金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/11/09

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.354――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/11/ 9――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第354回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.84>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は、江戸時代に城下町として栄えた、宮崎市佐土原町です。趣

味を生かして「火鉢工房」を始めた小山隆さん(68歳)が主人公です。


郵便局で働いていた隆さんの趣味は木工です。20年ほど前、実家にあ

った古い木の火鉢を真似して作ってみたのがきっかけで、火鉢作りにの

めり込んでいった隆さんですが、その後2013年、退職を期に自宅の

隣に「火鉢工房」を立ち上げ、大好きな火鉢作りに打ち込む日々をスタ

ートさせます。


毎日火鉢作りに没頭する隆さんをいつも温かく見守っているのが妻の伸

子さん(61歳)です。魅力あふれる木の火鉢を作り続ける隆さんの周

りにはいつも人が集い、とってもにぎやかです。


隆さんの「火鉢工房」では、お客さんからの注文を受けてから火鉢を作

ります。ヒノキや杉、高級材のケヤキなど、様々な木材を揃え、大きさ

や形など、お客さんの要望に沿って作っていきます。隆さんがすべて手

作業で作り上げる「世界に1つの火鉢」は、お客さんに大好評。火鉢の

ある生活を楽しんでいる方が沢山いらっしゃいます。


常に火鉢作りに没頭する隆さんを支える、妻の伸子さんは、これまでも

火鉢一筋で突き進んできた隆さんを、見守ってきました。ついつい家の

ことは二の次になってしまう隆さんに半ば呆れつつも、火鉢を作って人

を喜ばせている姿を誇らしくも思っています。そして、伸子さんの支え

があるからこそ、隆さんは日々、大好きな火鉢作りに集中できるのです。


隆さんは、火鉢を通じて知り合った沢山の友人がいます。火鉢作りに使

う木材を提供してくれる製材所の佐谷野さんや隆さんの端材でだんじり

のミニチュア作品を作っている品部さんも、そんな仲間です。暖かく、

心を和やかにする火鉢の周りには、自然と人が集まって来るんですね。


隆さんの夢の1つが、火鉢を使った居酒屋を開くことです。「友人限定

・予約制」という条件でなんとか伸子さんの了承を得て開店しました。

隆さんの隆と、伸子さんの伸を合わせて「隆伸山荘」と名付けました。

友人限定なので、ご夫婦もお客さんと飲みながらおしゃべりを楽しみ

ます。


人生の楽園ホームページ(H27年11月7送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週は、今年の1月に引き続き、四日市商工会議所の創業カフェで、シ

ニア向けの創業セミナーの講師を務めました。


今年のセミナーの出席者は、参加数は同じ程度ですたが、女性が3名い

たことが、昨年と違いました。やはり最近は女性の創業者が増えてきて

いるようです。


せっかく四日市まで行くので、今年は伊勢志摩に行こうと思っていたの

で、志摩スペイン村ホテルとタサラ志摩ホテルに宿泊して、レンタカー

を借りて英虞湾や賢島などの志摩のドライブも楽しみました。


今回も妻と一緒の旅でしたので、普段の罪滅ぼしに、タラソテラピーで

有名なタラサ志摩ホテルで、リラクゼーションを体験してもらいました。

このホテルは、女性の宿泊客が多く、中には一人で連泊している方もい

ました。


またスペイン村は、前から行ってみたいと思っており、フラメンコやス

ペインの街並みが再現されていて、とても楽しいところでした。隣接す

るホテルは、やはりスペイン風の非常に大きい建物で、スペイン料理も

堪能しました。


また鳥羽は、ミキモト真珠が有名ですので、アクセサリーをねだられて、

買わされました。鳥羽のホテルには、ミキモトの店が必ず入っているの

で、女性には魅力があるかもしれません。


最後は、名古屋で1泊して、名古屋市内で人気第一位である「トヨタ産

業技術記念館」やノリタケ工場跡地の「ノリタケの森」を見学しました。

特にトヨタの記念館は、豊田佐吉が設立した豊田自動織機などの歴史や

その後のトヨタ自動車を作るまでの様々な当時の機械や苦労の跡がわか

るようになっていて、工場見学で日本第一位になったのもうなずけます。


セミナー講師だけでなく自然や社会見学もした、とてもいい旅でした。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2017 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 











規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。