億の近道

個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を。執筆陣は現役の証券・金融業界の人間ばかりです。プロの目から見た各種分析や銘柄を参考にして、「億」の資産を目指しましょう!既に読者は1万人を越えています。各種コラムやイチオシ銘柄が大好評。濃い内容に自信有り。

全て表示する >

億の近道 2016/12/28

2016/12/28

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2016/12/28

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
      (本日の担当:式町みどり&水島寒月&Bコミ)

   ◆コラム「為替市場動向〜申年から酉年へ〜」:式町みどり
   ◆コラム「年末挨拶」:水島寒月
   ◆コラム「来年の展望」:Bコミ


===================================


【お知らせ】


 本号が億の近道年内最終号となります。

 本年もご愛読ありがとうございました。
 よいお年をお迎えください。

 なお、年始は1月5日から配信開始いたします。


===================================


◆コラム「為替市場動向〜申年から酉年へ〜」


 今年も残すところ4日、市場は2日半でクローズを迎える頃になりました。
 読者の皆さまには、今年はどんな年だったでしょうか? 


 米国の次期大統領にトランプ氏が選ばれて以来のトランプ・ラリー相場は、
海外のクリスマス休暇入りで一服。年末と正月休みを控えてクローズ体勢に入
った日本市場。一方で、休暇明けの海外プレーヤー達が入れ替わりに参加して
きます。彼らがどう出てくるかが注目される中、市場が薄くなるので急激な動
きに要注意でにあります。


 さて、今年のドル円相場。年末、このままで終われば、ほぼ『往って来い』
に近い相場になります。それにしても、今年は事前予想に反することに振り回
された一年でした。終わってみれば、長い相場の流れの中で必然的に起こった
事象とも思えます。

 年初は120円台から始まり、原油安や中国株安によるリスク回避で2日後
には117円台へと。1月に日銀のマイナス金利政策が導入されるも結果とし
て相場には逆効果。
 その後は、数々のチャート上の支持線を破り、極め付けは6月の英国のEU
離脱の是非を問う国民投票で大方の予想に反して離脱派勝利。ドル円は99.
02という今年の安値を示現。今年前半は、昨年までの相場を崩す相場が続き
ました。

 年央に政府・日銀による『ヘリコプターマネー』政策導入か?の憶測が飛び
出しました。円安反転する場面もあるも、パワーは限定的。その後は100円
〜105円のレンジ相場を続け、11月のあの米大統領選に。

 トランプ氏が大統領になる予想をしていた人たちは結構いたと思いますが、
その後のトランプ・ラリーを予想していた人は少なかったと思います。だから
こそ、これだけのエネルギーで市場が動いたとも言えます。


 ところで、今年も常に注目された米国の金融政策。
 年初の利上げ予想は2〜3回でした。政策当局は、米国経済指標次第で判断
すると繰り返しました。しかし、中国経済やGREXITによるリスク懸念に
も考慮して、結局年末の1回に留まりました。

 12月14日のFOMCで来年の利上げペースを3回と考えていることが伝
わり、ドル金利は長期金利(直近の10年物米国債は2.57%)のみならず、
短期金利も上昇ペースを速め、直近(年末越え要因もありますが)3か月物
LIBORは1%まで上がっています。
 ドル金利の上昇は、ドル相場の下支えとして働きます。対円だけでなく、ド
ル指数(貿易相手国の貿易規模等も含めた総合的なドル価値)は2003年以
来の103台をつけ強い展開ですが、スピード早過ぎでもあります。


 11月からのトランプ・ラリー、政策効果の先行期待で超スピード展開。
 普通ならどこかで調整が入ってもおかしくないと思います。

 1月20日の就任式を経て、まず注目されるのは、2月から3月あたりに発
表される予算教書。その後、議会との協議が続き、オバマ大統領旧予算からト
ランプ大統領新予算へと移行するのは新年度入りの10月になります。

 議会の多数派は共和党。共和党は、基本的に小さな政府、均衡予算を支持し
ます。共和党主流派とトランプ新大統領がどう渡り合うのか?
 注目は実務に移っていくものと思います。相場もそれを見ながらの展開にな
るでしょう。

 また、初のビジネスマン出身大統領。経済のみならず、外交にどうでるか?
 トランプ流やりかた、これまでの知識で予想を立てない方が良さそうです。
 利益優先だけは確かでしょうが。


 一方、前回のコラムでも記しましたが、来年は選挙が続くEUにも注目です。

 イタリアの問題金融機関への公的資金導入が当初の予想よりも多くなること
が昨日報道されました。欧州金融危機以来、さまざまなサポート体制を整えて
きたEUなので、金融危機のリスクは減少していると思います。
 一方で、今月初のイタリア国民投票では、結果、改革頓挫することになりま
した。今後のEU不安は金融不安というよりも、政治に注目が集まることにな
るでしょう。難民問題やテロ事件による社会不安で閉鎖的な傾向も伝えられて
いますので尚更です。

 3月のオランダ総選挙、5月はフランスの大統領選挙と6月の議会選挙、ま
た8月にはドイツの総選挙も続きます。3月末は英国のEU離脱申請期限です。
離脱にからんだ交渉も本格化しますし、動きも見えてくるでしょう。


 来年は日欧の金融緩和政策の変化にも注目しておきたいと思います。更なる
緩和期待は後退して、新しい年は過去に類を見なかった金融政策の出口に注目
されるのではないでしょうか。


 来年は酉年。『申・酉騒ぐ』の格言通り、予想だにしない事象でさらに騒が
しい年となるかもしれません。

 冷静に見極める目を持って、チャンスを逃さず参りましょう。


 今年もご愛読ありがとうございました。
 皆さまにとって新しい年が素晴らしい年でありますように、
 健康と幸運を祈念申し上げます。

※12月28日東京時間午後1時執筆
 本号の情報は12月27日のニューヨーク市場終値ベースを参照しています。
 なお、記載内容および筆者見解は参考情報として記しています。


式町 みどり拝


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/phaeuounio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「年末挨拶」


 本年一年間ご愛読いただき、ありがとうございました。

 いや、とにかく波乱の年でしたね。
 トランプ氏の米国大統領選での当選を契機に、世界経済はインフレ色を帯び
始めました。

 よく「貯蓄から投資へ」という掛け声が聞かれますが、現在の日本人の金融
資産のポートフォリオは、インフレに対し、弱いように思います。
 来年は「資産内容の再構築」を考えたいですね。


来年も何卒宜しくお願い申し上げます。


(水島寒月)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


◆コラム「来年の展望」


 今年は年初からオイルマネーと思われる外国人投資家の売り越し、為替の円
高方向への推移により、大きく下落したが、7月の日銀のETF買い入れ増額、
想定ほど円高の影響を受けない企業業績を確認したことで株価は上昇。

 米大統領選でトランプ氏が選出されると政策期待で為替がドル高円安方向へ
推移。

 米国株高の影響も受け日経平均は一段高。このままいけば日経平均株価は陽
線となろう。


 来年も今年と同様のBOX相場を想定。

 トランプ氏就任から材料出尽くしの利益確定売りと欧州の選挙、中国リスク
などテールリスクが顕在化することにより為替の円高とリスク回避の売りが進
むだろう。

 年後半場米利上げによる日米金利格差の拡大による円高から日経平均は復調
レンジは15500円−21000円を見込む。


 戦略はBOX相場を想定することから個別株戦略と押し目買い
 ・低位株
 ・高配当株
 ・インバウンド&カジノ

 セクターは自動車セクター、今年パフォーマンスが悪かった海運と鉄鋼に
注目。


(Bコミ)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/ciowaijeak
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【今回は2本立て!ともに低PER低PBRで、資産を多く保有している、国
際的な企業と内需企業の2銘柄を研究!】

 今週配信の有料メルマガでは、年末年始スペシャル2本立てです。

 まず、業績が好調、低PER低PBRで、グローバルに展開する財務基盤が
強い配当優待企業を、研究銘柄として掲載しています。

 もう1社は、伝統的な事業ながら新分野も好調で、低PER低PBRで、ど
のような環境でも黒字を維持できる、内需100%の優待企業を、第2の研究
銘柄として掲載しています。

 また、コラムでは本日一部掲載したとおり、「株式市場が大きく下落してい
るときにファンダメンタルズから割安だと確信できる企業を選んで分散で投資
を行えば、その後やてくるリバウンド相場で大きく稼げる。いつも株式市場の
暴落の時にこころの拠り所にしている鉄則が2016年の日本の株式市場でも
確認できました。このことを心に刻んで来年も株式投資と向かい合っていきた
い。」と題し、過去の経験則を踏まえた上で、2016年の自身の投資行動を
振り返ると共に、節税のテクニックにも触れています。

 さらに、下値が限定的な可能性の12月の優待銘柄10社や、12月本決算
の非優待銘柄5社、そして将来の研究銘柄候補として9銘柄を取り上げていま
す。


 木曜日までにご購読の方へは、もれなく最新号を差し上げます。


【2016研究銘柄パフォーマンストップ3】

 1月12日〜11月22日配信分 全45銘柄 12月16日現在

 1位 エージーピー(9377)+233.33% 3月29日配信
 2位 エージーピー(9377)+213.68% 8月9日配信※
 3位 東京ラヂエーター製造(7235) +117.09% 7月5日配信

 ※この銘柄は2回配信しました。

 パフォーマンス分布
 +100%以上   3銘柄
 +50%〜100% 2銘柄
 +25%〜50% 14銘柄
 +10%〜25% 15銘柄
    0〜10%  8銘柄
 0%以下      3銘柄

 42勝3敗となりました。なお、配当・優待は加算しておりません。


 コラム銘柄は、261勝9敗でした。コラム銘柄の最高パフォーマンスは、
 7月26日配信メガチップス(6875)の+121.06%でした。

 コラム銘柄パフォーマンス分布
 +100%以上    1銘柄
 +50%〜100% 31銘柄
 +25%〜50%  66銘柄
 +10%〜25%  98銘柄
    0〜10%  65銘柄
 0%以下       9銘柄


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)
・業績に不安が無い企業に投資家が資金を投下し始めた可能性(2016/10/04)
 http://okuchika.net/?eid=6612
・新たな金融政策で、出遅れている日本株の見直しに期待(2016/09/27)
 http://okuchika.net/?eid=6598
・特別掲載 バランス・シートを読むための簡単な知識(2)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4935
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/10/30)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235
・現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4245


===================================


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第125号配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第125号が
好評配信中です。


【昨年のIPO銘柄を研究!】


【12/26第125号では】

■2017年の株式相場・為替・原油先物相場展望
■厳選2015年のIPO銘柄セレクト5
■特別提言:この会社が株主優待制度を充実したら株価はどうなる


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
 → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


【12/19第124号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=6753


【12/26第125号を読む】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://okuchika.net/?eid=6768


■お知らせ
 2017年1月1日より、諸般の事情により、購読料を内税から外税へ変更
することとなりました。なお、12月30日申込分までは内税での購読料で承
りますので、ご購読をご検討の皆様は、お申し込みをお急ぎください。
 ※12月30日12時30分よりシステム切り替えのため、
  お申し込みが一時停止いたしますので、あらかじめご了承ください。

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


==================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、最新〜2005年1月分まで掲載しておりますが、
順次過去分を追加していく予定です。コメントなどはつけられませんが、まと
め読みなどに是非ご利用下さい。
 http://okuchika.net/

===================================

 「億の近道」は特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムの登録商標
です。この名称での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。
==================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:週5回発行  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。