生活情報

えぇっ本当? 美味しく・節約 新発見 !!

生産者の生の声、流通の裏事情を暴露、美味しさ・節約 意外な新発見

全て表示する >

春の息吹を一足早く・・・・山形の伝統野菜「小笹うるい」New's

2015/02/15

   
2015.02.15
春の息吹を一足早く・・・・山形の伝統野菜「小笹うるい」New's◇
                                           (山形の伝統野菜シリーズ)
 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) を有効りようした山形の伝統野菜の一つ 「小笹うるい」 が出荷を迎えております、豪雪のなかハウス栽培(ハウスの中ににさらに保温マットで囲む)の中は20℃に温度管理され促成栽培物が2月を迎え収穫された旬菜は、歯ごたえが良く軽いぬめりでクセの無く山菜の中でも逸品とされております。
村山地方の上山地区では、2月に入ると保温マットをはずし日光に当て加減を図りながら、難しい管理に入り、日光に当て過ぎると硬くなってしまうし、氷点下が続くこの時期にハウスの中とはいえ、保温マットをはずす行為は、寒さに弱い葉がだめになってしまう可能性があるからです。
地下茎の植物という特性(茎と根を)を特別に見せてもらいましたが、フカフカした土の中から真っ白な茎が出てきました、定植は4月から露地の畑に行い、増やして12月に茎と根の部分を掘り出し保管しておき、ハウスには12月末から植え始めるとのこと、それが今日の 「小笹うるい」 ということです。出荷は1月末から3月上旬で、4月にも出荷する場合があるとのことです。
山形の伝統野菜「小笹うるい」 は、このように難しい管理のうえ、始めて真冬でも美味しいうるいが食べられるとのことです、冬の豪雪の下から収穫される 「小笹うるい」 は、新鮮で旨み豊富な一品として知られ、地元郷土料理界はもとより首都圏の一流料料亭からも人気を博し珍重されております。
歯ごたえが良く軽いぬめりでクセの無い山菜の一つとして 、一般の露地栽培物を遥かに凌ぐ一品として、近隣市場や一部首都圏で高い評価を受けております。
しかし、いずれの伝統野菜と同様、収穫量が極めて少ない為、スーパー等の店頭では入手困難で希少商品となっているのが現状です。


以下は日本一美味しい物県<山形>の伝統野菜(在来作物)「小笹うるい」につき画像にて紹介してみました。


「小笹うるい」栽培ハウス

保温マット内

収穫した「小笹うるい」

「小笹うるい」のお浸し


山形の「伝統野菜」の お問合せは!
 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) を有効りようした山形の伝統野菜の一つ 「小笹うるい」が出荷を迎えております、豪雪のなかハウス栽培(ハウスの中ににさらに保温マットで囲む)の中は20℃に温度管理され促成栽培物が2月を迎え収穫された旬菜は、歯ごたえが良く軽いぬめりでクセの無く山菜の中でも逸品とされております。
村山地方の上山市では、2月に入ると保温マットをはずし日光に当て加減を図りながら、難しい管理に入り、日光に当て過ぎると硬くなってしまうし、氷点下が続くこの時期にハウスの中とはいえ、保温マットをはずす行為は、寒さに弱い葉がだめになってしまう可能性があるからです
地下茎の植物という特性(茎と根を)を特別に見せてもらいましたが、フカフカした土の中から真っ白な茎が出てきました、定植は4月から露地の畑に行い、増やして12月に茎と根の部分を掘り出し保管しておき、ハウスには12月末から植え始めるとのこと、それが今日の 「小笹うるい」ということです。出荷は1月末から3月上旬で、4月にも出荷する場合があるとのことです。
山形の伝統野菜「小笹うるい」 は、このように難しい管理のうえ、始めて真冬でも美味しいうるいが食べられるとのことです、冬の豪雪の下から収穫される 「小笹うるい」は、新鮮で旨み豊富な一品として知られ、地元郷土料理界はもとより首都圏の一流料料亭からも人気を博し珍重されております。

山形「味の逸品館(逸品みつけ隊) http://yamagata-ajinoippinkan.com/ippin-mitsuketai/sendmail.htm

編集後記 
山形は、ご存知「日本一おいしい」どっさり県です、出羽三山・吾妻/朝日各連峰のふところにひろがる盆地特有の気候風土の中.............肥沃な土壌・おいしいく豊富な湧き水・昼夜寒暖差など、物づくりの諸条件に恵まれ、数多くの 「日本一」を育んでおります。
「このメルマガの趣旨」
このメルマガは今「おいしい山形」県推進機構で取り組んでいる、伝統野菜の復活栽培や地球温暖化による栽培適地の北上化などに向けた対策として、 官民上げ取り組む姿を通した 品種改良や栽培技術の確立など研究成果を色々な切り口でを発信させていただきます。
私は、山形県特産品の旬鮮Mart運営にあたり、できるだけ多く「おいしい山形」県推進機構などで取り組んでいる事柄をおりまぜお届けする事により、消費される皆様に「おいしい山形」の多くを知っていただく伝道士的なお役に立てるのではないかと思っております。



発行元:ジィアールワイ山形(山形「味の逸品館」)
メールによるお問い合わせ:gry@zpost.plala.or.jp
所 在 地:〒990-0301 山形県東村山郡山辺町大字山辺1261番地3
電話&Fax:光電話:023-664-5636     FAX:023-664-5636


■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「メルマ!」を利用して発刊しております。(http://www.melma.com/

購読者登録をして頂いた方には「メルマ!」からも時々ニュースが届きます。 又 無断掲載・転載を禁じています。  

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-10  
最終発行日:  
発行周期:月2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。