金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2016/04/11

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.376――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2016/ 4/11――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第376回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.106>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。

今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、ブリの日本三大漁場の一つ、三重県尾鷲市九鬼町(くき

ちょう)です。故郷にUターンし、仲間とともに地域おこしの食堂を手

伝う、川上修史(かわかみしゅうし)さん(65歳)と妻の里美(さと

み)さん(62歳)が主人公です。


大阪の繊維メーカーで、忙しい毎日を送っていた修史さんは、いつかは故

郷・九鬼町に戻りたいと考えていました。里美さんにも気持ちよく移住し

てもらいたいと、定年前に、1年かけて築100年以上の実家をリフォー

ムしました。そして定年を迎えた2010年、夫婦で九鬼町に移住し、小

さな漁港の町で田舎暮らしが始まりました。


移住後は、好きな釣りをしたり、のんびりと日々の暮らしを楽しんでいた

修史さんですが、毎年15人くらいずつ人口が減少していく現実を知り、

「自分の故郷がなくなってしまうのではないか」と思い始めます。そんな

中、町に一軒もなくなってしまった食堂を立ち上げようと、東京から地域

おこし協力隊の青年が赴任しました。修史さんは、彼に協力するため仲間

に声をかけ、店舗の内装を手伝うなど、町に活気を取り戻すための活動を

始めました。そして、2015年5月、土日限定の食堂「網干場(あばば)」

がオープンしました。


赤い屋根と窓から見えるオーシャンビューが自慢の「網干場」は、近くの

市場から仕入れた魚が評判で、営業日の土日には、観光やリピーターのお

客さん達でにぎわっています。メニューは、刺身・ミックスフライ・にぎ

り寿司定食の3種類。また、九鬼ブリを使ったしゃぶしゃぶも人気です。

お店に立つのは、ボランティアで手伝う地元の方々で、厨房とホールに分

かれ、「網干場」を盛り上げています。


仕入れを担当するのは、修史さんと地域おこし協力隊の豊田さんです。漁師

町自慢の美味しい魚を食べてほしいと、早朝から市場に出向きます。営業日

の2日前からブリを仕入れ、前日には刺身やフライの魚を選びます。仕入れ

た魚は、去年移住したばかりで、水産関係の仕事をしていた岸田さんが捌き

ます。捌きのプロによって施された丁寧な下処理のおかげで、臭みもなく素

材本来の旨みを感じることができます。



里美さんは「網干場」を手伝う傍ら、修史さんの親せきから漁港の目の前に

ある喫茶店を任されています。ここは、里美さんが地元の方と顔見知りにな

るにはうってつけの憩いの場。地元の老人会の溜まり場にもなっています。

「このお店のおかげで、町に慣れた」と話す笑顔の里美さん。今では、地元

の方たちと話すのを楽しみにしています


港から歩いて30秒ほどの場所にある川上さんご夫婦のご自宅です。築10

0年以上経つ修史さんの実家を和風モダン風にリフォームしました。そんな

自宅で行われる、仲間を呼んでの宴。1人1品料理を持ち寄りました。集ま

ったのは、故郷が大好きでUターンしてきた地元組と、九鬼町に魅せられて

移住した皆さんです。年齢は様々ですが、九鬼町の魅力を語り合いました。

素晴らしい仲間たちに囲まれて幸せそうな川上さんご夫婦。これからも九鬼

町での暮らしを満喫しています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

白血病闘病記2016.4 NO.4


先週もトリセノックスという亜ヒ酸の抗がん剤を投与していますが、18回

が終了しましたが、幸い何も副作用もなく、不整脈にもならず、週末は一時

帰宅しています。何か昔の単身赴任時代を思い出します。


しかし全部で25回の治療の内、前回は、20回になる前に不整脈が起こって

しまったので、今週が本当のやまでないかと考えています。


入院も3週間になると、本当に体がなまってきます。そこで朝6時に起きたら

すぐに身支度を整えて、病院内を歩き回ることにしました。


まず朝起きると、ベッドの上でいつも行っているように、ストレッチと腹筋を

します。そしてエレベーターは使用せずに、階段で1回に降りて、玄関まで行

って一度外に出て、外の空気を吸いながら、体をほぐすようにストレッチの続

きを行います。守衛の人が怪訝そうな顔をして見ていますが、挨拶して外の空

気を吸うだけだよという態度を見せます。


その後は、2階まで階段を上り、新しくできた本館に移ります。このフロアー

は、診察する窓口や診察室がありますが、朝の6時半は、誰もいないので、入

り組んだコーナーが沢山ありますが、そこを5周から多い時だと8週くらいま

で早足で歩きまわります。全部で5000歩以上は歩くようにしますので、か

なり同じ場所をぐるぐる回っています。夕方の人がいない時間も歩きますので

7000歩くらいは歩いています。


しかしパジャマで歩き回るのは、抵抗感があるので、今回の入院は、下はジョガ

―パンツ、上はTシャツなど極力普通の服装で過ごしています。シューズもしっ

かり履いていますので、そのまま見れば普通の方と変わらないと思います。これ

は、自分でも普通の姿でいると病人だと思わないと感じることができ、気分も良

くなるからです。


先週は、中学時代の同級生で同じ大学ですが、交流がなく、数年前同窓会で再会

してから同じ世田谷に住んでいることから、たまに飲みに行ったりするようにな

りました。彼がNPOの理事を務めている団体の社会保険労務士が年で死亡して

困っているので、何とかならないかという話になり昨年から顧問として仕事をさ

せてもらっています。打ち合わせを兼ねてお見舞いに来ていただきました。


入院しているとお見舞いの方が来ていただけるのは、気分転換になりますので、

本当に助かりました。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2016 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 












規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。