経営

〜ビジネスに効く!〜 『言葉のお薬』

たった一言でも、人を幸福の絶頂にすることもできれば、不幸のどん底まで落とすこともできます。この違いはビジネスにおいては決定的です。『ビジネスに効く!言葉のお薬』では、言葉の悩みに毎週答えていきます。

全て表示する >

言葉のお薬 [2007/06/05] 継続は力なり

2007/06/05


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         〜ビジネスに効く!〜 「言葉のお薬」
           http://www.ohanashi.co.jp/mm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     2007/06/05号 読者数:5,085

───────────────────────────────────
 「言葉のお薬」は、日本話し方センター創業者、所長江川ひろしの
 「心」を継承していく毎週火曜日発行の週刊メールマガジンです。
 ビジネスにおける効果的な「言葉」の使い方を一緒に考えていきましょう。
───────────────────────────────────

■ 「継続は力! 私は変わった」
───────────────────────────────────

「山本、もういい、後は私がするから」
昨年の12月、社内会議での課長からのひと言です。

私は公の場になりますと緊張のあまり、尋常でないくらい声も身体も震えてし
まいます。そのためすぐにその場で担当を外されてしまいました。私は屈辱に
震えました。何とか「あがり」だけでも直したい! この思いで教室に通い始め
ました。

1ヵ月半ばを過ぎても、まだ会議では緊張からくる失敗を繰り返していました。
“やはり、自分は努力しても能力がないのではないか”そう思い始めたときで
す。講義の中で、

「人間の脳は新しい勉強を始めてもすぐに成果がでるものではありません。こ
の時期に繰り返し真剣にしておくことが大切です。そうすると、ある時からグ
ーンと加速がついてきます」

この言葉は、今まで自分を信じることを忘れていた、私の暗い心の中に、明る
い希望の光を灯してくれたのです。何だか胸がとても熱くなりました。

“よーし! もっと自分を信じて素直に努力してみよう・・・”

私はすぐに二つの誓いを立てました。
一つは絶対、休まない。二つは実習の十分な準備をする。
この二つのことを守ることにより、いつかグーンと急上昇する自分を強く思い
続けました。原稿は練りに練り、声に出して一日30回以上練習しました。

先日のことです。いつもの会議が始まりました。まだ私は担当を外されたまま
です。

「山本! 頼んだ調査はできたか?」
「はい、報告いたします。調査の結果はお手元の資料のとおりです。5項目あ
ります。そのうち問題2と3について補足説明いたします」

課長が笑顔でうなずきながら聞いています。

今。私は上昇カーブがグンと上向きになりつつある自分を感じることができま
す。屈辱をバネのしてきてよかった! あの言葉を聴いて自分を信じ、勉強を
続けてよかった!

これからも3ヵ月以内に担当に復帰させてもらえるように努力をいたします。

“継続は力”私は変わりました。

  (平成19年3月『話し方教室』修了式成果発表コンクールより一部抜粋)


■ 今日のポイント「継続は力なり」
───────────────────────────────────

講義の中で「声に出し、30回、時間を計って練習してください」と申し上げ
ています。この30回という数字が微妙です。

そもそも、学習量と成果は正比例していないようです。一回の練習ではほんの
少ししか上達しないのが現状です。
一回練習して、ワンランクアップすればやる気にもなるのですが、どうやら人
間の脳のメカニズムはそうはできていないようです。

ですから、「30回練習してください」とお願いしても、思ったように成果が
上がらないことに嫌気がさして、途中で練習を止めてしまったり、“ほんとう
なのだろうか?・・・”と信じられなくなって練習ストップにということにな
ってしまいます。

でもあきらめずに練習を続けていると、不思議なことに20回を過ぎたころか
ら急にグーンと上昇カーブを描くようになります。
人によって違いはありますが、声に出して、30回練習をすると、気持ちのよ
いくらい、話の内容が頭に入ってきます。それと合わせて話の内容も整理され、
きちんとした話にまとまってきます。

さらに充分に準備をしたという心の余裕が、人前に出ても上がらずに堂々とス
ピーチができる自分に変わっていくのです。内容も聞き手にわかりやす話にな
ります。

先にご紹介した方のように、信じて練習をした方は必ず良い成果を手にしてい
ます。

前回まで「エー」とか「あのー」というムダなことばグセを、2分間のスピー
チの中で、36回も言っていた方でも、30回練習を繰り返すことで「エー」
とか「あのー」というムダなことばグセが一度も出ない、実にスッキリとした、
わかりやすい話ができるように変わっていきます。

聞き手にわかりやすい話をすることは、聞き手に対する「思いやり」でもある
のです。

“信じて行ってみる”“あきらめずに継ける”

まさに“継続は力なり”です。


※生き方を変える話し方教室開催中です。無料見学も歓迎いたします。 
 スケジュールは次のページをご確認ください。

・話し方教室スケジュール
 http://www.ohanashi.co.jp/class.apply.php


■編集後記
───────────────────────────────────

先日取材をしていただいた、「月間OLマニュアル7月号」に近況を書いてほし
いと依頼がありました。
そこで、清水哲太郎・森下洋子さんご夫妻のバレエを拝見したことを認めまし
た。

「森下洋子さんの動きの美しいこと。首から背中にかけてのラインの美しさに
ため息のでる思いでした。
それは50数年の時をかけて、ひとつ、一つていねいに積み上げてこられた、
本物の美しさであり憧れとともに畏敬の念さえ感じたひと時でした。
人の前に立つこともある私にとって、良き学びであり、また一つチャレンジす
ることがふえました」

50数年という長い、長い時を重ねてこその美しさ・・・
それはまさに「継続は力なり」です。

見果てぬ夢に終わるかもしれませんが、一歩、一歩積み重ねてゆくことを楽し
みたい・・・そんな思でおります。

今週もよい時をお過ごしくださいますように・・・ありがとう存じます。

                日本話し方センター 島田 浩子


*次回の配信は6月19日になります。

───────────────────────────────────
▼      伝わる話し方で仕事も生活もがらりと変わる!      ▼
───────────────────────────────────
江川ひろしの「絶対伝わる話し方」は書籍では学ぶことはできません。全6巻
のCDで臨場感あふれるセミナーを体感してください。今なら非売品のボーナス
CDもついています。この機会をお見逃しなく。
⇒ http://www.ohanashi.co.jp/shop/kokoro.php
───────────────────────────────────

※ 次回2日間集中セミナーは2007年6月16〜17日(大阪)、2007年7月07〜08日
(名古屋),2007年7月21〜22日(東京)となります。詳しくは下記をご覧くださ
い。

・二日間集中セミナースケジュール
http://www.ohanashi.co.jp/seminar/apply.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         〜ビジネスに効く!〜 「言葉のお薬」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:    日本話し方センター
         東京都新宿区西新宿1-3-3 品川STビル新宿5階
         TEL:03-3342-0874  FAX:03-3342-0840
         http://www.ohanashi.co.jp/
■購読中止・変更:http://www.ohanashi.co.jp/mm/
■発行元    :http://www.mag2.com/ (ID:117893)
         http://www.melma.com (ID:m00100861)
         http://www.melonpan.net/ (ID:005430)
■ご意見・ご感想:mm@ohanashi.co.jp  までお願い致します!
■このメールマガジンは転送自由です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      Copyright 2007 Ohanashi.co.jp All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-04  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。