生活情報

えぇっ本当? 美味しく・節約 新発見 !!

生産者の生の声、流通の裏事情を暴露、美味しさ・節約 意外な新発見

全て表示する >

日本一伝統野菜の宝庫「おいしい山形」から滋味求心New's

2012/07/02


   
201200702
日本一伝統野菜の宝庫「おいしい山形」から滋味求心New's

 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) では、古より滋味豊富で漢方効能の高い伝統野菜等の在来作物が育まれてきました。
数百年もの歴史を刻むうちに、一つ消え、二つ消えを繰り返し、数百あった在来作物も減り続け、残っている
数は160品目を確認(確認作業は現在も続いております) できるだけになっております、昨今 健康志向のブームにより滋味豊富で漢方効果の高い在来作物に耳目が集まる中、山形県が、他県と比して最も在来作物の豊富な県として知られるようになって、多くの志向者から注目をあびております。
四季の変化にあわせて、栽培収穫される伝統野菜(在来作物)は、奥羽出羽山系を源にすり
豊富な水系から4ブロック(4地方)に別れ、それぞれに個性ある伝統野菜を育み、今に至っております。
先人からの栽培方法を伝承した僅かな生産者が核となり、地域毎に少しずつ広がりを見せつつ、市場(志向者)のニーズに応えようと頑張っているのが近況です。
160種もの在来作物の紹介は、困難を極めお伝えできませんが、
古の藩政時代に遡り、領民の為の漢方と殖産振興が融合 して栽培奨励され、今に残る代表的な逸品のみを、4地方それぞれ3品を、漢方効果等を付して紹介してみたいと思います。


以下は、伝統野菜(在来作物)の漢方効能など を画像等を通して紹介してみました。
(1)置賜地方・・・米沢を中心 (2)村山地方・・・山形を中心
●おかひじき

カルシューム・カリューム・ビタミンA・マグネシュームなどのミネラル分が多く、カロテイン・ビタミンCも豊富
●うこぎ

ビタミンとミネラルが豊富、特にカルシュームがほうれんそうの5倍と極めて優れた栄養価値
●夏刈ふき

フキには苦味配糖体・粘液質・サポニン・コリン等多く含み、食欲増進、去痰などに良く効くといわれております。 又 最近 フキの苦味成分が花粉症の抗体(自然食)として発症防止に大変効果がある
●もってのほか

名前の由来は、菊が天皇家の紋だから、それを「食べるとはもってのほか」という説と、「思った以上に(もってのほか)おいしかった」という説がある、クロロゲン酸やイソクロロゲン酸などで、悪玉コレステロールをおさえるはたらきがあり、生活習慣病の予防に効果
●赤根ほうれんそう

名前のとおり根が赤いのが特徴で,甘みがあり,根の部分の糖度は10度以上にもなる、緑黄色野菜の中でも栄養価は抜群でミネラル類,葉酸などを豊富に含んでおり,貧血予防にも効果があると言われております
●悪戸いも

さといものねばりこそが 栄養高い、胃腸にもよいとされる里芋、そして冬野菜ならではの体を温めるという作用
(3)最上地方・・・新庄を中心 (4)庄内地方・・・鶴岡・酒田を中心
●最上あか

山形県最上地方の伝統野菜の一つで、外皮が赤く、生食では辛味が強いニンニクです。外皮が赤紫色のためこの名がついた、にんにく特有のにおいのもとは硫化アリルの一種アリシンという物質、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果大、また、スコルジニンという成分も含まれ、疲労回復、新陳代謝促進作用がある
●甚五右ヱ門芋

甚五右ヱ門芋は、佐藤家に代々伝わっている伝承野菜の里芋です。室町時代からこの大谷地の里芋を種芋として代々育ててきた伝承野菜






●肘折かぶ

実:ビタミンC・カリウム・ジアスターゼ、葉:カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム、大部分は水分他にはビタミンCやカリウムが比較的多く、消化酵素のジアスターゼが含まれているので健胃効果が期待できます。
栄養価が高いのが葉の部分でカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウムなどが豊富。
●平田赤ねぎ

ビタミンC、カルシウム、鉄分を含んでいます。 ねぎ特有の匂いは、消化液の分泌を促す働きがあります。辛味成分は、発汗作用を促すので、食べることによって、内側から体を温めるため、風邪に効果があります。他にも、鼻づまり、下痢、下血、間接リウマチや、乳の出をよくする働きがあります。
●温海かぶ

実:ビタミンC・カリウム・ジアスターゼ、葉:カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウム、大部分は水分他にはビタミンCやカリウムが比較的多く、消化酵素のジアスターゼが含まれているので健胃効果が期待できます。
栄養価が高いのが葉の部分でカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カルシウムなどが豊富。
●だだちゃ豆

アミノ酸の一種GABAを多く含んでいることがつきとめられた。GABA(γーアミノ酪酸)はヒトの脳や脊髄に存在する神経伝達物質で (1)血圧降下 (2)空腹時血糖値の改善 (3)中性脂肪の低減 (4)脳内血流の活性化 (5)精神安定 などの効果があるとされている

日本一の伝統野菜 …お求め お問合せは!
 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等) では、古より滋味豊富で漢方効能の高い伝統野菜等の在来作物が育まれてきました。
数百年もの歴史を刻むうちに、一つ消え、二つ消えを繰り返し、数百あった在来作物も減り続け、残っている
数は160品目を確認(確認作業は現在も続いております) できるだけになっております、昨今 健康志向のブームにより滋味豊富で漢方効果の高い在来作物に耳目が集まる中、山形県が、他県と比して最も在来作物の豊富な県として知られるようになって、多くの志向者から注目をあびております。
四季の変化にあわせて、栽培収穫される伝統野菜(在来作物)は、奥羽出羽山系を源にすり
豊富な水系から4ブロック(4地方)に別れ、それぞれに個性ある伝統野菜を育み、今に至っております。


山形「味の逸品館 (健旬菜) http://yamagata-ajinoippinkan.com/yasai.htm

編集後記 
山形は、ご存知「日本一おいしい」どっさり県です、出羽三山・吾妻/朝日各連峰のふところにひろがる盆地特有の気候風土の中.............肥沃な土壌・おいしいく豊富な湧き水・昼夜寒暖差など、物づくりの諸条件に恵まれ、数多くの 「日本一」を育んでおります。
「このメルマガの趣旨」
このメルマガは「産地/生産者の声」から流通の裏事情をおりまぜ、 如何に楽しく美味しさを体感していただけるか ?  生産者などの生の声を参考に色々な切り口でお知らせするものです、勿論 様々な書籍・各界達人の声を参考に食の効能Memoと故郷料理レシピも添えながら配信してまいります。
食の安全が叫ばれ、安全! 安心!の関心が日増しに高まっており、 今や生産者も作るだけでなく、流通から消費までの物流管理にいたる安全・安心が大きな関心となっております。
私は、山形県特産品の旬鮮Mart運営にあたり、できるだけ多くの生産者等の本音をお届けする事により、消費される皆様に本物の美味さを知っていただく伝道士的なお役に立てるのではないかと思っております。



発行元:有限会社 ジィアールワイ山形
メールによるお問い合わせ:gry@zpost.plala.or.jp
所 在 地:〒990-0301 山形県東村山郡山辺町大字山辺1261番地3
電話&Fax:光電話:023-664-5636     FAX:023-664-5636


■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「メルマ!」を利用して発刊しております。(http://www.melma.com/

購読者登録をして頂いた方には「メルマ!」からも時々ニュースが届きます。 又 無断掲載・転載を禁じています。  

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-10  
最終発行日:  
発行周期:月2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。