金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/06/27

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.387――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 6/27――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第387回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.117>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、青森県今別町が舞台です。絶景が広がる景勝地 高野崎でお食事

処、「海の駅 高野崎」をオープンした池田よし子さん(62歳)と夫の

澄夫さん(72歳)が主人公です。


今別町の袰月(ほろづき)地区で生まれ育ったよし子さんは16歳の時に

上京しました。22歳の時、広告代理店に勤めていた澄夫さんと結婚し、

4人の子どもが生まれました。家族で福島県に移り住むと縫製工場を経営、

仕事と子育てに追われる日々でした。


そんな中、楽しみは、子供たちと故郷・袰月を訪れることでした。東京出

身の澄夫さんも、袰月の自然や人の温かさに惹かれていきました。子ども

たちの独立を期に、夫婦で袰月に移住し、のんびり暮らそうと考えていた

お二人でしたが、地域の人たちから「みんなが集まる憩いの場所がない」

という話を聞きました。「大好きな故郷を元気にしたい」と、お二人は、

2015年4月、町が所有する空き店舗を借りて、お食事処「海の駅 高

野崎」をオープンしました。


「海の駅 高野崎」の自慢はラーメンです。フノリ、ワカメ、ネマガリタケ

など地元の食材をふんだんに使っています。袰月の海の幸、山の幸、そし

て、よし子さんの愛情がたっぷり詰まった一杯です。


地元の名産は海藻です。季節によって獲れるものはさまざまです。毎朝、漁

に出るのは、70歳を超えるベテラン漁師さんたちで、過疎と高齢化が進む

今別町ですが、浜にはいつも笑顔があふれています。


「海の駅 高野崎」は、みんなの憩いの場で、常連さんが手作りのお菓子を持

ってきてくれました。仲間が集まれば、自然と話に花が咲きます。お腹も心

も満たされるお店です。


これまで賃貸住まいだったお二人ですが、海辺の家を購入し、引っ越しです。

新居のお気に入りは2階の窓からの眺めで、目の前に広がるのは津軽海峡です。

この景色を眺めながら、コーヒーを飲むのが澄夫さんにとって至福の時なんで

す。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.6 NO.15

退院から2週間経過し、だいぶ体調も戻り始めて、朝も1時間程度の散歩もコ

ンスタントにできるようになって来ています。あと再入院まで、1週間は、し

っかり体力づくりをするように心がけなければいけません。


また社会保険労務士の仕事も、労働保険の年度更新は、大体片が付き、今度は、

7月1日に迫った社会保険の4月から6月までの給与で、年間の標準報酬が決ま

る算定基礎届の作業が佳境に入って来ました。6月の給与が支給されて、年金事

務所から来た算定基礎届が続々事務所へ送られてきます。


今週は、1日の申請に向けた準備をして、給与実績をもとに、資料を作成して、

何とか入院する7月4日までに、申請を終えるようにしたいと思っています。


また先週の日曜日は、次女夫婦が、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの子

犬を見せに、自宅に来ました。真っ黒でまだ体は小さいですが、男の子で15キ

ロくらいには、なりそうです。まだ子供もいないのに飼ったのか聞いたら、ペット

ショップで一目ぼれしたそうで、2週間考えた末に、どうしても欲しくて買って

しまったそうです。


内のシェルティとは、初対面ですので、二匹とも少しまだ慣れない感じでしたが、

子犬はとても可愛いので、楽しい時間でした。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。