文学

子供の為のお話

内科の医者が書く、子供の為のお話です。(もちろん、大人の読者もどうぞ。)お子さんが寝る前のお話にいかがでしょうか。或るいは、保育園や幼稚園、小学校などで、紙芝居にでもして頂けたら、作者は嬉しく思います。

全て表示する >

子供の為のお話・第一話(4)

2007/06/20


(続きです)



                                    あじさい



                                       4



        すると、保育園の中から、ピアノの音が聞こえて来ました。そして、それに
      続いて、子供たちのお歌が聞こえて来ました。



             つばめの子、つばめの子。
             おかあさんを待ってるの?
             おかあさんは、雲の上。



       その声を聞いて、坊やは言いました。
    「ああ、子供たちが歌っている。僕もあそこで、一緒に歌いたいな。」それを聞
      いて、お母さんは、言いました。
    「じゃあ、お前もここで一緒に歌えばいいじゃないか。先生がピアノを弾いてい
      るから、お前も歌ってごらん。ほら、つばめの子、ってね。」すると、坊やは
      言いました。
    「僕、一人じゃお歌を歌っても楽しくない。子供たちと一緒に歌いたいのにな。」
      そう言われて、お母さんは、黙り込んでしまいました。

        その間も、雨は、静かに降り続けています。そして、燕の赤ちゃんたちは、
      その雨の中で、巣の中に座ったまま、じっと静かに、お母さんを待ち続けてい
      るのでした。

                                                                (続く)







      平成十四年八月十八日(日)
    (2002年)











                                              西岡昌紀(にしおかまさのり)
                  http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kafka
                 http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=tohno1
       http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=marcopolo1995012
       http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=marcopolo1995013


                 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-07-13  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。