金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/07/11

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.389――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 7/11――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第389回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.119>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、鳥海山を望む秋田県由利本荘市が舞台です。野菜や山菜の産地直

売所を営む大坂日出雄さん(61歳)と妻の真理子さん(62歳)が主人

公です。


秋田県横手市出身の日出雄さんは、23才の時に真理子さんと結婚し、2

人の子供が生まれます。大手家電メーカーの営業マンだった日出雄さん、

家族で転勤生活を送っていました。そんなサラリーマン生活を送る中で、

「定年退職後はのんびり田舎暮らしをしたい」と55歳から定年後の定住

地探しを始めました。そして見つけたのが由利本荘市内の空き家で、日出

雄さんが定年を迎えた2015年3月、宮城県仙台市から移住しました。


移住して1年、すっかり地域に馴染んだご夫婦でした。すると、地元農家

から「産地直売所を始めないか」との話が舞い込みます。購入した中古の

家は国道沿いにあるため、産直には好立地だったのです。農家さんの提案

に日出雄さんは「じゃ、やりましょう!」と即答しました。こうして、野

菜や山菜を販売する「産直やしお」を今年4月にオープンしたのです。


産直オープンから1ヵ月、ご夫婦は更に新しい事を始めようとしていまし

た。それは、農家民宿です。「地元の美味しい食材を使った家庭料理を提

供し、田園風景を眺めながら、のんびりと過ごしてもらえる宿をしたい」

というのが、ご夫婦の夢だったのです。


大坂さんご夫婦が営む「産直やしお」では、地元農家さんが丹精こめて作

った野菜のほかに、大坂さんご夫婦が朝、近くの山で採ってきた山菜も並

んでいます。オープンすると続々とお客さんが来店、その様子にお2人も

嬉しそうです。店内には「お茶っこ飲み場」という茶飲みスペースもあり

会話に花が咲きます。


この季節、夫婦の日課になっているのが朝のワラビ採りです。お世話にな

っている農家さんに「採りきれないから好きなだけ採っていいよ」と言わ

れています。山菜の宝庫の山では、1時間ほどで沢山のワラビを採ること

が出来ました。地元農家さんと山の幸に感謝です。


ご夫婦には、以前からやりたいことがありました。それは、農家民宿を開

くことです。今日は、その長年の夢が叶い「農家民宿やしお」オープンの

日です。民宿では、旬の山菜や野菜を使った真理子さんの手料理を味わう

ことが出来ます。この日は、山菜のミズを使ったオリジナルの料理を作り

ました。日出雄さんは接客担当。家庭的な雰囲気と真理子さんの手料理に

お客様も満足な様子でした。大坂さんご夫婦にとって忘れられない1日に

なりました。


秋田には、中学自体からの親友が、奥さんの実家の近くに住んでいます。

私と同じ系列の会社にいましたが、定年後は奥さんの実家の側に済むこと

を決めていたようです。幸い定年後の再雇用で秋田事務所の所長として、

働く場所を会社が用意してくれたそうです。羨ましい話です。秋田は、い

いところなので、一度遊びに行こうと思っています。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.7 NO.17

先週に病院から金曜日から入院できると連絡があり、金曜日の午前中に入

院したしたが、約1カ月自宅にいて、前回の入院時の薬疹の影響で、なか

なか体力が回復しない状態であり、やっと回復してきたところであり、正

直入院が伸びて助かりましたが、いよいよ来たという感じでした。


またもともと約1カ月のインターバルをいただいたのは、社労士の仕事が

労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届と非常に忙しく、7月4日入

院では、ぎりぎりの日程であり、まして再入院の前日まで、会社に呼び出

しもあり、本当に助かりました。


入院が遅れていたこともあり、初日から足の付け根の静脈のカテーテルを

挿入されて、その日の夕方から点滴を開始し、翌日の土曜日から、抗がん

剤のキロサイトの大量投入が始まりました。さずがに最初に抗がん剤を入

れた時は、吐き気止めやステロイドも入れているのですが、気持ちが悪く

夜は頭も痛く、眠れませんでした。


この抗がん剤を、5日間水曜日まで行いますので、厳しいことと、抗がん

剤が終了すると、数日後に白血球が、ゼロまで下がり、細菌等の感染など

しやすくなるので、ここが非常に心配です。前回は、白血球がゼロになっ

たときに、クリーンルームに入れたのですが、今回は移植患者が多く。入

ることが厳しいと言われてしまったので、その心配もしなくてはいけませ

ん。


また患者仲間もいるのですが、丁度1人は、退院し、1人は金曜日から自

宅に一時帰宅し、1人はクリーンルームに入っているので、話す相手もい

ない状況で、気分転換ができません。また点滴は24時間なので、院内を

歩き回ることもできず、ストレスが溜まります。


この生活になれるまで、時間がかかりそうですが、何とか頑張るつもりで

す。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。