億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/01/23

2018/01/24

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/01/23

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
         (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


   ◆コラム「有料メルマガライブラリから(246)」:石川臨太?
   ◆コラム「ドラッカー18の教え 第11回」:大原浩


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(246)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「しっかりと調べて買ったなら、辛抱することも大事」=
 (有料メルマガ第452回・2017/10/03配信号)

※2017年10月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


 私はすでに30年以上株式投資を行ってきましたが、まず思い通りにいかな
いのが株価の動きだと思っています。


 だからあまり売ってから大きく上げた株のことで落ち込むことは殆どなくな
りました。悔しいとは思いますが、その思いを引きずることが無くなったので
す。

 ただ悔しいという思いが、自分を投資能力アップのための努力の原動力にな
ることまでは忘れていません。『つぎは失敗しないぞ、しっかり株価の上昇を
しっかりと取るぞ。』という強い情念が自分の能力を大きく向上させます。

 だから若いころに学んだ多くの事を思い出しながら、目標を高く掲げて人生
後半の株式投資の戦略を準備しているところです。


 ローマの賢人皇帝マルクス・アウレリウスは
『この世において汝の肉体が力尽きぬのに、魂が先に力尽きるのは恥ずべきこ
とではないか』
という言葉を残しているそうです。

 株式投資も人生も七転び八起きの精神でいくしかないのだと思います。
 そして自分の魂が肉体より先に力尽きることが無いように、気力を温存する
ための強化策をコツコツと積み上げていくことが、60歳を過ぎた今こそ大事
なことなのだと考えて実践しています。

 ギリシャの哲学者エピクテートスは
『幸福への道はただひとつしかない。意志の力でどうにもならないことは、悩
まないことである。』
と説いていたようです。

 そしてエピクテートスより後の時代の多くの哲学者たちは、これを
『不幸になったとき、うまくあきらめるのが一番いい。納得することだ。「不
幸」を「不幸」と思わないことにすることだ』
と解釈するようです。


 私はそのようには考えていません。
 私の解釈では自分の力でどうにもならないことに「ぐじぐじして、腐って、
自分の生を惨めなことにするような愚かなことはするな。いま自分のできるこ
とに全力を尽くせ。そうすれば必ず道は開ける。悩んでいる暇があったら、才
能を磨け」ということだと解釈しています。

 例えば登山家が自分の登山家としての夢を実現するために、憧れのエベレス
トに登頂するという目的(=ビジョン)を描いたとします。そのためにはどん
な準備をして実現を目指すのでしょうか。

 エベレストのような高峰を征服するためには、綿密な準備が必要ですが、ま
ず何時登頂するかという最終期限を決めることが必要です。「散歩していたら、
いつのまにかエベレストに登ってしまっていた」などということはありえない
のです。

 ただ株式投資では『投資をしたことを忘れていた株が、いつのまにか10倍
になっていた。』ということは、可能性としてあります。そこが株式投資の悩
ましいとことろだし、素晴らしいところでもあるのです。

 しかし、そのようなことは例外なのだと考えて、しっかりと目標を立てて、
準備を積み重ねていくことのほうが、夢を叶えるための堅実な道であると考え
るべきだと思っています。

 堅実に夢をかなえていくためには、まず夢を具体的に描き、最終期限を決め、
その最終期限までにどんな準備をするかを期限から逆算して決定していくこと
が必要です。

 そして、それぞれの区切りの点が目標となります。
 いつまでにメンバーを募るか。何時までに所持する設備を決定し、何時まで
に購入し、どのようにエベレストに運び込むか。その資金はどうするか。自分
の体力はどのように鍛えていくか。訓練はどのように実施していくか。

 私は登山をしたことがないので登山については具体的に詳しく説明できませ
んが、素人でも超えなければならないハードルがたくさんあることが分かりま
す。

 いくつもあるハードルを越える期限をひとつずつ目標として計画に落とし込
んでいくことが必要になることは分かっています。

 株式投資でもそうですが、何か事を成そうとするなら、目的=ビジョンを明
確に描き、そのビジョンを具体化するための目的、目標を決め紙などに書き出
すことが大切です。

 ビジョンは夢のゴールです。そして目標はゴールに到達するための通過点と
いうことになります。

 ゴールを決め、そのためにはいつまでに何をするかをゴール近くから設定し
ていくことがゴールに一番早く到着するコツなのです。

 まず夢(=ビジョン)ありきです。何のためにその夢を達成したいかを明確
にしておくのも大切です。何のために、なぜその夢を達成したいのか、その動
機をしっかり把握しておくことが必要不可欠です。

 しっかりと動機付けをして明確に描いたビジョンは信念を生みます。
 そして信念は勇気を呼び起こしてくれます。


 私は株式投資というのは自分の夢を達成するための手段の一つだと考えて、
若いころから取り組んできました。これからも自分の人生の最後のコーナーを
充実して生きていくための大切な手段だと考えて、株式投資で利益を上げるた
めの努力を続けていこうと思っています。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【好業績で上方修正が期待できる銘柄と、キャッシュリッチで割安な銘柄の
 2本立て!】


 本日配信の有料メルマガでは、次週との合併号として二つの研究銘柄を掲載。
 一つ目は、好業績で、保守的な業績予想のため情報集積が期待でき、さらに
増配も期待出来る優待企業を取り上げています。
 二つ目は、地方発のグローバル企業で、キャッシュリッチで最近上昇傾向を
見せ始めた十分に割安な企業を取り上げています。


 また、コラムでは、前号に引き続き、過去のコラムを引用しながら、研究銘
柄やコラム銘柄、その他掲載銘柄の情報をどのように活用したらいいか提示し
ています。

 さらに、30年以上にわたる経験値から導き出した、投資家として持つべき
7つの資質を挙げ、それを身につける努力の重要性に言及しています。

 加えて、研究銘柄候補として「3月決算企業のうち、カタログギフトがもら
える優待銘柄」から11銘柄をピックアップするとともに、あるセクターから
も4銘柄を研究銘柄候補として挙げています。

 合併号ならではの大ボリュームで大変にお得です。

 ぜひこの機会にご購読を!


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「ドラッカー18の教え 第11回」


産業新潮 http://homepage2.nifty.com/sancho/
2月号連載記事


■短期の現象にシステムは無い。あるのは混沌だけだ。


●複雑系とは何か

 「短期の現象にシステムは無い。あるのは混沌だけだ」、そしてその混沌の
中で「長期の時間軸をとればはっきりとしたトレンドが現れる」ということを
説明するには、どうしても「複雑系」の理論に踏み込まなければなりません。

 読者の方はすでによくご存じかもしれませんが、「複雑系」の定義をおさら
いしてみます。

 複雑系=『お互いに関連する複数の要因が集まった系。全体としてなんらか
の性質などを見せる。しかしそれらの(全体としての)動きは、個々の要因や
部分からは明らかでないもの』。

 このように説明されると、「いったいなんじゃそれは?」ということになっ
てしまうと思いますが、例えば気象について考えればわかりやすいと思います。

 例えば明日の天気がどうなるかを予想するのに、夕焼けをあてにしたり下駄
を跳ばす人もいるでしょうが、そのようなことに頼らざるを得ないほど「明日
の天気」の予想は難しいものです。最近は天気予報の精度がかなり上がってき
てかなり信頼できますが、それでもいつも当たるわけではありません。

 それに対して、もっと長い1年という期間の予想を考えてみましょう。
 例えば、今8月だとして、来年の8月に夏がやってくることはほぼ100%
確実だと言えます。天気予報を聞くまでもありませんし、ましてや下駄を跳ば
す必要もありません。

 なぜ、短期の予測は困難で、長期の見通しをたてることは可能なのでしょう
か?
 例えば、中央区の明日の天気というような「狭い範囲かつ短期の予想」は
「法則性が無い」から困難であり、逆に来年8月の日本の季節というような
「広範囲かつ長期の予想」は「法則性」を見出すことができるから、予想が可
能ということです。

 もうひとつ複雑系のたとえ話で有名なものをとり上げれば、「バタフライ・
エフェクト」があります。これは、例えば赤道上で羽ばたいたアゲハチョウの
起こした風のさざ波が、最終的に大型の台風になることもあるというたとえで
す。
 まるで「風が吹けば桶屋が儲かる」式の思考実験ですが、大事なのは「風は
いつも吹いているが、どの風が桶屋を儲けさせるのかわからないし、世界に無
数に存在する蝶のどの羽ばたきが台風につながっていくのかわからない」とい
うことです。

 しかし、無数にある短期的現象の一つがトレンドを形成し、台風となった後
の動きは、比較的容易に予想できるということです。


●無から有が生まれる

 複雑系に踏み込んだついでに、もう少し科学的な思考を続けてみましょう。
 般若心経では「無は有であり、有は無である」と、はるか昔に看破していま
すが、「無は有である」という考え方は、何も宗教や哲学の世界だけの話では
ありません。現代の物理学においても「無は有である。無から有が生まれる」
という考え方は、主流の学説になっています。

続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
2月号をご参照ください。


(大原浩)

*2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立します。HPは先行して2月にはアップされます。


【大原浩の書籍】

★夕刊フジ(産経新聞社)木曜版で連載中の「最強!!バフェット流投資術」
 は、現在応用編を連載中です。

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)が発刊されまし
 た。
 http://amzn.to/2f7AZkD

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


==================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第180号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第180号
が配信されています。


【最新の企業取材報告レポート!新鮮な情報をぜひ!!】


【1/22 第180号では】

■相場の潮流
■炎の企業報告(3銘柄)
■今回訪問できずに終わった企業(1銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


【1/15第179号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7491


【1/22第180号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7507


==================================

 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。