文学

オルフェウスの杖

妻を亡くした老作曲家が、クリスマス・イヴの夜、新宿の喫茶店で怪人メフィストフェレスに遭遇します。そして、その怪人から、或る条件で、作曲家が、冥界から妻を連れ戻す手伝いをすると言われます。その条件とは何でしょうか。

全て表示する >

オルフェウスの杖(2)

2006/05/01


(続きです)




                  オルフェウスの杖




                      2




     大男は、ゆっくりと、男の席の方へやって来た。そして、男の隣りの、先程
    空いた席を指差すと、紳士的な口調で尋ねた。
    「ここに座ってよろしいでしょうかな?」
    尋ねられた男は、無言でうなずいた。すると、大男は、その黒いマントを着た
    まま、一礼をして、その席に座った。しかし、その間、その大男が、そこに現
    れ、座った事に、店の中の人間たちは、誰一人、気付いて居ないのだった。
    「黒田先生でいらっしゃいますな?」
    大男は、丁重な声で尋ねた。
    「どうして私の名を?」初老の男は、不審の声で尋ねた。
    すると、大男は、目を丸くした。そして、肩をすくめて、答えた。
    「もちろん、存じ上げておりますとも!高名な作曲家でおられる先生のお名前
    を存じ上げぬ等と言う事が、どうして、有りましょうか?私は、以前より、先
    生を尊敬申し上げて来た者の一人で御座居ます。本日は、お目に掛かれまして、
    本当に光栄で御座居ます。」
     黒田は、大男のその言葉を大袈裟な物に感じた。だが、黒田は、それを顔に
    出さぬまま、冷静な口調で、その大男に質問した。
    「ほう、あなたは、音楽に御関心がお有りですか。それも、私がやって来た様
    な現代音楽に。」
    大男は、満面に笑みを浮かべて、うなずいた。
    「もちろんですとも!この世に現代音楽ほど素晴らしい物が有りましょうか!
    私のみならず、私の身内も、仲間も、教師も、弟子も、皆、現代音楽を愛好し
    て居るので御座居ます。その不協和音を!そのカオスを!」
    作曲家は、何も答えなかった。
    「ですから、先生のお名前を私が知らぬ訳が無いので御座居ます。」
    そう言うと、大男は、作曲家の反応を探る様に、口を閉じ、作曲家の顔を見つ
    めた。だが、作曲家は、大男のその視線には答えず、無言で、店の壁に掛けら
    れたシャガールの絵を見つめた。(それは、婚礼の絵だった。)
    「しかし。」と、作曲家は、言った。
    「失礼ですが、あなたは、この世の方ではないのではありませんか?」
    大男は、作曲家を見つめたまま、答えようとしなかった。作曲家は、大男のそ
    の視線を無視して、言葉を続けた。
    「あなたは、何者なのですか?私の見る処、あなたは、この世の者ではない。
    私には、幽霊か、死神に見えるのだが、そのあなたが、クリスマス・イヴの今
    夜、一体、この私に何の御用なのでしょうか?」
     大男は、微笑を浮かべた。そして、無言のまま、自分の大きな右手をマント
    の左側の胸ポケットに入れると、そこから、まるで、自分の秘密を明かす様に、
    ゆっくりと、1枚の小さな紙切れを取り出した。そして、その小さな紙切れを
    二人が並んで座るそのカウンターの黒いテーブルの上に置き、作曲家の前に差
    し出したのだった。見ると、その紙切れには、こう書かれてあった。




          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
          |                      |
          |                      |
          |                      |
          |       ゾロアスター商会       |
          |                      |
          |                      |
          |                      |
          |       メフィストフェレス      |
          |                      |
          |                      |
          |                      |
          |                      |
          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





      「こう言う者でございます。」と、黒いマントの大男は、言った。
     作曲家は、その名刺を手に取り、見つめた。
     「ゾロアスター商会?」
     「さようで。」
     メフィストフェレスは、名刺を見つめる作曲家の顔を観察して居た。


                                   (続く)








    西暦2003年1月1日(元旦)

















                         西岡昌紀(にしおかまさのり)

                  http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=tohno1
                 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=berlioz
               http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=roosevelt





−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−






           謹賀新年


           あけましておめでとうございまする。











   西暦2003年元旦











                              ゾロアスター商会


                             メフィストフェレス




              http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=roosevelt









規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-11-27  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。