文学

広島のメリー・クリスマス

広島を舞台にした小説です。原爆投下は正しかったと言うイギリス人が、クリスマス・イヴの日、広島で、奇妙な老人に出会ひ、百物語と呼ばれる降霊術に招かれると言ふ物語です。

全て表示する >

広島のメリー・クリスマス(13)

2006/05/07


(続きです)




                              広島のメリー・クリスマス




                                         13




       その時、市電が止まった。赤信号の様だった。イギリス人は、その止まった市電
     の車窓から、広島の町を見た。町は、クリスマスの飾り付けで美しく、そこに、あ
     の日の事を思い出させる物は、何も見られなかった。そして、街行く人々は、皆、
     幸福そうだった。
    「あれは、本当の事だったのだろうか?」イギリス人は、ふと、そう思った。

                                                                    (続く)





     核時代58年(平成15年)8月6日

     58回目の広島の原爆の日に











                                                 西岡昌紀(にしおかまさのり)

                    http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=roosevelt



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-07-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。