金融・保険

アクティブ・シニア・クラブ

リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。国からしっかりお金(年金、給付金、助成金)をもらう方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が伝授します。

全て表示する >

アクティブ・シニア・クラブ

2015/10/26

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

アクティブ・シニア・クラブ2(兼業起業家への第一歩)

――NO.352――――――――――――――――――――――――

「リストラ、パワハラ、給与ダウンに負けるな!中高年サラリーマンよ。

国からしっかりお金(年金、給付金、助成金をもらう方法と会社員のまま

で事業主になる方法を社会保険労務士&行政書士の國井正が教えます。」

―――――――――――――――――――――2015/10/26――

社会保険労務士&行政書士の國井 正です。

このメールマガジンのコンセプトは「兼業起業家への第一歩」です。

定年を迎えてから自分の好きな仕事をしようと考えている方は、多いと思

いますが、それでは準備が遅れます。

また定年退職してから新しい仕事に取組みには、時間はあるかもしれませ

んが、収入の目処がつくには時間がかかりますので、在職中から定年後の

仕事の準備を始めて、その仕事が順調になってから、サラリーマンをやめ

た方がうまく軟着陸できるはずです。


在職中であれば、将来の仕事に着手して赤字が出ても、給与所得と事業所

得の損益通算により現在の給与所得が減りますので、その分所得税が還付

されます。少しくらい失敗しても心強いですね。ぜひ今から新しい仕事に

チャレンジしましょう。


今回も、最終章の生涯のライフワークをどう考えていくかを、お話してい

く予定です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「兼業起業家への第一歩」シリーズ 第352回

その4 完全独立後も安定と成長

<その4 生涯のライフワーク NO.82>


ここからは、第2の人生を1起業家としてやっていくうえで、生涯のライ

フワークとしてどのように関わっていくかを考えて見たいと思います。


リタイア後は、仕事のことなど考えないで、悠々と過ごすと公言している

人もいますが、何年間も趣味に生きられる方は別ですが、定年後もできる

だけ、働きたいと思っている方のほうが多いのではないでしょうか。


日本の年金制度は、夫婦で安心して暮らしていくだけのレベルでは、あり

ません。また60歳から年金をもらえる時代ではなく、現在は65歳です

が、将来の年金改革では、間違いなく65歳以上に年金支給開始年齢が上

がっていくことが予想されます。


生涯のライフワークということは、年金に加える収入を得ながら、自分の

好きな仕事を一生涯続けることだと考えています。一生涯のライフワーク

には、どのようなものがあるか見て生きたいと思います。


今回も、私が大好きなテレビ番組「人生の楽園」から、生涯現役で頑張

っている方を中心にご紹介しようと思います。


今回の舞台は栃木県小山市です。早期退職後、日本茶専門のカフェを開

いた小林博さん(64歳)と妻の美智子さん(58歳)が主人公です。


物心ついた頃から、祖母・ハツさんが淹れる日本茶を飲んで育った博さ

んですが、東京の大学を卒業すると、猛烈サラリーマンとして忙しい毎

日を過ごしました。仕事一筋で生きてきた博さんにとって、幼い頃から

親しんできた日本茶を飲んでいる時が、何よりも安らぎを感じる瞬間だ

ったそうです。そしていつしか博さんは、「他の人たちにも美味しい日

本茶を味わって欲しい」と思うようになりました。


こうして、55歳で早期退職を決意し、2012年2月、日本茶カフェ

「ちゃみせ 茶るん」をオープンしました。「日本茶インストラクター」

の資格を持つ博さんが淹れる日本茶は、「家で淹れるお茶と違い、甘く

て美味しい」とお客様に評判です。それは「美味しくなれ」と真心を込

めて、一杯一杯丁寧に淹れるからです。これからも日本茶の良さをたく

さんの人たちに伝えていきたい、と願っています。


須賀神社の参道沿いにある「ちゃみせ 茶るん」は、大学生から外国人

まで、様々な客層に人気の日本茶専門カフェです。普段はパート勤め

をしている妻の美智子さんも、休みの日には店の手伝いをしてくれま

す。「茶るん」では、博さんが自ら全国を訪ね歩いて選りすぐった茶

葉を仕入れています。お客様は、煎茶・玉露・抹茶・和紅茶など常時

12種類を超える銘柄から自分好みの茶葉を選んでオーダーすること

ができます。お茶請けの和菓子も、全国から取り寄せたこだわりの一

品です。


「日本茶インストラクター」の資格を持つ博さんのお茶の淹れ方には、

特徴があります。茶葉の種類によってお湯の温度や蒸らす時間を変え

るのはもちろんのこと、最後の一滴を絞り出すために、体を使って何

度も激しく急須を振ります。そうすることで、旨みを最後まで絞り出

すことができるそうです。そして二煎目は、一煎目より熱めのお湯を

使って淹れます。こうして淹れ方を変えることで、一煎目は「旨みや

甘み」、二煎目は「苦み」をそれぞれ味わえ、日本茶の奥深さを知る

ことができるのです。


博さんは日本茶カフェ「茶るん」で、定期的に様々な催しを行なって

います。この日は5種類のお茶を飲み比べて、それぞれの産地を当て

る「茶歌舞伎(ちゃかぶき)」というゲームを楽しむ催しを開きました。

お湯の温度を同じにして、それぞれのお茶の特徴を出にくくするので、

当てるのが難しくなっています。博さんは、こうしたイベントを通じて、

楽しみながら日本茶の魅力を多くの人に知ってほしいと願っています。


小林さんご夫婦が訪れたのは、栃木県茂木町にある老舗の和菓子屋「源

太楼」です。博さんはこの店に特別にお願いをして、自ら選んだ茶葉を

使ったカステラを作ってもらい、季節限定のお茶請けとして「茶るん」

でお客様に出しています。この日は、心待ちにしていたそのカステラが

焼き上がりました。お茶の鮮やかな緑色をした、その名も「ちゃすてら」

です。さっそく試食をして、「お茶の香りがして美味しい」と大満足の

小林さんご夫婦は、早く皆さんにも味わってほしい、と胸を躍らせる博

さんです。


人生の楽園ホームページ(H27年10月24送分)
http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/index.html


次回も、テレビ朝日「人生の楽園」からピックアップしてご紹介したいと

思います。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆編集後記

先週は、何と自転車で転倒して、左肘の骨折という失態を演じてしまい

ました。


実は、先週から野菜作りをスタートしたいと考えており、成城学園にあ

る小田急の農園「アグリ成城」の会員になることにしました。成城学園

の駅前にあるので、普通に電車で行けばいいのですが、運動のために、

自転車で通うことを考えて、出発しましたが、途中に道路工事をしてい

て、側道に自転車で乗り上げようと、無理にハンドルを切ったとたんに

転倒してしまいました。左手と左膝を道路にぶつけてしまい、左手では

支えられずに、左肘をぶつけてしまいました。


内出血をしていましたが、すぐに起き上がって自転車に乗りましたが、左

肘に違和感があるままに、農園に行きました。そのときは大丈夫でしたが、

帰りの自転車がうまく運転できず、帰りました。肘に湿布をしましたが、

翌朝も痛みがあるので、丁度病院に行く日でしたので、整形外科によって

診察をしてもらったところ、骨折しているので、近くの整形外科に転院し

た方がいいと言われ、そこでギブスを入れてもらいました。


年は取りたくないものです。前であれば骨折にはならないと思いますが、

生まれて初めて骨折を体験しました。医者はギブスをしていても中の腕を

右や左に回さないと固まってしまうと思い切り回されて、痛みを必死にこ

らえる感じでした。


骨折をした夜に、第一生命の同期による私の白血病の快気祝いがあるので、

休むわけにもいかず、第一生命の築地倶楽部に行きました。久しぶりの同期

との飲み会は楽しいものでしたが、いちいち骨折の経緯を説明しなくては、

いけないので、情けない感じでした。


今週も仕事は沢山あるので、ギブスをして頑張ろうと思っていますが、大変

です。しかし利き腕の骨折で無く、本当に良かったと思いました。


総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
mail : info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

発行:総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
   社会保険労務士 行政書士  國井 正

HP:http://kuni-con.com/
Mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp

このメールマガジン転送はOKですが
掲載された記事の内容を許可なく転載する
ことを禁じます。 © Copyright ―2015 Tadashi Kunii
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇構成◇

<サラリーマン時代に準備すること>
1.自分の得意分野発見
2.資格取得方法
3.再雇用制度の確認
4.雇用保険・健康保険制度
5.在職老齢年金と助成金活用
6.退職金・年金活用
7. 定年後のライフプラン作成

<いよいよ起業!会社員兼務の事業主>
1.起業家講座への参加
2.法人設立方法
3.法人設立のメリット・デメリット
4.個人事業主のメリット・デメリット

<定年後も兼業起業家>
1.嘱託再雇用と個人事業主
2.契約社員再雇用と個人事業主
3.嘱託再雇用と会社社長
4.契約社員再雇用と会社社長
5.ビジネスインキュベーションの活用

<完全独立後も安定と成長>
1.会社員を辞めても兼業起業家
2.ソーシャルビジネス&コミュニティビジネス
3.理想的な組織運営とは
●4.生涯のライフワーク

以上の順番で発行していきます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
総合事務所クニ・コンサルティング・オフィス
社会保険労務士&行政書士  國井 正
HP::http://kuni-con.com
E-mail:info.kuni-con@dg7.so-net.ne.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 











規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2004-02-02  
最終発行日:  
発行周期:週一回発行  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。