金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/04/25

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.378――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 4/25――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第378回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.108>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回は、和歌山県海草郡紀美野町が舞台です。雄大な自然が広がるこの地

に、3年前、大阪から移住し、憧れだった愛犬と一緒に田舎暮らしを始め

た稲毛誠治さん(54歳)と、妻・るみ子さん(51歳)が主人公です。

2年前からは、自宅の古民家を使って農家民泊を始めました。


大阪府で生まれ育った誠治さんは高校を卒業後、大手電機メーカーに就職

しました。21歳の時、るみ子さんと社内恋愛の末に結婚し、二人の男の

子が生まれました。転勤族として地方を転々としていた誠治さんは「田舎

の暮らしもいいなあ」と思うようになり、49歳の時に田舎への移住を決

意し、大阪から電車でわずか一時間半で行ける、自然豊かな和歌山県紀美

野町で一軒の古民家と出会います。


2013年に会社を早期退職、紀美野町への移住を果たしました。そんな

誠治さんには長年抱いていた夢がありました。「犬を飼って、田舎で一緒

に暮らしたい」移住を決めたのと時を同じくして、ネットで売りに出され

ていた柴犬の赤ちゃんに一目惚れし、柴犬のJINくんを新たな家族に迎え、

紀美野町での暮らしを始めました。


移住から1年後、「田舎の良さを体験してもらいたい」という思いで、築

およそ70年の古民家を改装し、「農家民泊 JINと小梅」をオープンし

ました。愛犬JINくんの名前と地元の地名「梅本」から一字もらって名付

けました。まだまだ慣れない田舎暮らしですが、2人と1匹で力を合わせ

て奮闘する、稲毛さんご夫婦の田舎暮らしを紹介します。


深い山々に囲まれた和歌山県紀美野町に移住後、誠治さんは荒れ放題だっ

た遊休農地を自ら開墾し、夫婦で野菜作りを始めました。自家製野菜で、

宿泊のお客様をもてなしたい、と頑張っています。チンゲンサイのつぼみ

も食べることが出来ると、地元の方に教わりました。


稲毛さんご夫婦が営む「農家民泊 JINと小梅」は生石山(おいしやま)

の中腹にある絶景の宿です。「JINと小梅」には決まった体験プログラム

はありません。「その季節に合った田舎暮らしを楽しむ」というコンセプ

トで、散歩したり、野菜を収穫したりとお客様の要望に応えています。今

日は、山菜摘みを体験してもらいます。これぞ、山里の楽しみのノビルに

ヨモギにツクシ、夕飯が待ち遠しいです。


家計を支える為、誠治さんは植木栽培も始めました。公園や道路の街路樹

として見かけるシャリンバイという植木を、300坪の畑でおよそ300

0本育てています。小さな苗から育てて2年で今年から出荷できるように

なりました。植木は野菜に比べて、天候に左右されにくく値段も安定して

いる為、収入の計画が立てやすいんだそうです。


古民家に住んで、犬と暮らし、野菜作りをする夢を持つことは、よくあり

ますが、農家民宿と街路樹作りで家計を支えるというアイディアは、とて

も素晴らしいと思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.4 NO.6


先週もトリセノックスという亜ヒ酸の抗がん剤を投与していますが、25回

が終了しましたが、幸い何も副作用もなく、不整脈にもならず、先週の水曜

日に一時退院をしました。次回は、約2週間後の5月6日に再入院します。


退院直後は、気分的にはのんびりすることができましたが、暖かい病院に比

べて自宅は寒い気がして、慣れるのが大変でした。また2週間という中途半

端な期間なので、次回の入院に備えて体調を整えることが、最大の課題です

ので、気が抜けません。


最初に考えたのは、病院にいる時は、6時の起床からすぐに、約1時間かけ

て病院の内部を歩き回って7000歩くらい歩いていましたので、家でも6

時に起きて、近くの烏山緑道を、約1時間散歩することにしました。


そうしたら2日目に、足の裏が痛くなり、3日目は歩くことができませんでし

た。病院の床は柔らかい素材を使っているので、足の裏には負担がなかったの

ですが、外の道路は、コンクリートで硬いので、急に歩いたことで、足が痛く

なったのだと思います。


また病院の食事にはなかった肉料理やお寿司などを食べて満足しています。昨

日は、居酒屋で日本酒と刺身や季節の素材の料理を楽しみました。本当は、あ

まり生物は、敬遠した方がいいのですが、そこまで白血球が下がっていないの

で、堪能しています。


また病院では、WI−FIしか通信手段がありませんが、自宅ではWI−FI

環境があり、いくらでも通信量を気にすることなくネットが使えるのが、非常

にありがたいことです。病院では、見れなかった動画で海外映画やドラマを楽

しんでいます。

また先週は、リフォームをお願いした会社から雑誌に掲載する記事にしたいと

いう提案があり、前から欲しいと思っていた背の高いスツールを急いで2脚購

入して撮影に間に合わせました。とてもきれいに写真を撮っていただいたので、

雑誌がでるのが楽しみです。


来週は、いよいよゴールデンウィークなので、子供の家族と食事をしようと考

えています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。