生活情報

ながい介護丞と とうなす屋の 平成浮世草子

強欲代官と物知り商人との時空を超えた対話が、超高齢社会に突入した平成の世相を鋭く抉る、時代劇メルマガ巨編!これからの20年、近未来のシニア・ライフに役立つ情報も満載・・・かも?

全て表示する >

ながい介護丞と とうなす屋の 平成浮世草子第135号

2006/09/14

     ◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆
    ◆◆◆                        ◆◆◆
   ◆◆◆  ながい介護丞と とうなす屋の 平成浮世草子 ◆◆◆
  ◆◆◆                        ◆◆◆
 ◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆



          平成18年9月13日  第135号


強欲代官と物知り商人との時空を超えた対話が、超高齢社会に突入した平成の
世相を鋭く抉る、時代劇メルマガ巨編!これからの20年、近未来のシニア・
ライフに役立つ情報も満載・・・かも?


           ◆◆◆  ニュース  ◆◆◆

   「市民後見センターきょうと」を開設して一ヶ月半ほど経ちましたが、
   当初予想していたよりも多くの方々がご相談にお見えになり、少しほっ
   としているところです。まだ、相談所開設のご案内も十分ではありま
   せんが、ホームページの検索で情報を得て、おいでになる方もおられ、
   大変うれしく思っております。ぜひ、お気軽にお立ち寄りいただきたい
   と思います。

   場所は、京都駅前の中央郵便局前の通りを渡って、西に2分ほど歩いた
   所にある下京区総合庁舎(茶色のレンガ張のビル)の角(西洞院通)を
   北に向かって1分ほど歩いた、サンプレ京都ビルの5階です。(ブルー
   の看板「エスティー」があるビルです。事前にお電話をいただけると有
   難いです。電話は 075-361-8567 です。おいでを、お待ちしています!


                ◆◆◆


  ◆◇◆ 第135話 「唐茄子屋、親王ご誕生を喜ぶ」の巻 ◆◇◆


(唐)いやいや、この度のことは、まことにおめでたき限りでございます。
   ご領内では、ちょうちん行列などがあるやもしれませぬな。

(代)なんじゃ? 景気は良くなったというが、予の懐の見入りは、なにも変
   わってはおらぬ。目出度いどころではないわ。

   何が目出度い! 目出度いのは其の方の頭ではないのか?

(唐)これはなんと・・
   お元気な親王さまのお誕生を、ご存知ではございませぬのか?

(代)親王さまじゃと??

   確か、皇太子には姫がおひとりとは聞いておったが、そこに男子誕生と
   いうことか?

(唐)いえ、そうではございませぬ。
   皇太子さまの弟君で、秋篠宮さまでございます。そちらには既にお二人
   の姫がおられますが、先日男子がお生まれになり、国中が沸きかえって
   おりますが・・・ さようなこともご存じないので??

(代)秋篠?? 知らぬな。左様な宮様がおられたか?

   我等は将軍家のお世継ぎのことは気に掛けておるが、禁裏のことはとん
   と縁がなくての。また、我等が左様なことを知ったところで、何の役に
   も立たぬ。

(唐)これは手前が迂闊で・・ 言うだけ無駄でございましたが・・・

   ご存知なきことやも知れませぬが、実は今の天皇さまのご一家には、四
   十六年もの間、男のお子が誕生しておりませぬ。それで、このままでは
   将来天皇の皇統が途絶える恐れもあるとして、大問題になっておりまし
   たので・・・

(代)ほー、左様な次第であったか・・・
   じゃが、古来禁裏には多くの姫や女官が侍り、天子様にはお子が多いと
   聞いておったがの。

   くそー、実に羨ましき限りじゃ・・・

(唐)もう時代が違っております。
   今上天皇さまにはふたりの男のお子、皇太子と秋篠宮がおられますが、
   そのお子達はいずれも内親王さまでございました。

   それから、ご一族の宮家に四人の男子がおられますが、こちらし、宮家
   の跡を継ぐべき男のお子がひとりもおられないのでございます。しかも、
   宮家の男子は皇太子よりも年長で、これからお子が誕生するなどという
   ことが期待できませぬゆえ・・・

(代)何を申す。男はその気になれば、七十でも八十でも子を作ることが出来
   るぞ。十一代家斉公なぞは五十五人ものお子を作られたのじゃ。

   今から先、宮家から何十人ものお子が生まれるやもしれぬぞ。予とて、
   金と暇さえあれば、これから先いくらでも子を作って見せる。

(唐)・・いや、この世に粗悪品が増えても困ります・・・

   今の世は天皇さまといえど、側女を置くなぞということはできませぬ。
   皇太子、宮家の妃が男のお子をお生みになるのを期待するしかなく、
   それではなかなか万世一系といわれる、男系男子による皇統の継承とい
   うことが難しいのでございます。

(代)何をたわけたことを・・・
   側女を置くのはの、いつの世にも、簡単そうで実に難しいものじゃ。

   二代秀忠公ですら、ご正室お江与の方に遠慮されて、おひとりだけこっ
   そりと側女をおつくりになった。また、戦国の豪傑、福島正則なぞは側
   女を作ったことが正室にばれて、危うく長刀で切り殺されそうになり、
   這う這うの体で逃げ出したという話じゃ。

(唐)まるで命懸けでございますな。

(代)当たり前じゃ。予とて、自慢ではないが目をかけた女子のことが奥にば
   れて、それ以来、一家断絶・・・ くー、思えばあれがすべての間違い
   の始まり・・・

   余計なことを言わせるでない、たわけが。
   要するに、だまってこっそりと側女を置いて、子作りに励めば良かろう
   と申しておる。なんなら予が、その手伝いに参っても良い。

(唐)そんな事が出来れば、何の苦労もないのでございますが・・・

   つまり、天皇ご一家には歳若い親王さまがおられず、それゆえ、今の皇
   太子が即位されるまではよろしいのでございますが、その跡をどうする
   かということで、女帝を認めるとか認められぬとか、大きな問題となっ
   ておったのでございます。

(代)そこに親王様が生まれて、目出度いということか・・・
   なればこの後は、皇太子が即位され、その跡を生まれたばかりの秋篠宮
   の親王が即位されて・・・

   取り合えず、そこまでは安泰ということか? まあ、百年は問題が起こ
   らぬ計算じゃな。

(唐)理屈ではそのとおりでございますが、ご一家がご健康で長命を保たれ、
   生まれた親王さまもすくすくと成長されれば・・・ という話でござい
   まして・・ 将来に不安は残ります。

   皇統を守るというのはまことに難しいことのようで、その昔、第25代
   武烈天皇に継嗣がなかったため、十親等も離れ六百年以上も関係が途絶
   えていた天皇の血筋を見つけ出し、即位された継体天皇によってようや
   く皇統を守ったということも・・・

(代)十親等というと?

(唐)従兄弟、従姉妹までが四親等で、その親の、親の親の・・・ という具
   合で、ほとんど訳が解らぬほど遠い、遠い親戚で。

(代)ふむー、左様か・・・

   唐茄子屋、実は予はの、何を隠そう天皇家に繫がる者なのじゃ。予の五
   代前の・・・

(唐)あー、もうお話は分かっております。

   お代官さまと同じ事を企んだ、自称有栖川宮某は、共犯の女とともに、
   刑務所行きが決まりましたぞ。

(代)げ、げーっ! それはいかぬ。
   唐茄子屋、先の話は聞かなんだことにしてくれー!!

(唐)・・ だいたい、知能レベルの同じ人は、同じことを考える・・・
   これは、手帳に残しておいたほうが良さそうじゃ・・・ はっ、はっ!



次週に続く、

         ☆☆☆ 今週の役立たず情報 ☆☆☆

 ○ 江戸時代の女性天皇 明正天皇

   江戸時代には明正天皇と後桜町天皇という二人の女性天皇が即位してい
   る。女性天皇は奈良時代の称徳女帝以降、平安、鎌倉、室町時代には登
   場しておらず、実に850年ぶりのことである。

   第109代明正天皇は御父が後水尾天皇、御母が後に東福門院と呼ばれ
   た徳川和子(徳川秀忠と正室お江与の方との間に生まれた末娘)である。
   名は興子(おきこ)内親王で寛永7年(1715)に即位し在位期間は
   14年間である。明正天皇誕生の背景には、徳川将軍家と天皇家との皇
   位を巡る確執があった。

   天下を統一し幕府権力機構を確立した徳川家康と秀忠が次に狙ったもの
   は、天皇家との姻戚関係確立であり、そのため二代将軍秀忠は後水尾天
   皇と五女和子姫との縁組を進ようとする。幕府と朝廷との合意で、和子
   姫七歳の時、入内の宣旨が出されるが家康の死去等により、話は一旦中
   断される。四年後に再び入内が決定されるが、婚儀を前にした後水尾天
   皇に次々と子女が誕生したことから、幕府が態度を硬化させ、和子姫の
   入内は延期となる。このとき幕府は「宮中の風紀を紊乱させた」として
   天皇の近臣等を処罰している。

   和子姫の入内が実現したのは、姫が十三歳になった年のことである。後
   水尾天皇と和子姫との間には二男六女が生まれたが、長男高仁親王はわ
   ずか三歳で夭折し、次男の皇子も一歳にならずに夭折したため、徳川の
   血筋を持つ皇子はいなくなり、四人の皇女だけが成人することとなった。
   これには朝廷側の謀略が働いたのではないかという説もある。もともと
   後水尾天皇自身は徳川家との婚姻関係などは望んでおらず、和子姫の入
   内も、いやいや受け入れたもので、また、度重なる幕府の宮中への干渉
   と規制に憤慨し、徳川の血筋の入った皇子を即位させる考えなどは初め
   からなかったのかもしれない。

   幕府は、いまだ若い和子姫に次の男子が生まれることを期待し、皇位継
   承に望みをかけるが、後水尾天皇は、その意図を見透かしたかのように、
   早々に自らの退位を表明する。幕府は後水尾天皇の退位をなんとか引き
   伸ばすため、家光の乳母である春日局を参内させ、天皇の説得を図ろう
   とするが、本来天皇との面談が許されぬ無位無冠の者(春日の局)を使
   わしたことが裏目に出て、天皇は一層態度を硬化させて、女一宮(和子
   姫との皇女)に親王宣下を行い、興子の名前を与え、この内親王への譲
   位を強行してしまう。これによって奈良以来の女性天皇、明正天皇(七
   歳)が誕生したのである。

   幕府もさすがに天皇の譲位を覆すことはできず、これを認めざるを得な
   かった。「皇位継承は男系の男子に」との暗黙の定めがあったためであ
   ろうが、これによって徳川家に血筋の入った天皇誕生の夢は消えてしま
   う。当然ながら歳若い女性天皇に実権はなく、朝廷の実務は父・後水尾
   院の手にあった。明正天皇は約14年間の在位の後に、異母弟である紹
   仁親王(後光明天皇)に譲位し上皇となった、新天皇は十歳で、宮廷の
   実権は依然として後水尾院に握られていた。

   明正上皇は74歳で崩御されるまでの50年間、幕府の監視を受けなが
   ら、独身の生活を続けた。仏教への信仰が唯一つの救いであり、寂しい
   生涯の支えであったという。上皇は、京都四宮泉水町の十禅寺を祈願所
   とされ、そこには上皇が寄進された品々や御宸筆が残されている。

 □ 徳川家の野望は実現しませんでしたが、それで良かったのだろうと思い
   ますね。徳川家が天皇の実権まで握っていたら、その後の歴史も相当に
   変わっていたのでしょう。たぶん、悪い方向に・・・天皇家の外戚とな
   れた武家は平清盛だけだそうですが、その孫、安徳帝も源平の戦いで、
   関門の海に沈んでしまわれました。


         ★★★ ためになるかも情報 ★★★

 ● 皇位継承問題の複雑さ
 
   皇位継承問題についての世論調査は各新聞社、テレビ局などで多く実施
   されており、その結果では、ほぼ70%以上の国民が女性天皇や女系天
   皇に賛成している。ただ、女性天皇と女系天皇との違いについての理解
   は高いとは言えず、また、女性・女系天皇を容認する場合、男子と長子
   といずれを優先すべきかについても、その明確な理由や根拠が明確であ
   るとはいえず、その意見も分かれている。以下はその調査結果である。

   日本テレビ世論調査(2006年2月)
   「女性天皇」と「女系天皇」の違いについて
     知っている    37%     42%
     知らない     53%     52%
     わからない    10%      6%

   毎日新聞全国世論調査(2005年12月)
                全体   男性   女性
     男系を維持すべきだ  22%  26%  19%
     女系も認めるべきだ  71%  68%  74%

   戦後の教育においては国民が天皇の正当性、天皇の歴史、その役割、天
   皇と日本の伝統文化などを知ることが少なくなり、そのため天皇家を、
   芸能やファッションと同じレベルで考える人も多くおり、天皇制を変え
   ることを軽く見る傾向がある。その一方で、伝統を重んじる人々は皇室
   の125代にもわたって護られてきた「直系の男系の男子」による皇統
   維持の伝統を、一時の国民感情で変更するのは軽率だという見方も依然
   として強く、その溝は埋まりそうにない。

   女性天皇を容認した場合、一見単純なように見えて、皇室の家族の状況
   においては、皇位継承順位について複雑な問題が生じることも理解して
   おく必要がある。

   皇位継承順位(現行の皇室典範を変更しない場合)
    1位  徳仁親王(1960年生)
    2位  秋篠宮文仁親王(1965年生)
    3位  悠仁親王(2006年生)
    4位  常陸宮正仁親王(1935年生)
    5位  三笠宮崇仁親王(1915年生)
    6位     寛仁親王(1946年生)
    7位  桂宮宜仁親王(1948年生)

   皇位継承順位(女性天皇を容認し「直系優先」とした場合)
    1位  徳仁親王
    2位  愛子内親王(2001年生)
    3位  秋篠宮文仁親王
    4位  眞子内親王(1991年生)
    5位  佳子内親王(1994年生)
    6位  悠仁親王
    7位  常陸宮正仁親王

   皇位継承順位(女性天皇を容認し「男子優先」とした場合)
    1位  徳仁親王
    2位  秋篠宮文仁親王
    3位  悠仁親王
    4位  常陸宮正仁親王
    5位  三笠宮崇仁親王
    6位     寛仁親王
    7位  桂宮宜仁親王
    8位  愛子内親王
    9位  眞子内親王
   10位  佳子内親王

   女性天皇を認めた後に、秋篠宮文仁親王が徳仁親王から皇位を継承した
   場合には、直系と傍系とが逆転し、「先代天皇」の娘(傍系)である愛
   子内親王と「当代天皇」の娘(直系)である眞子・佳子両内親王と、い
   ずれを上位にすべきかが問題となる。三笠宮崇仁親王や寛仁親王まで即
   位した場合、天皇と皇族女子との親等はさらに複雑に入れ替わる。

 ■ 「議論を深めて、国民の合意を形成して」皇室典範の改定を進める・・
   などと政治家は言っていますが、知れば知るほど、議論すればするほど、
   複雑で・・・ まあでも、私の年齢からすれば、今の皇太子さまが即位
   されるのが見られるだけでしょうから、個人的にはわりと単純です。


          ◆◇◆ 編 集 後 記 ◆◇◆

昔から、皇室を騙った詐欺事件は数多くあったようです。大事な歴史のポイン
トさえ押さえておけば、騙されることもないはずですが・・・ 代官のような
手合いはこれからも出てきますから、ご用心。

今週も、最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。
ご意見やご感想のメール、お待ちしています!



          ◇◆◇  感謝、感謝  ◇◆◇



□ ■ □        「登場人物紹介」         ■ □ ■

永井介護之丞(ながい かいごのすけ) 年齢: 53歳
金と色が人生のすべてという、強欲で知られた悪代官
弱い者には強いが、娘と茶屋の女将にはめっぽう弱い、生活習慣病はほとんど
経験済み。自分のことは棚に上げて、他人の悪事は鋭く追及する。

唐茄子屋徳三郎(とうなすや とくさぶろう) 年齢: 62歳
若いころ放蕩をして親に勘当されたが、唐茄子の「担ぎ商い」から出直して成
功し、いまや押しも押されもせぬ豪商となった。人助けが大好きで他人の健康
管理にも、やたらと口をはさむ。

話に出てくる人物・名称に関しては、全てフィクションであり、実在の人物、
団体とは、何ら関わりはありません。ご了承下さい。

■ □ ■                         □ ■ □


  発行元:NPO法人ユニバーサル・ケア http://www.kyoto-koken.net
  管理人:のほほん茶      E-mail: postmaster@kyoto-koken.net


◇◇◇----------------------------------------------------------◇◇◇

□ 購読中止・変更: 京都「成年後見」支援センター
                    http://bokenahsi.com/magazine/index.html

□ 発行システム: まぐまぐ   http://www.mag2.com/    ID:0000126034
        : Melma!     http://www.melma.com/    ID:m00109136
        : めろんぱん http://www.melonpan.net/  ID:006052
        : Macky!   http://macky.nifty.com/  ID:nohohon

□ 記載内容の無断転載はお断りします。

★★★----------------------------------------------------------☆☆☆
    Copyright(C)2005 NPO Universal Care. All Rights Reserved.
★★★----------------------------------------------------------★★★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-08-18  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。