経営

〜ビジネスに効く!〜 『言葉のお薬』

たった一言でも、人を幸福の絶頂にすることもできれば、不幸のどん底まで落とすこともできます。この違いはビジネスにおいては決定的です。『ビジネスに効く!言葉のお薬』では、言葉の悩みに毎週答えていきます。

全て表示する >

言葉のお薬 [2007/02/20] プラスの声とマイナスの声

2007/02/20


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         〜ビジネスに効く!〜 「言葉のお薬」
           http://www.ohanashi.co.jp/mm/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     2007/02/20号 読者数:5,060人

───────────────────────────────────
 「言葉のお薬」は、日本話し方センター創業者、所長江川ひろしの
 「心」を継承していく毎週火曜日発行の週刊メールマガジンです。
 ビジネスにおける効果的な「言葉」の使い方を一緒に考えていきましょう。
───────────────────────────────────


■ 声を明るくして人の役に立てた
───────────────────────────────────

「あなたは、声が暗い、ため息のような声ですね」

と言われ落ち込んでしまいました。

合同講義で「声を明るくすると積極的になれますよ・・・!!」と習ったな、
「よし!!やってみよう・・・」とさっそく、毎朝、鏡の前で
「あえいうえおあお」「かけきくけこかこ」と教えていただいた「口の体操」
と「ニコッ!」と笑顔の練習をいたしました。
一週間後、友だちに電話をしてみました。

「もしもし、益田だけど・・・」
「なんだよ、酔っ払ってんのか?」
「酔っ払ってなんかいないよ。ただ、お前の声が聞きたかっただけだよ・・・」
「気持ち悪いな・・・やけに明るいな・・・」
「おう!!それが聞きたかったんだよ、じゃあ・・・」

一週間の成果が確認できました。それと同時に声を明るくしたことで積極的な
考え方ができるようになっていることにも気がつきました。

「何か、ボランティアをやろう・・・」
さっそく、視覚障害者のマラソンの伴走にチャレンジすることにしました。

中学生の男の子と、「手」と「手」をヒモで結んで走りました。不安を与えな
いように声のトーンを上げ、明るい声で

「10メートル先を右に曲がります」
「自転車が来るので、一歩右によけます」

と声をかけながら無事に3.5kmを走ることができました。

「お疲れ様、怖くなかった?」
「はい、益田さんが、明るくリードしてくれたお陰で、安心して走れました。
ありがとうございました」

彼のキラキラした笑顔をみて、伴走して「よかった!!・・・」と思いました。

声を明るくしたことで、ボランティアで人の役に立つことができました。

私は医学療法士をめざしています。リハビリを頑張っている方に、明るい声で
サポートしていきます。

            (平成19年1月話し方教室終了スピーチより一部抜粋)


■ 今日のポイント 「プラスの声とマイナスの声」
───────────────────────────────────

声にもプラスの声とマイナスの声がある

プラス積極思考には明るい声と笑いが必要不可欠です。

声や話し方には明るい、暗いがあります。例えば、挨拶ひとつするのでも笑顔
とともに明るく大きな声で「おはようございます」とすれば効果はありますが、
暗い顔でニコリともせず、沈んだ小さな声でしても「今日はどうしたの、何か
あったの・・・」と怪訝に思われてしまいます。

では、どういう声、どういう話し方が明るいのでしょうか。

私どもでは「大きな声を出しましょう」ということを申しあげております。
これも明るい声の一つの条件です。ではなぜ明るい声や話し方が大事かといい
ますと、人間の心理が表れてくるからです。(もちろん表情にも表れます)
人間は他人に利益を与えよう、プラスを与えようというときは声も明るくなり
ます。反対に、相手に不利益を与えたり、マイナスを与える時の声、話し方は
暗くなります。

例えば、お客様を怒らせてしまった。
そのことを上司に報告する時に明るく言えるでしょうか。たいてい下を向いて、
しょんぼりした顔で、しかも暗く小さな声で
「部長、申し訳ございません。お客さまを怒らせてしまいました」
と謝るのではないでしょうか。これを明るく大きな声でいかにもうれしそうに
「部長、お客様を・・・」
などという人はいないのではないでしょうか。

逆に、上司が部下においしいケーキをご馳走してあげようというときはどうで
しょうか。

「山田さん。申し訳ないんだけど、おいしいケーキがあるんだけど食べてもら
えないだろうか?」
とオドオドした低い暗い声で言われたら
「大丈夫かしら・・・」
と不安になりませんか。そんな時は明るい笑顔と明るい大きな声で
「山田さん、おいしいケーキがあるんだけど、どう!!]
と呼ぶのではないでしょうか。

これを逆の視点からいうと、人間は明るく言われると、<何かいい話をもって
きたな>と感じますし、暗く言われると<何か悪い話ではないか>と、あなたの
声や話し方からあなたの心理や心の内を判断するのです。自分に不利益を与え
る人間を歓迎する人はいません。だから暗い表情や話し方、ボソボソと話す人
の回りには人は集まってこないのではないでしょうか。

何か話をすときにはできるだけ大きな声、明るい声で話すこと。声も表情も明
るくなるとその人の印象はガラリと違ってきます。

※ 生き方をかえる話し方教室を開催中です。無料見学も歓迎いたします。
  スケジュールは次のページをご確認ください。

・話し方教室スケジュール
 http://www.ohanashi.co.jp/class/apply.php


■ 編集後記
───────────────────────────────────

この2月18日は第一回「東京マラソン」が開かれ、3万人のランナーが東京
の街を走り抜けていきました。

大阪のセミナー卒業者の社長も参加されるとお聞きしていましたので、派手な
横断幕など持って応援に駆けつけたかったのですが、あいにくと大阪175期
セミナー開催のため反対に私が大阪におりました。

大阪に参りますと毎回お訪ねする魅力的な女性がいます。
その方はとうに70歳は越えているという噂ですが、今でも現役で若い方々を
サポートされています。先代社長から現在の社長まで50数年わたり勤務して
います。会社の生き字引のような方なのです。

その方にお逢いするたびにパワーをいただきます。

「来週はメンタルヘルスの検定試験にチャレンジするんですよ・・・」
「新しいことを勉強するって楽しいですね」

とてもうれしそうに話してくださいました。

このところパワーダウンで記憶力低下の著しい私には「恐れ入りました・・・」
と頭を下げるばかりでございました。

この方の凄いところは、いつも自分の分をきちんとわきまえていることです。
いつも謙虚に若い方たちを巻き込んで新しいことにチャレンジされている姿で
す。私の憧れであり、お手本にさせていただいている方です。

“島田さんもしっかり頑張ってくださいね”と背中をたたいていただいたよう
な、そんなひと時でございました。

今週もよい時をお過ごしくださいますように・・・

ありがとう存じます。
                       日本話し方センター 島田浩子


───────────────────────────────────
▼      伝わる話し方で仕事も生活もがらりと変わる!      ▼
───────────────────────────────────
江川ひろしの「絶対伝わる話し方」は書籍では学ぶことはできません。全6巻
のCDで臨場感あふれるセミナーを体感してください。今なら非売品のボーナス
CDもついています。この機会をお見逃しなく。
⇒ http://www.ohanashi.co.jp/shop/kokoro.php
───────────────────────────────────

※ 次回2日間集中セミナーは2007年3月17〜18日(東京)、2007年4月14〜15日
 (名古屋)、2007年4月21〜22日(大阪)、となります。
  詳しくは下記をご覧ください。

・二日間集中セミナースケジュール
 http://www.ohanashi.co.jp/seminar/apply.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         〜ビジネスに効く!〜 「言葉のお薬」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行元:    日本話し方センター
         東京都新宿区西新宿1-3-3 品川STビル新宿5階
         TEL:03-3342-0874  FAX:03-3342-0840
         http://www.ohanashi.co.jp/
■購読中止・変更:http://www.ohanashi.co.jp/mm/
■発行元    :http://www.mag2.com/ (ID:117893)
         http://www.melma.com (ID:m00100861)
         http://www.melonpan.net/ (ID:005430)
■ご意見・ご感想:mm@ohanashi.co.jp  までお願い致します!
■このメールマガジンは転送自由です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      Copyright 2007 Ohanashi.co.jp All rights reserved.

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2003-11-04  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。