文学

山王の思い出

東京は、大田区の山王(さんのう)で育った筆者の回想です。1960年代の山王の自然、街並み、人の思い出を語ります。

全て表示する >

山王の思い出(1)

2006/05/22






                    山王の思い出




                      1




      山王は、東京の南、大田区の町である。京浜東北線の大森駅を降り、
     西に出れば、そこが山王である。地図を見ると、そこは、細い道が複雑
     に入り組んでいる。その道の走り方は、同じ大田区でも、西部の久が原
     や雪が谷などとは、全然違っている。又、放射状の道で有名な田園調布
     などとも、もちろん違っている。
      私は、子供の頃から、山王の地図を見るのが好きだった。特に、山王
     のそうした道を地図の上で見るのが、とても好きだった。だから、私は、
     今でも、何かの機会に東京の地図を見ると、つい、東京の南に在る山王
     の上に目をやってしまう。そして、そこを走る道の一本一本を目で追い
     ながら、時を忘れそうに成るのである。   
      そこは、私が育った町なのだから。

                                 (続く)






      平成十四年十一月十三日(水)
     (2002年)











                       西岡昌紀(にしおかまさのり)

               http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kafka
              http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=ennrai
           http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kaminooka




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2002-10-23  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。