生活情報

えぇっ本当? 美味しく・節約 新発見 !!

生産者の生の声、流通の裏事情を暴露、美味しさ・節約 意外な新発見

全て表示する >

日本一のサクランボ産地における品種改良と今後の栽培戦略課題

2012/08/01


   
201200801
日本一サクランボ産地における品種改良と今後の栽培課題!◇

 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) は、農作物に最高の環境を与え、日本一美味しいと称される最高品質「サクランボ」を育んでおります。
然し、昨今の地球温暖化に伴う異常気象により、
サクランボの王様と言われる主力品種「佐藤錦」の栽培にも異変 が起きつつあります、梅雨時期の雨量が極端に少なく、連日の日照りと昼夜の寒暖差が小さくなった為、急激な生育により果実の熟度が高まったり、少雨により実の水分が樹の生育に取られ実が凋んだり、果皮の着色が非常に濃くなったり、極端に酸味が薄れ糖度が高まる現象が起きております。
これは端的に
栽培地の北上傾向 として捉えるだけの簡単な問題でないと県及び生産者は危惧しており、関係当局は品種改良などで対応して、新たな県独自品種(オリジナルブランド)を次々と発表(品種登録)しております。
然し昼夜の寒暖差がもたらす適和甘酸味の「佐藤錦」レベルの確立には至っていないのが現状です、後継種として開発された
「紅系」は耐輸送性は飛躍的に良くなったものの、果皮がどす黒く アメリカンチェリーっぽく甘さ一辺倒 で初夏の仄かな酸味が好まれる市場で賛否が分かれ、販促の足かせの一つになっているように思えてなりません。
本シーズンの出来具合を踏まえ関係当局は、新たな栽培方法でサクランボの王様「佐藤錦」の適和甘酸味に近づけようと努力、近々好結果がえられであろうと期待が高まっております、このようにして県及び栽培当事者共同で研鑽を積み上げ、国内生産の75%超を占める日本一のサクランボ産地県「山形」の暖簾維持に努めている昨今事情です。


以下は、従来品種「佐藤錦」等と後継品種として開発された「紅系」 両種を画像等を通して紹介してみました。

●従来品種 香夏錦(早生1)
高砂(早生)
佐藤錦(中生)
ナポレオン(晩生)
南陽(晩生2)
●対峙する新オリジナル品種 紅さやか
紅ゆたか
紅きらり
紅秀峰
紅てまり
県オリジナルサクランボ …お求め ・お問合せは!
 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) は、農作物に最高の環境を与え、日本一美味しいと称される最高品質「サクランボ」を育んでおります。
然し、昨今の地球温暖化に伴う異常気象により、 サクランボの王様と言われ主力品種であった「佐藤錦」栽培に異変が起きつつあります、梅雨時期の雨量が極端に少なく、連日の日照りと昼夜の寒暖差が小さくなった為、急激な生育により果実の熟度が高まったり、少雨により実の水分が樹の生育に取られ実が凋んだり、果皮の着色が非常に濃くなったり、極端に酸味が薄れ糖度が高まる現象が起きております。
対応策として関係当局は、新たな栽培方法を模索、サクランボの王様「佐藤錦」の適和甘酸味に近づけようと努力の途上で、近々好結果がえられであろうと言われており期待が高まっております、このようにして県及び栽培当事者共同で研鑽を積み上げ、日本一のサクランボ県「山形」の産地維持に努めている昨今事情です。


山形「味の逸品館 (旬の果物) http://yamagata-ajinoippinkan.com/kudamono.htm

編集後記 
山形は、ご存知「日本一おいしい」どっさり県です、出羽三山・吾妻/朝日各連峰のふところにひろがる盆地特有の気候風土の中.............肥沃な土壌・おいしいく豊富な湧き水・昼夜寒暖差など、物づくりの諸条件に恵まれ、数多くの 「日本一」を育んでおります。
「このメルマガの趣旨」
このメルマガは「産地/生産者の声」から流通の裏事情をおりまぜ、 如何に楽しく美味しさを体感していただけるか ?  生産者などの生の声を参考に色々な切り口でお知らせするものです、勿論 様々な書籍・各界達人の声を参考に食の効能Memoと故郷料理レシピも添えながら配信してまいります。
食の安全が叫ばれ、安全! 安心!の関心が日増しに高まっており、 今や生産者も作るだけでなく、流通から消費までの物流管理にいたる安全・安心が大きな関心となっております。
私は、山形県特産品の旬鮮Mart運営にあたり、できるだけ多くの生産者等の本音をお届けする事により、消費される皆様に本物の美味さを知っていただく伝道士的なお役に立てるのではないかと思っております。



発行元:有限会社 ジィアールワイ山形
メールによるお問い合わせ:gry@zpost.plala.or.jp
所 在 地:〒990-0301 山形県東村山郡山辺町大字山辺1261番地3
電話&Fax:光電話:023-664-5636     FAX:023-664-5636


■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「メルマ!」を利用して発刊しております。(http://www.melma.com/

購読者登録をして頂いた方には「メルマ!」からも時々ニュースが届きます。 又 無断掲載・転載を禁じています。  

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-10  
最終発行日:  
発行周期:月2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。