億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2018/01/19

2018/01/20

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2018/01/19号
              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:水島寒月)


        ◆コラム「市場潮流」:水島寒月


===================================


◆コラム「市場潮流」


 今週(1月15〜19日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で154
円24銭上昇し(率にして0.65%の上昇)、2万3808円06銭で取引
を終えました。2週間ぶりの上昇です。

 週初の15日(月)は、前週末12日(金)に米国の主要株価指数が軒並み
最高値を更新したことを好感して、日経平均株価は4日ぶりに反発。続く16
日(火)も大幅高(前日比236円93銭高)となり、91年11月15日以
来、約26年ぶりの高値を付けました。
 17日(水)、18日(木)は利益確定売りに押されて続落。18日は、前
日17日の米国株市場でNYダウが初めて2万6000ドルを突破したことを
受け、日経平均株価も一時約26年2カ月ぶりに2万4000円台に乗せまし
たが、大引けにかけては高値警戒感から利益確定売りに押されました。

 週末19日(金)は3日ぶりに小反発。米国の長期金利の上昇を背景に、金
融株が買われました。


 先週も述べましたが、世界経済の拡大基調、企業業績の好調を背景とする日
本株の先高感は変わらないとみています。ただ、さすがに高値警戒感は根強い
ですね。

 来週は、3月本決算企業の第3四半期決算の発表が本格化します。好決算が
相次ぐものとみられますが、これらを背景に当面は日経平均株価で2万400
0円弱の水準で値固めが続くものと予想します。業種別では金融株に注目した
いと思います。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【上方修正期待!エコ関連で好業績の低PER低PBR企業を研究!】


 今週配信の有料メルマガでは、地方発信ながら好業績で利益伸長が顕著で、
今後も注目される省エネエコ関連の事業を行っており、過去の状況から業績の
上方修正が期待出来る、低PER低PBR企業を、研究銘柄として掲載してい
ます。


 また、コラムでは、「2018年の大発会の日から日本株は大きな上昇をス
タートしました。この良い流れに上手に乗るためにも、投資家の資金が集まり
やすい(=その企業が儲かって業績を上げる)と誰もが考える銘柄を選んでい
きたいと考えています。」と題し、本日億の近道掲載の内容に加え、株価上昇
のためのカタリストを具体的に挙げ、どのような銘柄に分散投資すべきか、現
在の市場を前提にした投資戦略に言及しています。

 さらに「損するリスク」「儲けそこなうリスク」のどちらを選択するかとい
う話題や、先回り投資の成功パターン等にも触れています。

 加えて、3ヶ月前の有料メルマガを題材に、研究銘柄やコラム銘柄の検証と、
それ以外の有料メルマガ活用法などを研究し、新たな研究銘柄候補を3銘柄抽
出します。さらに某セクターから3月優待の3銘柄を研究銘柄候補として取り
上げています。

 ぜひご購読下さい。
 

有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)   http://okuchika.jugem.jp/?eid=6721
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007

過去サンプル(コラム)
・業績に不安が無い企業に投資家が資金を投下し始めた可能性(2016/10/04)
 http://okuchika.net/?eid=6612
・新たな金融政策で、出遅れている日本株の見直しに期待(2016/09/27)
 http://okuchika.net/?eid=6598
・特別掲載 バランス・シートを読むための簡単な知識(2)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4935
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/10/30)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第179号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第179号
が配信されています。


【今の相場の有力株情報満載!既出銘柄フォロー情報も!!】


【1/15 第179号では】

■相場の潮流
■炎にお任せ!!(3銘柄のフォロー&新規活躍期待1銘柄)
■炎の先回り買い銘柄(7銘柄)
■炎セミナーの概要
■調整中だった2016年IPOの注目5銘柄は早くも動意含み(5銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【1/9第178号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7481


【1/15第179号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=7491


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まとめ読
みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。