金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/05/02

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.379――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 5/ 2――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第379回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.109>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、松本盆地の南に位置する長野県塩尻市が舞台です。小学校の木造

校舎をイメージしたカフェ「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」を営む井駒由

佳さん(57歳)と夫の敦志さん(58歳)が主人公です。


子どもの頃から絵を描くのが好きで、長野県の精密機器メーカーでデザイナ

ーとして勤めていた由佳さんは、40代になると、木工教室やビーズアクセ

サリー教室、洋裁教室などに通い手芸を楽しむようになりました。そして、

同じように「もの作り」を趣味にする人たちが集まれる場所を作りたいと、

2014年に会社を早期退職して自宅を改築し、「みなと喫茶部 夜間部 手

芸部」をオープンしました。


昼の喫茶部、夜のコース料理を楽しめる夜間部、そして洋裁教室などを行う

手芸部と、三つの顔をもつカフェです。お店の看板メニューは、フライパン

でお客様にお出しするパンケーキです。夫、敦志さんも仕事が休みの日には

お手伝いしてくれています。


手芸部で、由佳さんが講師となって教えているのは「カルトナージュ」です。

厚紙に紙や布を貼り、箱などの小物を作るフランスの伝統的な手芸です。特

別に注文した大きな作業用のテーブルを囲み、みんなと「もの作り」の楽し

さを共有しています。また、早期退職した由佳さんの元同僚には、同じく会

社を退職して新たな取り組みを始めた人たちが大勢います。農業や養蜂、ワ

イン作りなどを始めた仲間たちは「夜間部」で、さらに大きな夢を語り合い

ます。


店名の「みなと」は「みんなと一緒に」という意味で、由佳さんと敦志さん

は、カフェを訪れる「みんな」と、楽しく充実した日々を過ごしています。


「みなと喫茶部 夜間部 手芸部」の看板メニューは、フライパンごとお客様

にお出しするパンケーキです。チョコバナナのパンケーキやりんごのタルト

・タタン風パンケーキなどの甘いメニューに加えて、日替わりで食事用のメ

ニューも用意しています。水曜日はクリームチーズのパンケーキで、具がた

っぷり入ったクリームチーズソースが絶品です。


お店で一番大きな机を使って行われるのが「カルトナージュ教室」です。こ

の日参加した生徒さんたちは、楽譜入れとメモホルダーに挑戦します。「素

早くキレイに糊付けする」ことが一番のコツだという「カルトナージュ」です。

由佳さんの指導のもと、丁寧に作業したおかげで2人とも立派な作品を作る

ことができました。


早期退職後、新しいことにチャレンジしている仲間のもとへやって来た由佳さ

んは、「夜間部」の料理用に、仲間たちが作っている食材を分けてもらいます。

退職後、ブドウ園を継いだ塩原さんからはシャインマスカットと巨峰ジャムと

長イモを、養蜂を始めた保坂さんからは蜂蜜を頂きました。


井駒さんご夫婦の元同僚たちが集まった「夜間部」です。由佳さんお手製の料

理を楽しみます。分けてもらった長イモはアヒージョに、蜂蜜を入れたトマト

ソースは鶏肉にかけました。元同僚たちが作った食材でコラボレーションです。

商品化などに向けて夢が広がります。


塩尻の街の背景には、南アルプスの山並みが見えて、松本に居たころを思い出

しました。しかしこの方は、何でもできるので、地元の仲間が集まり、情報交

換する環境は、理想的な生活ですね。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.5 NO.7


先々週の水曜日に退院し、約1週間以上過ぎて、すっかり入院前の暮らしが

戻って来ました。朝は6時に起きて、1時間歩くことは続けており、体重も

元に戻りました。


入院中も病院の中を歩いていましたが、絶対的な運動量は少ないので、体重が

3キロ近く増えていましたが、朝だけでなく昼も、犬の散歩や、ウォーキング

で体を鍛えています。


連休中なので、子供達とも食事に行ったり、会う機会も増えました。先日は、

畑を任せている長女夫婦と2か月ぶりに家庭農園に出かけました。前にお世話

になったスタッフにも挨拶ができ、土いじりはできないので、もっぱら孫の面

倒を見ました。やっと歩くことができるので、後ろから追いかけて、他人の畑

に入らないようにすることと、転んでは大変なので一瞬たりとも目が離せない

ので、疲れてしまいました。


畑は、3月に植えた青梗菜、小松菜、ホウレンソウ、ルッコラ、二十日大根な

どは、すべて収穫して、次にトマト、ピーマン、ズッキーニ、バジルなどを植

えていました。農業経験がないのに、きれいに手入れをしています。


収穫後は、会員用の部屋で、皆で経堂の老舗で購入したお赤飯やお稲荷さん、

柏餅などを食べて楽しいひと時でした。今度は、トウモロコシや枝豆も作って

欲しいなと思いながらも、すべて任せたので、何も言わないと戒めていました。


しかし娘夫婦もすっかり農業にはまっているみたいで、本当にありがたいこと

だと思っています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。