金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/07/25

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.391――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 7/25――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第391回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.121>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、東シナ海に面した沖縄を代表するリゾート地、恩納村が舞台です。

客室の窓から望む東シナ海の絶景と沖縄の家庭料理が魅力の「ペンション

ほろほろ」を営む清水江津子さん(62歳)と夫の岩男さん(649が主人

公です。


沖縄県本部町出身の江津子さんは、愛知県の大手自動車メーカーで産業保健

師として働いていました。27歳の時、趣味の油絵を通じて三重県出身の岩男

さんと結婚し、2人の娘が生まれました。長らく故郷の沖縄を離れていた江津

子さんでしたが、48歳の時、小学校のクラス会に参加したのをきっかけに、

故郷の素晴らしさを再認識しました。江津子さんは産業保健師という仕事を通

て、頑張っているたくさんの人たちと接してきました。定年退職後は、そんな

頑張っている人たちが、休日にのんびりと過ごせるようなペンションを沖縄で

始めたいと考えていました。そして2013年、江津子さんの定年退職を機に

名古屋から移住し、翌年1月に念願の「ペンションほろほろ」をオープンしま

た。


清水さんご夫婦が営む「ペンションほろほろ」は、4室の小さな宿ですが、ど

の部屋も広くゆったりとした空間になっています。各部屋には岩男さんが趣味

で描いた風景画が飾られています。食事はチャンプルーやシリシリーなど沖縄

の家庭料理が中心。母親の味を思い出しながら江津子さんが腕によりをかけて

作ります。


ご夫婦はペンションで出す料理の食材の調達に出掛けます。海ぶどうは漁港で、

野菜などは道の駅でと大忙し。朝食に出すフルーツは近所の農家に分けてもら

っています。


パッションフルーツを栽培している當山さんご夫婦とは、普段からお酒を酌み

交わす仲。ペンションを始めて、ご近所とのつながりが更に深くなりました。


沖縄といえばバーベキューです。休日には親戚縁者が集まりワイワイやるのが

夏の定番で、江津子さんの妹さん家族やご近所さん、そして可愛い孫たちも参

加して、「ペンションほろほろバーベキュー大会」です。江津子さんと岩男さ

んが感謝の気持ちを込めて乾杯し、皆で食べて飲んで、カチャーシーを踊って

楽しいひと時を過ごしました。ふるさとに帰りペンションを始めて良かったと、

改めて沖縄の良さ、人の良さを実感したご夫婦です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.7 NO.19

いよいよ白血球の値が、0に下がりました。たぶん月曜日の夜からさがっ

ていたみたいで、夜にシャワーを浴びたのですが、ちっとも体が温かくな

ならず、寝る時も寒気がしてしょうがありませんでした。


翌日の血液検査では、ゼロになったのが、判明し、その日の朝食は、食べ

られたのですが、そこから寒気が止まらず、体がガタガタ震えている状況

でした。


そうしたら急に吐き気がして、戻してしまい、さらに下痢が続きました。体

はもうろうとして、車いすでトイレに連れていかれました。体温は最高で、

40度まで上昇し、そこから体がだるくひたすら寝ているだけです。夜も37

℃台で朝まで良く覚えていません。


翌日になると体温は6℃台まで下がり、やっと動くことができました。しかし

この状況が続いておsり、現在7℃台で体がだるくてしかたありません。


いつになったら、状況が落ち着くのか心配です。特に通常はこの状態では、ク

リーンに入るのですが、移植患者が万床であり、入ることができないんで、さ

らに二次感染するおそれがあります。


どうなるのか白血球があがるのをひたすら待っているしかありません。耐え忍

ぶ日々です。



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。