2銘柄)
■岐阜造園(1438)訪問を前に


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【1/22第180号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7507


【1/29第181号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7519


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。