金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/09/26

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.400――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 9/26――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第400回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.130>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います


今回の舞台は神奈川県箱根町です。箱根旧街道の側で喫茶店を営む方を

ご紹介します。


神奈川県箱根町で喫茶店「山小屋佐藤」を営む佐藤昭男さん(64歳)で

す。神奈川県小田原市で生まれ育った昭男さん。趣味の登山で出会った眞

里さんと23歳の時に結婚し、二男一女が生まれました。登山好きで森林

での生活に憧れていた昭男さんは子育てが落ち着いた頃、早期退職を決意

しました。


退職後、自然に溢れた土地を探し始めました。箱根町に土地を購入し、植

物が生い茂る自然を残しながら山小屋を建築し、箱根で生活を始めると、

ご近所さんたちに敷地の木々や野鳥の説明をするようになり、いっそのこ

とお店にしようと2008年10月「山小屋佐藤」をオープンしました。

お客様をもてなしながら営業していましたが、眞里さんが癌と診断され63

歳で亡くなってしまいます。眞里さんが亡くなり塞ぎがちだった昭男さんで

したが、町の友人たちの励ましによって、再びお店を開くようになり、改め

て箱根町での暮らしを楽しんでいます。


約370坪の土地は、購入した当時のままの自然を残している「山小屋佐藤」

です。木々が生い茂る庭には、様々な野鳥が遊びにきます。ヤマガラやヤマバ

ト、ガビチョウに加えてキジも時々姿を現します。そんな箱根の自然が溢れる

小さな森の中で、美味しいコーヒーを楽しめると日々、様々なお客様がやって

きます。


箱根町の観光美化パトロール隊の隊員をしている佐藤さんは、この日は、地域

の隊員たちと芦ノ湖の湖畔から駒ヶ岳山頂へパトロールをします。路上に落ち

ているゴミを拾いながら、危険な場所がないかチェックしていきます。箱根駒

ヶ岳ロープウェーで山頂に上がり、周囲の確認を行います。これからも歴史と

自然が残る箱根町にしていきたいと、佐藤さんは活動に力を入れています。


箱根に370坪の土地とは、羨ましい限りですが、奥様が健在でしたら、二人

でいい喫茶店ができたと思いますが、仕方がないですね。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.9 NO.28

先週クリーンルームに入れたことは、報告しましたが、キロサイトの大量投

与が終わって2日目で、すでに白血球の値が、300となりました。従来は

もう少し数値が下がってくるのが、遅いのですが、相当骨髄がくたびれてい

るようです。

翌日には、白血球が100未満に下がり、いよいよ無防備状態に入ってきま

した。2日儀にはいよいよ熱が出てきました。今回は36.8℃台で止まっ

ているので、くらくらする感じはありませんが、前回は2週間程度高熱が続

きましたので、予断を許せない状況です。


今回は、担当医師も前回の高熱を踏まえて、早めに抗生剤を投与していただ

いたいるので、何とか抑えられている感じがします。後は、いつ白血球が、

上がってくるかを待つのみです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。