文学

広島のメリー・クリスマス

広島を舞台にした小説です。原爆投下は正しかったと言うイギリス人が、クリスマス・イヴの日、広島で、奇妙な老人に出会ひ、百物語と呼ばれる降霊術に招かれると言ふ物語です。

全て表示する >

広島のメリー・クリスマス(3)

2006/05/07


(続きです)




                               広島のメリー・クリスマス




                                         3




        「一体、この町は何ですか?」とイギリス人は言った。
      「何処に行っても、ヘイワ、ヘイワ、とそればかりじゃないですか。」
       老人は、微笑を浮かべながら、無言で男の言葉を聞いた。
      「ヘイワとは、ピースの事でしょう?それなのに、この町は、ヘイワ、ヘイワ、
       と言いながら、日本の戦争の犯罪を隠す事ばかりしてる。」イギリス人の男は、
       段々、自分が興奮し始めた事に気が付いていた。が、男は、更に、その日本人
       の老人に向かって、自慢の日本語で言い続けた。
      「原爆が落ちたのは、日本が戦争を始めたからでしょう?原爆が嫌なら、戦争
       を始めなければ良かったんじゃありませんか。それなのに、パールハーバーを
       攻撃しておいて、原爆が落とされると、ヘイワ、ヘイワ、と言って・・・・。
       えーと、何でしたっけ、あのミュージアムは・・・?」
      「平和記念資料館。」
      「それだ!ヘイワ、キネン、シリョウカン。あの博物館は、まるで、日本が第二
       次世界大戦の被害者だったみたいなエキシビションをやってますねえ。それを
       ヘイワと名付けている。恥ずかしくないのですか、あなた方日本人は?」
         男は、老人の出方を待った。が、老人は、何も答えず、にこにこしたまま、
       両手を杖の上に置き、男の言葉は聞きながら、向こう岸の原爆ドームを見つめ
       たままなのだった。
      「ナンジン(南京)!」
       イギリス人は叫んだ。
      「ナンジン(南京)を知っていますか?ナンジン(南京)!」
       老人は、イギリス人旅行者の方を向いて答えた。
      「ナンキン(南京)、ですな。知っておりますよ。」
       老人は、微笑んでいた。その微笑を見て、イギリス人は、ますます興奮した。
      「レイプ・オブ・ナンジン!日本人は、ナンジン(南京)で、原爆よりもっとひ
       どい事をしたんですよ。それからバターン!バターンを知ってますか?」
       老人は、微かに頷いた様だった。
      「日本人は、恥知らずだね。自分たちがやった事よりやられた事ばかり話そうと
       する。あなたもそうなんじゃありませんか?そうして、私の様な旅行者を見つ
       けては、原爆はひどい、日本人に同情して下さい、と毎日言っているんじゃな
       いんですか?それともブラック・レインを読みましたかとか、そんな事をここ
       で毎日聞いて居るんですか?ハハハ。私は、そんな本は読みませんよ!他の人
       に言ったらどうですか?」
         イギリス人は、勝ち誇った様に言った。だが、老人は、微笑を浮かべたまま、
       無言で、その言葉を聞いて居るだけなのだった。


                                                                  (続く)





       核時代57年(2002年)8月10日(土)











                                              西岡昌紀(にしおかまさのり)
             http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=marcopolo3




       クリックして下さい。
               ↓
       http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=bruckner2001
       http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kafka

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-07-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。