金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/11/28

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.408――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/11/28――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第408回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.138>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います


今回は、神戸市六甲山が舞台です。元保養所だった建物を利用し、作品

に触って楽しめる美術館をはじめた矢野茂樹さん(62歳)と妻・貴美

子さん(54歳)が主人公です。


茂樹さんは神戸の高校を卒業後、百貨店に就職しました。海外赴任も経験

するなど仕事にまい進しました。30歳の時、宝石店で働いていた貴美子

さんと結婚し、夫婦で宝石店を開き、お店を切り盛りしながら4人の子ど

もを育てました。その傍ら、趣味で彫刻品を集めていた茂樹さんは、いつ

しか作品を触って楽しめる美術館を開きたいと考え始めます。それは、若

くして亡くなった母・和惠さんへのある思いからでした。


茂樹さんが海外で仕事をしている頃、和惠さんはがんを患い失明しました。

茂樹さんに心配をかけまいと、家族はそのことを黙っていたそうです。視力

を失い、49歳という若さで亡くなった母親への思いを胸に決意したのが、

「目の見えない人にも美術品を楽しんでもらえる美術館」を開くことでした。

10年間で200軒近い物件を見て回り、ようやく見つけたのが六甲山にあ

る現在の建物でした。元保養所を自宅兼美術館として、2013年12月に

「六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ」をオープンしました。


かつて食堂で使われていた食卓は展示台に、元会議室は展示室に生まれ変わり

ました。さらに保養所時代の厨房を利用してレストランの営業も始めるなど、

美術館では保養所時代の設備を有効活用しています。


また新たな試みとして、六甲山まで来られない人にも触れる美術館を体験し

てもらおうと、店などに美術品を運び込み展示する「移動式美術館」も始め

ました。作品に触れる新しい美術館を多くの人に楽しんでもらおうと日々奮

闘する茂樹さんと、それを支える妻・貴美子さんの日常を紹介します。


以前は保養所として使われていた「六甲山の上美術館 さわるみゅーじあむ

」は保養所時代のテーブルや部屋などを今も活用しています。随所に保養所

の名残が見られ、普通の美術館とは一味違った雰囲気を楽しめます。


この日は視覚障害を持つ方々が来館されました。普段はできない美術品を

「さわって鑑賞する」という新しい楽しみ方にみなさん大満足。お客さんの

笑顔を見て、茂樹さんや貴美子さんも嬉しそうでした。


広々とした美術館ですが、矢野家の皆さんが過ごす「リビング」はかつての

「管理人室」です。こじんまりとした空間で過ごす家族団らんのひと時。な

んだかホッとするひと時です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.11 NO.34


先週は、息子と次女夫婦が遊びに来てくれました。息子とは、オープン

したばかりの洋食屋に食べに行きました。千歳烏山で営業していた「は

しぐち亭」という洋食屋で、店の環境が変わってしまい、一度店じまい

をしたそうですが、3年後に経堂で店を再開させたそうです。ちとかラ

イスというピリ辛の牛筋のマスタードライスは、一見黒カレーのようで

すが、デミグラスソースでとても美味でした。


次女夫婦とは、これまたお気に入りの洋食屋の「ウルトラ」という店に

食べに行きました。この店は、ハンバーグなどの洋食が美味しく、どの

料理もとても手が込んでいて美味しく、しかも安い店で、いろいろな料

理を堪能しました。


しかし洋食は、油こいのと夜の外出が続き、寒いところを出かけたせい

で、胃腸の調子を壊して、胃がもたれて仕方がない感じが今も続いてい

ます。まだ本調子には、なれないので、体力不足を感じます。


軽井沢での場合も寒いところに外出すると体調が悪くなるみたいで、こ

の状態が改善しないと、本調子には戻れない気がします。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。