社会・社会学

医学雑誌から

内科医のメルマガです。内外の医学雑誌から、私が気に成った記事や論文を紹介します。今回取り上げるのは、イギリスの医学雑誌British Medical
 Journal(BMJ)2005年1月22日号に掲載された、或る悲しいニュースです。

全て表示する >

医学雑誌から(4)

2006/06/12


(続きです)




     Bush vs Kerry:health is a cri−
     tically decisive issue

    (The Lancet Vol.363. Number9424
     June, 2004, p.1837, editorial)




                    4




     私が、皆さんに読んで頂きたいのは、この後(あと)の記述です。




      Yet, despite this vast expend−
     iture, Americans are no health−
     ier than citizens of other wes−
     tern industrialised nations,
     all of which spend far less on
     health care while providing un− 
     iversal coverage, something the
     US system still fails to do.

    (Bush vs Kerry:health is a cri−
     tically decisive issue
     The Lancet Vol.363, Number9424
     June5, 2004, p.1387, editorial)


     訳:しかしながら、この莫大な医療費にも関わらず、アメリカ人は、
       他の西側工業国の市民より健康ではないのである。その全ての
       国が、もっと少ない医療費を使ひながら、アメリカの医療制度
       が今だに実現出来無い、幅広い医療を施してゐるにも関わらず、
       である。




     皆さんは、これをどう思はれるでしょうか?医学研究の分野で、アメリカ
    が、例えば、ヒト・ゲノム計画がそうですが、世界の最先端を行く仕事をし
    てゐる事は、誰もが知る通りです。そして、この記事が指摘する通り、アメ
    リカは、世界で最も医療にお金を費やしてゐる国なのです。ところが、その
    進んだ医学と莫大な医療費にも関わらず、アメリカ国民は、他の西側工業国
    の国民より健康ではないと、この論説は、指摘してゐるのです。一体、これ
    は、どう言ふ事なのでしょうか?

                                  (続く)





    平成16年7月30日(金)

    クリック博士他界のニュースを聞いた日に










                    西岡昌紀(にしおかまさのり・内科医)

              http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=shohyou2
     

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-06-12  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。