金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/08/15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.394――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 8/15――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第394回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.124>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、葡萄や桃の産地として知られる山梨県甲州市です。代々続

く桃農家を継ぎ、桃の魅力を多くの人に知ってもらいたいと、今年の春か

ら自宅で、「桃娘農園カフェ」を始めた堀川清美さん(52歳)が主人公

です。


甲州市出身の清美さんは、3姉妹の次女として生まれました。夏休みも放課

後も、畑を手伝う事が当たり前の子ども時代でした。地元の短大を卒業後、

市役所に勤め、28歳で甲府市出身の会社員、敦さんと結婚し二人の男の子

を育てます。


清美さんは、子育てや共働きの間でも、忙しい時期になると実家の桃農園を手

伝っていました。その後、母が体調を崩し、一人で働く父の姿を見て、自分が

桃畑を守ろうと一念発起します。2010年に後を継ぎ、父と二人三脚の桃農

家になりました。そして今年、専業農家になって6年、たくさんの人に桃の美

味しさを知ってもらいたいと、自宅のリビングを改装して、桃を使った料理や

限定デザートを提供する「桃娘農園カフェ」を始めました。


専業農家になって6年の立派な桃を育てている清美さんに、美味しい桃の見分

け方を教えてもらいました。「色が綺麗で、玉が張っている感じ、そして果点

が入ってるほうが甘い」そうです。果点とは、皮に現れる白い点々模様のこと

で、太陽がしっかり当たって、甘くなった証拠です。購入する際、参考にして

みてください。


今年の春から始めた農園カフェでは、清美さんは畑で収穫したての桃を、パス

タの具にしたり、桃のコンポートを使った桃カレーにしたりと、様々なアイデ

アを試みています。収穫最盛期の7月8月には、期間限定の桃パフェを新作に

加えました。自家製桃ジャム、桃のコンポート、フレッシュな生の桃を段々に

重ねて、色んな食感を楽しんでもらいたいと考えたデザートで、人気となって

います。


清美さんは桃の育て方を父から教えてもらいましたが、よりよい桃を育てたい

と、地元のベテラン桃農家に教えを請いました。先輩たちは、52歳の清美さ

んを赤ん坊と呼びます。それでも女衆のリーダーにさせたいと期待しています。

そして、地元の桃研究会にも積極的に参加し、いろんな種類の桃の苗木を育て

ています。ふるさとの桃を未来に繋いでいく、大きな責任を感じています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.8 NO.22

やっと先週の土曜日に退院することができました。先週は熱も下がり、本当

はもっと早く退院できると思っていたのですが、今回は、前回よりさらに2

日間長い37日間の入院となってしまいました。


前回と同じ大量のキロサイトという抗がん剤投与を行ないましたが、今回

は前回のような薬疹はできなかったですが、クリーンルームに入れなかっ

たこともあり、今回は白血球が100未満に下がってから急性胃腸炎、気

管支炎と最後は肺炎にもなってしまい、抗生剤などの点滴が退院前日まで

続き、退院しても大量の薬を渡されました。


やはり、2回目の抗がん剤の投与のせいで、確実に体が回復する力が落ち

ており、3回目の入院も1か月以上体を休ませて欲しいと先生に訴えまし

たが、1か月後の9月12日の再入院となる予定です。


今回の入院時も春日部の仲間からメールをいただいたり、同級生の社会保

険労務士から声が聞きたいと電話がきたり、いろいろと励まされました。

もちろん熱が高い状態が続き、妻にも病院に来てもらう回数も増えて、負

担をかけてしまい感謝しています。


今週から自宅リハビリが始まりました。6時に起きて散歩をしますが、病院

内とは違い、人をよけながら歩くので、まだフラフラしていますが、しっか

り歩けるように頑張ります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。