生活情報

えぇっ本当? 美味しく・節約 新発見 !!

生産者の生の声、流通の裏事情を暴露、美味しさ・節約 意外な新発見

全て表示する >

農業県「山形」でのTPP参加に対する賛否二分論を検証!!

2011/12/15


   
2011001215
農業県「山形」でのTPP参加に対する賛否二分論を検証!

 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等)を受け、芳醇な多くの農産品を育みながら 「おいしい山形」を発信しております。
この度は、メルマガ本来の使命からチョット回り道して、今 国会・経済界・消費者・労働者や農業従事者などを巻き込みながら賛否論争の渦を巻き起こしている
TPP(環太平洋連携協定)につき、農業県現場の声をまじえながら検証してみたいと思います。
本旨は、長引く経済停滞を打破するために参加を考え始めた経緯であり、既に
6カ国とEPA(経済連携協定)締結 FTA(自由貿易協定)を推し進めており、新たにアメリカ・オーストラリア・ニュージーランドが加わる発展型が TPP(環太平洋連携協定)ではないかと思っております。
TPPが話題になって以来、JA全農を筆頭に、参加により農業などが壊滅的な打撃を受けるのではないかと全国的な反対運動を繰り広げております、然し
日本の経済構造は国際貿易に依存する加工立国であることを十分認識する必要があります、 GDP1.5%の農業の為、98.5%の裾野の広い貿易産業 を犠牲にすること自体暴挙です、JA全農が主張する“農業などが壊滅的な打撃” は、今までの無策をそのままにした場合であって、JA全農の利権養護の便法にしか映らない何者でもありません、既存の硬直し権益だらけのJA組織は解体すべき時が来ております、農業経営を安定的なものにする為の方策は未着手を含め、数え切れないほど沢山あります。
(1)不耕地を集約した大型営農、(2)国土の保全、(3)水源のかん養、(4)自然環境の保全、(5)良好な景観の形成、(6)文化の伝承、(7)保険休養、(8)地域社会の維持、(9)食料安全保障など
と考えただけで此れだけあります、今までは営農や食料安全保障だけが話題化されるだけで、以外の機能は農家のボランティアで行われており、脚光も話題にすらなった経緯がありません。
昨今 各地で
豪雨による河川の波乱や土砂災害が多発している現状を直視し課題や対策の大きな機能は農家が担っている ことを知るべきです、メディアも米価にまつわるニュースのみを殊更大きく取り上げるだけでなく、食の需給率や国土の保全面で、農家に応分な国庫負担を考えながら、農業に拘わる 様々な機能を担わせ維持発展させる世論誘導を積極的に行い、災害に強い国土が形成される手助けを期待するものです。
又 これらの施策を通し、農業の総合機能を確立させ、米価をはじめ農作物だけに頼らない強固な営農を担わせてこそTPPに対抗できる体制整備が出来上がるものと思います。
多くの農家はJA全農の言いなり(JA全農による反対運動は専らJA職員と兼業農家が殆どだと聞いております)に動くだけでなく、自ら世界経済の流れを知り、その中の日本という小さな島国の行く末を考え、新たな制度作りに精力を傾け、日本農業の未来を切り開いて必要に迫られており、TPPは、その機会であり「開国元年/平成版」として構築すべきです。

以下は、TPPに関する事柄として現状を踏まえ図等で掲載してみました。

○輸入関税が撤廃された場合の商品価格の推移を見る上での指標となります。

JA全農&農業関係者の反対運動
おいしい山形「各種食材・加工品」 …お求め お問合せは!
 当山形県の内陸部は吾妻.飯豊.月山.蔵王の各連峰等の山々に四方を囲まれた盆地に位置、一方沿岸部は日本海に面し鳥海山や月山の麓に広がる広大な平野に位置し、夏は日本一二の高温多湿、冬は豪雪厳寒な気候の土地柄、この寒暖の差や特有な自然環境 (災害の極めて少ない土地柄等)を受け、芳醇な多くの農産品を育みながら 「おいしい山形」を発信しております。
特に、今 旬の話題ブランド米「つや姫」をはじめ、山形には旨み豊富な農産物や加工食品が盛りだくさんあり、山形を訪れる多くの方々より“日本一おいしい県”として高い評価を頂いております。


山形 「味の逸品館 (健旬菜)」 http://yamagata-ajinoippinkan.com/yasai.htm
山形「味の逸品館 (米・餅・ソバ) http://yamagata-ajinoippinkan.com/kome.htm
山形「味の逸品館 (加工食品) http://yamagata-ajinoippinkan.com/kakosyokuhin.htm


編集後記 
山形は、ご存知「日本一おいしい」どっさり県です、出羽三山・吾妻/朝日各連峰のふところにひろがる盆地特有の気候風土の中.............肥沃な土壌・おいしいく豊富な湧き水・昼夜寒暖差など、物づくりの諸条件に恵まれ、数多くの 「日本一」を育んでおります。
「このメルマガの趣旨」
このメルマガは「産地/生産者の声」から流通の裏事情をおりまぜ、 如何に楽しく美味しさを体感していただけるか ?  生産者などの生の声を参考に色々な切り口でお知らせするものです、勿論 様々な書籍・各界達人の声を参考に食の効能Memoと故郷料理レシピも添えながら配信してまいります。
食の安全が叫ばれ、安全! 安心!の関心が日増しに高まっており、 今や生産者も作るだけでなく、流通から消費までの物流管理にいたる安全・安心が大きな関心となっております。
私は、山形県特産品の旬鮮Mart運営にあたり、できるだけ多くの生産者等の本音をお届けする事により、消費される皆様に本物の美味さを知っていただく伝道士的なお役に立てるのではないかと思っております。



発行元:有限会社 ジィアールワイ山形
メールによるお問い合わせ:gry@zpost.plala.or.jp
所 在 地:〒990-0301 山形県東村山郡山辺町大字山辺1261番地3
電話&Fax:光電話:023-664-5636     FAX:023-664-5636


■メールマガジン・アドレス登録
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「メルマ!」を利用して発刊しております。(http://www.melma.com/

購読者登録をして頂いた方には「メルマ!」からも時々ニュースが届きます。 又 無断掲載・転載を禁じています。  

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-11-10  
最終発行日:  
発行周期:月2回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。